スタヂオ
 ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
秀樹塾  50の問答  エッセイ  スタヂオ 蔵出し音源
 

写真を撮る時間がとれなくて、全くもってスタヂオの更新が進んでません。すみません。そうこうするうちにスタヂオの様子もだいぶ変わっちまいましたが、何かの折にどーんと更新します。


鴨南蛮うどんを食ってます。

クレヨン社の音楽制作現場をご紹介します。クレヨン社のアルバムは予算の都合もあり、極力外部のスタジオを使用せず、ここでこしらえてしまう予定でおります。DTMに興味のある方には面白いかもしれませんが、そうじゃない人はたぶんつまらないでしょう。このページも暇なとき少しずつアップしていく予定です。







スタヂオの入り口にぶら下げて肝に銘じております。
2年前UFOキャッチャーでゲットした代物です。




長年愛用しているKORGのT1というマスターキーボードです。このタッチに体が慣れてしまって(新しいの買う金なくて)手放せません。作業中の鍵盤の上はいつもこんな感じで、物をどけながら弾くのがコツです。







KRKのモニタースピーカーですが、先日ウーハ−が飛んでオシャカになりました。でもこの墓石みたいな質感が縁起良さそうなので、リビングのオブジェとして置いておきます。今はAUDIXのモニターを使ってます。











スタヂオに飾ってあるウォールホール作、ベートーベンのポスターです。柳沼に誕生日プレゼントでいただきました。厄除けになります。












木製の特注品でソフトケース付きの柳沼ライブ専用譜面台です。
柳沼一人に使わせておくのはもったいないので、ふだんは僕がこの上で譜面を書いたり飯を食ったりしてます。居眠りもできます。







次回からは、楽器や機材を紹介します。