ゆきえの部屋
ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
ゆきえの部屋  50の問答  温故知新  コレクション
 
リバウンド




ファンクラブ会報『新クレヨン社通信』第三号・第四号に書き、このHP『ゆきえの部屋』にUPしているように、私は1992年秋〜冬に“4ケ月間で16Kg減量”に成功し約3年間は46Kg〜48Kgの標準体型をキープしていた。
ダイエットは成功したかのように思われた。
しかし…リバウンドの足音は徐々に私の背後に迫っていた…。

1996年初夏、再び50Kgを超えた。
私はちょっぴり焦り、TV通販で約3万円のダイエット器具を買った。
自転車みたいにまたがって両手でハンドルを引き寄せて運動する大型ダイエットマシーン『グラビティライダー』だった。
買う時、電話オペレーターに、
「身長152cmでも大丈夫ですか?」
と尋ねたところ、
「身長 150cm以上ならOKです!」
と太鼓判を押され購入した。
しかし…哀しいかなソレはアメリカ製…。
私の足の長さではペダルまで10cmも(!)足りず、ぜ〜んぜん足が届かなかった。
オイッ!「身長」でなく「股下サイズ」で確認しろよっ…!
返品しようかとも思ったのだが組み立てがかなり大仕事だったので、再び解体して返品するのも面倒になった。
仕方なく左右の両ペダルに発砲スチロールを10cmの高さに積み上げ、布ガムテープでくくり付けて使うことにした。
ま…やってみれば乗り物気分でアトラクションっぽく結構面白く、しばらくは真面目に運動し約2年間は「体重50Kg前後」を保っていた。
ただ、運動しているうちに私の体重に耐えきれなくなった発砲スチロールが、見るも無惨にだんだん潰れてしまうのだ…。
何度も発砲スチロール足台を作り替えなければならないのが面倒になり、気付いたら“室内用・洗濯物干”と化し、遂に1999年の引っ越しで粗大ゴミになった…。

1999年以降は音楽活動休止期に突入しライブもやらなくなったせいか私は更に太りだした。
徐々に“4thアルバムの頃の体型”に戻りつつあった。
「完全にリバウンドする前に手を打たねばっっっ!」
と、再び通販で「ハンドルレバー付きステッパー」(商品名は忘れた)を買った。
足でステッパーを踏みながら、両腕でレバーを交互に引き寄せるタイプで腕や背中のシェイプアップもできる。
これなら一石二鳥、一石三鳥(!)、一石四鳥(!!)だわよネ♪
しかもステッパーなら足の長さは問題ないはずっ!
嗚呼…なぜ今までこれに気付かなかったのよっ私たらっ!
これからのダイエットはステッパーに決まってるじゃない!私たらっ!私たらっ!…って…ところがっ…!
これはレバーを交互に引くと「キーッキーッ」とうるさい音がして、しかも〜っ運動しているうちに勝手に止め具のネジがきつく締まってゆき、だんだん音がデカくなる仕組み(?)だった!
怒った私は、
「このステッパーめっ、ろくでなしっ!こうしてくれるワっ!
 このっっこのっっこのっっ〜!思い知るがイイわっ!」
と「ハンドルレバー付きステッパー」のハンドルレバーを外し、“ただのステッパー”と“鉄のハンドルレバー2本”に分解してやった!
“鉄のハンドルレバー”はダンベルとして使えると思ったのだが、80cmというの長さが不便で使う気がおきなかった。
部屋の隅に立てかけておいてもすぐ倒れてしまう厄介者になって、遂には玄関の傘立ての中に収まる運命。
今は防犯用“金属バット代用品”として出番を待っている…。
一方、分解された“ただのステッパー”。
時々はやっていたが、運動するたびに膝が痛くなり、
「なんか…私の体重でかな〜り膝に負担かかってんじゃない?
 先にある程度ダイエットしてからじゃないと使えないわ…。
 このステッパーって…意味ねぇぇっ〜!!!」
と気付いたのであった。
そして徐々にテーブルの下に押しやられていき、いつしかただのフットレスト…そう、“足置き台”になっていた…。

これで大型商品に懲りた私。
…で、次は当時TV通販でもよく紹介されていた『ボディブレード』なる商品。
幅4〜5cm、長さ120cm程度の細長〜い板で、中央の持ち手部分を持って振動させるとビュンビュンしなるダイエット器具だ。
今までの大型商品が10Kgも20Kgもあったのに比べて超軽い!超薄い!
東急ハンズ渋谷店に行った時にちょうど売っていたので買ってみた。
「よし!コレはいつでも使えるように目に付く場所に置こう!」
早速100円ショップで『かもい用フック』を買ってきて、TV台付近のかもいに2個、間隔を30cmほど空けて設置した。
『ボディブレード』をそっと載せてみる…。
おおぉ…それは長刀(ナギナタ)のようなクールな(?)風格さえ醸し出しているではないかっ!
これまでの大型商品のような威圧感や鬱陶しさもなく…なんて…さりげない!
嗚呼〜っそれに私ったらナイスすぎる!
TV の近くなら絶対忘れないしぃ〜!
コレで忘れるバカはいないってっ!TV見ながら運動できるんだから楽勝だわよ!
もうこれで痩せたも同然ね!見てるがイイわっ!
…などと毎度の事ながら…ダイエットの成功を確信していた…。

ところが今度のは…、これまでの大型ダイエット器具に比べて“印象が薄い”っていうか…。
さりげない存在すぎて部屋に違和感なく溶け込んでしまうという意外な落とし穴!
数日でソレに見慣れ、なんとなくソコにある単なるオブジェとなり、TVを見てても全然目に入らなくなるまでそう時間はかからなかった…。掃除をする時くらいしか気付かない!思い出せない!
嗚呼…誰がこんな恐ろしい結末を予測できただろうっっっ!
そして時は流れて…。
今日も『ボディブレード』は『かもい用フック』に横たわり完全な長刀(ナギナタ)と化し、無言で私を責めている…。

他にも通販番組で購入した腹筋用器具やバストアップ用器具が数個。
押し入れの奥に厳重に保管してある。
そこは決して触れてはイケナイ場所、立ち入り禁止区域だ。
ふっ…、でも今も通販番組を見ていると女心をくすぐられるダイエット器具はいっぱいあるよね…。
「音が静かな」ステッパーとか「膝を痛めない」ステッパーとか…。
…って、改良されてんじゃん…!
私が買ったステッパーは、ど〜してくれるんだよっ!
あの出来損ない、下取りしてくれるんならソレ買ってやるよ!ふんっ!

でも…だんだん物が増えて家が手狭になってきたので「末路は粗大ゴミ」のダイエット器具はもう買うまい…。
ふふ…こうみえても私は少しずつ学習しているのだ。
もう通販番組には踊らされないよ…。
あっ、そうそう…物が増えた理由は、
その1 どうしても捨てられない痩せていた頃の服(また痩せたら着る予定)   
その2 太りつつあった頃の服(ダイエットで痩せてゆく途中で着る予定)   
その3 完全にリバウンドしてしまった現在の服(痩せても後でまた太った時に備え保管する予定)
とにかく〜っ洋服の段ボールが増殖中のため部屋が狭くなったのだった。

…で、今度は“邪魔にならない”が重要なポイントになった。
そこで“DVDダイエット時代”だ!
嗚呼〜っ…私ってば確実に進化してるよ!
これまでの器具みたいに場所をとらないし!
正直なところ、ダイエット本も今まで数々買ったけど、イマイチ写真じゃ動きが理解しにくくて続かなかった!
でもDVDなら実際のスムーズな動きが見れるからマスターできるはずだわっっ!
…ということで…、
『どこでも1歩 ウォーキング・ダイエット DVD版』デューク更家先生
『DVDでリンパマッサージビクス』渡辺佳子先生
『ナンバ式骨体操で身体が元気になる! DVD付き』矢野龍彦先生・長谷川智先生
『レッスンDVDつき 健康 太極拳』楊名時先生・楊彗先生
などを次々と購入!
フ…フフッ…フフフッ…
ぶぉ〜ほっほっほっほ!ぶぉ〜ほっほっほっほ!ぶぉ〜ほっほっほっほ!
んもぉ〜!完全に痩せたも同然だわっ!

法事の度に礼服を大きなサイズに買い替えてきた私…。
洋服ダンスいっぱいのブラックフォーマルもこれでやっと買い止まりのはず!
和装着用だった父の葬儀じゃ〜足首に足袋の留め具がとまらず大騒ぎだったが、次回、いつの日かやがてくる母の番では大丈夫!(オイっ!)
「別の古い足袋の留め具部分のみを切り取って」新しい足袋に付け足し“エクステンション足袋”なるものを作る手間もあるまい!
28日毎に受けている腹部注射の際、若い男性の主治医の前にこの非常識なほど豊かすぎる下腹をさらす「情けなさ」から解放される事だろう!
うぅぅ〜おぉぉ!今度こそ痩せられそうな気がしてきたっ!
やぎちゃんのマイブーム♪
DVDダイエット時代、到来の予感!
“予感”というのは…何をかくそう「まだ始めてない」からだ!
せっかくコツコツとDVDを買い集めた私だが、昨年からこの春にかけては嵐のような日々でとてもエクササイズをやっている余裕など無かった。
それどころかっ!
父の見舞いでもらった菓子・果物・栄養ドリンク&差し入れ弁当のおかげで、またひと回り成長した感じっ!
何歳になっても成長するんだねぇ…横には !
…で、私の場合、前回減量に成功した1992年の経験上“ ストイック&短期集中型”だという性格は自分でも分かっている。
すぐにでもダイエットを始めたい気持ちは山々だが、何せこれから「曲づくりモード」に入らねばならない!
というワケでダイエットは今しばらくお預けである。
「機が熟す」のを待つのだ!
「機が熟す」前に自分が熟してしまわないよう急がねばっ!
曲作りに専念せねばっ!
とにかく「機が熟す」というのは7thアルバムの曲が出そろった時だ!
その時はきっと来る!
そのうち多分(!)来る!
来ないと困るぅ〜〜〜っっっ!困るぅ〜〜〜っっっ!

2005年 初夏 柳沼由紀枝


<戻る