ゆきえの部屋
ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
ゆきえの部屋  50の問答  温故知新  コレクション
 

不眠対策


皆さんは寝つきは良い方だろうか?
私はかなり寝つきが悪い。
いろいろ考え事をしたり心配事を思い出したりすると、3〜4時間くらいアッという間に過ぎてしまう。
酔っぱらって寝てしまうという方法もあるが、眠る直前に酒を飲むというのはダイエットの掟に反する為、あまりに頻繁にやるワケにはいかない。
そんな眠れぬ夜の為に、とっておきの方法、秘伝「柳沼式眠り方」を伝授しよう。

それはズバリ「痛み」睡眠法であるっ!

「痛み」の歌詞を心の中(頭の中)で歌うだけ、という簡単なモノだ。
一番の最初から歌詞をなぞってゆくと、二番後半の「いつわりの歌うたってないか」あたりから眠気をもようしてくる。
そのうちどこを歌っているのか分からなくなり、気付けば何度も何度も「いつわりの歌…」あたりの歌詞を繰り返してしまっているはずだ。
遂にはエンドレス地獄にハマり「痛み」ラスト40小節から脱出できぬままにやがて眠りに入るという、非科学的でいい加減な方法だ。
しかし、副作用、後遺症、合併症の心配は一切ない!

「痛み」睡眠法のコツは
「原曲のテンポより拍子をゆっくり」と、
「歌うような気持ちで歌詞をなぞる」という事だ。
歌詞のみを文章として追ったり、躍起になって思い出そうとしたりすれば、かえって頭が冴えてしまい眠れなくなる。
むやみに頭を使ってはいけない。
あくまでも静かな呼吸、リラックスした状態、だんだんテンポを遅くさせてゆく事、が基本だ。

また、他の注意点としては、「ノッて歌うな!」という点も重要である。
心の中で歌っているうちにノリノリになってしまい、
つい布団等から飛び起きて、夜中に熱唱したりしてはイケナイ!!
同じ理由により、「ついウッカリ、感動してしまう」という事も厳禁である!
「痛み」睡眠法には平常心のコントロールが必要とされる。

また「痛み」の他に「地球のうた」等もおススメだ!
ダラダラと長い歌詞の歌が睡眠用に適しているので、他にもいろいろ試してみて欲しい。

なお、これでも眠れない重症な不眠症患者は、究極の睡眠法「フルアルバム睡眠法」をマスターすれば治療効果が劇的に向上するだろう。
「フルアルバム睡眠法」とは、お好きなアルバムの一曲目〜最後の曲までを、同様の方法で歌詞を「曲順どおりに」なぞり、脳と体を極限まで疲れ果てさせ、より自然に睡眠へ導入させるという方法で、今後最も期待される高度最先端睡眠法(?)である。

ちなみに、Dr.柳沼自ら治験中だった「オールアルバム睡眠法」(1stアルバム〜5thアルバムまでの全曲を使用)は、眠る前に夜が明けてしまうという報告もあり、睡眠法としての意義が根本的に見直される動きである。


(1998年10月1日 発行 新クレヨン社通信 第五号より )

<戻る