ゆきえの部屋
ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
ゆきえの部屋  50の問答  温故知新  コレクション
 

ダイエット


小学生の頃までは、背は低めではあったが特に太っている方でもなく標準タイプ(だけど骨太)だった。
ところが中学生になると、外で遊ぶ事をしなくなったせいかプクプクと太りだして、どこから見ても太めの女の子になっていた(152.5cmで53kg)。
体育の授業で短パン姿や水着姿になるのがつらくなった私は、13歳の夏にやせる決意をし、ここから私の長いダイエット人生が始まる。

一番最初にやったのは「サランラップ・ダイエット」…。
風呂上がりに腹部や太モモにラップを巻くのだが、ラップの無駄遣いを母に叱られ、長くは続かなかった。
次は「縄飛び20分間ダイエット」に挑戦した。
しかし乙女心で人目を避けて、暗くなった時間にやっていた為、「夜道のひとり縄飛び」は危険で心細く、やはり、続かなかった。

ダイエット関係の本はずいぶん買い集めたが、買っただけでやせたような(?)錯覚と安心感があり、結局実行しなかったというのが私のいつものパターンで、いろんな無駄を重ねた挙げ句、体重計の針は「ジャスト53kg!」の十代だった。

二十代で会社勤めになると帰宅が遅くなり、ついつい弁当・外食等で夕飯を済ましてしまう食習慣から、体重は54kg、55kg、56kgと順調に(?)増え、私はすっかりたくましい女に成長していた。

更にデビューしてからは、深夜放送の出演、徹夜のレコーディング、ライブの打ち上げ、地方でのキャンペーンの夜中までの飲み会、不規則で不摂生な生活になり、デビュー当時25歳56kgから、4年後の29歳では62kgになっていた。
当時の写真やビデオを見ると、クレヨン社は加藤秀樹と天童よしみのユニットかと思う…。

そしてついに私は本気になる!
ダイエットを叫び続けて16年目であった。

まずは目標が必要だ!
当時私は13号サイズだったが、大胆にも9号サイズで超ミニのボディコンワンピースを買った(ちなみにジュリアナ全盛期の頃だ)。
買う時、店員さんが大変恐縮しながら、
「お客さま…、ご試着はどうなさいますか…?」
私はドキリとしたが、堂々と、
「贈り物ですから!」
と言ってのけた。

そして帰宅し、コッソリそのボディコンワンピースを着てみる…。
おそるおそる背中のファスナーを上げると…、
ファスナーは閉まらなかった。
着れるはずなどなかったっ!

背中のファスナーを開けっ放しにしてたたずむその姿は「超人ハルク」にも似ていた…。

この日から柳沼由紀枝・29歳、自分との戦いがスタートした。

次号へ続く…


(1998年6月10日 発行 新クレヨン社通信 第三号より )


<戻る