みんなの声
ホーム   クレヨン社   アルバム   加藤秀樹   柳沼由紀枝
  クレスポ   プロフィール   ネット  ギャラリー   みんなの声   メール   Q&A   リンク
 
みんなの声 第19回

ひょぇ〜…すっかり更新が遅れてしまいました!本当に申し訳ありません!
今回は2月から10月中旬までのメール紹介となりますが、一部の方のみ紹介させていただきます!
7thアルバム発売前に応援メールを下さった皆様、発売後に「商品届きました。」という旨のメールを送って下さった皆様、新アルバムの感想を送って下さった皆様、住所変更のメールを下さった皆様、その他・非公開希望のメールを下さった方々、メッセージをありがとうございました!
また「ホームページのトップバーの不具合について」メールを下さった、滋賀県で先生をしていらっしゃる H.Tさん、メールありがとうございました。ご指導されている演劇部の学生さんにも是非これからもクレヨン社を薦めてやって下さいませ!
以下に紹介するメールで、実名およびハンドルネームかどうか不明な方は、イニシャルにさせていただきました。
(姓が先の日本式(加藤秀樹ならK.H)で表記しています。)

(柳沼由紀枝)


Message #1
From: かずき

大変ご無沙汰しております、
いままでメッセージはほとんど出していませんでしたが、このHPはよくチェックしていました。
クレヨン社のお二人ががんばっているのを読みながら、新しいアルバムはまだかな。。。と心待ちにしていました。
さて、私事で恐縮ですが。。。このたび縁あって、結婚することとなりました(←ようやく。。。汗)
その彼女にも以前からクレヨン社を『非常に強く』薦めていまして(←洗脳とも言う。。。汗)、これからは二人で応援することとなりますので、クレヨン社のお二人も(マイペースで)より一層がんばってください。

おお〜!おめでとう! 私はかずきさんの顔もちゃんと覚えてますよ!(ライブでは美味しいも のを沢山いただきましたからネ!)
奥様にもクレヨン社を気に入っていただければ嬉しいです!
お幸せにね〜。

(柳沼由紀枝)
Message #2
From: 張月 弘(ハリヅキコウ)

クレヨン社のお2人、お元気でしょうか。そして憶えておいででしょうか?
その昔、ラジオ福島での「名曲探偵団」・「課外授業」でお世話になった張月弘でございます。
年表で確認したら94〜95年だそうで、12年経っていますが。
何気なく検索してこのページの存在を知りました。
ワタシも歳をとったもので、今年で30歳。嫁ももらい、2人での生活を始めたばかりです。
今じゃAMもほとんど聞かないような大人になってしまったけど、あのころがとても懐かしいです。
お2人もまだ歌声を届けていらっしゃるようで嬉しいです。
遠く福島から応援しております。

おお〜!久しぶりだね〜張月くん! RFCの番組は私にとっても本当に楽しかった思い出です!
それから結婚おめでとう!ラジオに投稿してくれた頃の少年の日の張月くんを思うと感無量です!明るい家庭を築いて下さいね!お幸せに〜♪

(柳沼由紀枝)
Message #3
From: 三宝山の河太郎

 お久しぶりです!柳沼さん覚えてますか??13回の#4で高知でのラジオ番組や「青空観覧車」についてメールさせていただきました、河太郎です。((o(^o^)o))その節はどうも♪笑
柳沼さんにメッセージいただいて、もう丸2年以上経ちました・・・
その間、身の周りでいろいろと嫌な事や辛いことあったりしてその度にクレヨン社の唄に癒され、励まされてきました。
特に・・・「痛み」。
終盤で間髪入れず次々と投げかけられる言葉に・・・
胸張って答えられない自分がいます・・・。
心に隠してる自分の甘さ、愚かさを身包み剥されて街中に放り出されたような気になり、とたんに今の自分がすごくちっぽけで情けなく恥ずかしい存在であることに気づかされます。
でも、何度も何度も・・
柳沼さんに投げかけられた問いに堂々と自信を持って答えられるように前向きで行こう!
と心の軌道修正をしてきました。
会社や仲間の前で八方美人のように振る舞い・・・
大人の考えで物事を見れば「しっかりした奴だ。」といわれるから・・・
と、周りに流され・・・自分を見失ってしまうんですよね。いつも。
本当の自分って・・・どんなだっけ??
なんて・・ふと思うことがあります。
その度に、「痛み」を聞いて・・・
本当の自分って何なのか・・・
考え直しています。
(^^;)
今年6月、河太郎は結婚をしました。
もうすぐ結婚生活3ヶ月に入ります。
まだ実感が湧きません。
来年には父親になります。
〜何かやり残してる気がして 僕は僕はたまらなくなる〜
「痛み」の詩にこんなフレーズがありますよね??
まさに今、この心境です。
過去の自分に答えを出せないまま
新たな生活が始まり・・・
嫁さんもらって・・・
子供が生まれて・・・
大きな期待と不安とが紙一重で自分の心の中に存在しています。
やり残した事が何なのか・・・
わからないまま忘れて行くのでしょうね。笑
少々暗くまとまりのない内容になりましたが・・・笑
これからもクレヨン社は僕の人生の大切なバイブルです!
子供生まれて大きくなったら・・・
一緒にクレヨン社の歌を聴きます♪☆またメールします!では!
(^^)ノ

おお〜っ!ココにも結婚した方がっ!おめでとう!
三宝山の河太郎さんを忘れてなんかいませんよ〜個性的なHNですからね♪
さて、現実生活の中でもいろいろ思うトコロがあるようですが、メールからは真摯な生き方をされている事が伝わってきます。
きっと三宝山の河太郎さんは、そのように自分を見つめながらこれからの人生も歩んでいかれる事だろうと思います。
それから、まだ結婚の実感が湧かないようですね。それも正直な気持ちと思います。そういう男性も案外多いと思います。
私はこれまでの経験で「人生は全て必然」と思っています。きっと奥様や生まれてくるお子さんとの出会いも深い絆、縁があってのものでしょう。
ご家族を大切に、これから起こる人生の出来事を楽しんで下さいね。
誰かと共に生きる事は素敵な事です!

(柳沼由紀枝)
Message #4
From: あおば

はじめまして!昔からのファンです〜!
新譜のお知らせありがとうございます!!早速一昨日予約しました!(^^)
前回の「誰にでも朝日は昇る」を購入した時も年賀状を頂いてしまって、めちゃくちゃ感激しましたが、(ありがとうございます!)今回もまた郵便がもらえるなんて、びっくりしました。
一人暮らしのポストは、チラシや請求書・領収書ぐらいしか入らないで寂しいものです。この郵便物を見つけた時は、そこが輝いて見えました!(>▽<)
「誰にでも朝日は昇る」では
・心には銀色のナイフを持て
・ユーラシアの風
・誰にだって朝陽は昇る
が大好きです。
ああ、「クレヨン社」健在だなあ!ってつくづく嬉しかったです。
今回の「宙sola」の曲目に”地球のうた”を見つけて感動しました!
アルバム全部聴きなおしてても、やっぱりいいなあと思う内の1曲だからです。そして”少年の時間”!これが何と言っても1番です!大好きです!何度聞いても何歳になっても涙が出ます。
私のクレヨン社ワールドはこの歌から始まりました。メロディー・歌詞・声、すべての調和が新鮮でショッキングで印象的なんです。
これからも、ずっとずっと歌を聴きたいです。応援してます!

あおばさんが『少年の時間』の話に触れて下さったので、7thアルバムの『少年の時間』について書かせていただきますね。
今回7thアルバム『宙sola』に収録した『少年の時間』は、“あの日の少年”が大人になった「現在」にしたかったので、前作のような少年期の激情を抑え、歌詞を噛み締めるように歌いました。
大人になって変わってしまったもの・変わらないもの、幾ばくかの寂しさ、内に秘めた想い…、聞き手が「どういう現在にあるか」で感じ方も様々だと思います。
順風満帆の人生を歩んでいる方、或は思ったような人生を歩めていない方、どんな状況にあろうともみんな精一杯生きてほしいと思っています。
『少年の時間』は途切れることなく、今もあなたの中に流れています。

(柳沼由紀枝)
Message #5
From: yukko

こんばんは。こどもたちを寝かしつけたあとにメールしています。
私には3歳の息子と10ヶ月の娘があり、いつも寝るときに歌をうたって寝かしつけています。
大抵は、子守唄+季節に合った童謡なのですが、ふと思いついて「地球のうた」を口づさんでみました。この歌は中・高校生のころ、くりかえしきいたアルバムに入っていました。あのころクレヨン社の音楽は、詞は、衝撃でした。胸にズガーンと入ってきました。いま、頭の中にメロディーが流れて、熱い思いと共に思い出しています。
さてその地球のうた、なさけないことに、歌詞があやふやなのです。1番はすんなりと歌えたのに、それ以降がわからない。なのに息子が、ぱっちりと目を開けて「ママ、2番は?うたってよ」と言うのです!
「ママ忘れちゃったから、調べて、覚えておくね」と約束して寝かせました。涙が出そうでした。
このページを拝見して、ニューアルバムが出ることを知り、そのなかに「地球のうた」があることがわかって、とてもうれしいです。
こどもたちにもぜひ聞かせてやろうと思います。

是非これからも『地球のうた』を子守唄としてお子さんたちに歌って差し上げて下さいね♪
ただ…エンディングに向かいだんだん転調して盛り上がっていくトコロは、あまり熱唱してしまうとお子様の目が冴えてしまうでしょうから…チョイ抑えめで歌って下さいね〜♪

(柳沼由紀枝)
Message #6
From: なみなみ

クレヨン社様
初めてメールします。
クレヨン社との出会いは大学生の頃。もう10年以上前です。
当時はバンドブーム。CDショップにはプロばかりでなく、インディーズのアルバムもずらっと並んでいた時代で、私は暇に任せてそれらを1枚1枚見るのが楽しみでした。
その中で目に留まったのが「地球のうた」。色鉛筆の美しいジャケットとそのタイトルで、迷うことなく購入しました。聞いてみて驚きました。お目当ての「地球のうた」が期待以上であったこと、ほかの曲も「なに?この甘酸っぱいくすぐったい歌詞は!!」と思いつつ、「これは1stアルバムも買わなくては」とすぐにCDショップに走りました。
曲の感想を書いていたらキリがありませんが、隣のクラスの男の子を真剣に好きだったことや、10代の日常がふわっと思い出されて、懐かしい気持ちになったことを覚えています。
一度、コンサートにも行きました。間違えていたら申し訳ないのですが、最後にモンゴルの草原を走る馬をイメージした曲を演奏されていたと思います。私はその曲に圧倒されました。優しい顔をした柳沼さんなのに、なんて迫力の歌唱力だろうと驚いた記憶があります。
先日、クレヨン社のアルバムを引っ張りだして聞き直し、今はどうされているのだろうと思っていましたが、このHPを発見しました。自称「クレヨン社ファンの中のファン」だったのですが、私と同じ思いの方がたくさんいらっしゃるんですね。
このメールをクレヨン社のお二人に読んでいただけたら嬉しいです。10年も前に買ったアルバムを、まだ聞きたいと思えることはそうそうありません。当時はのんびりした学生でしたが、今は公務員としてあくせく働いています。あくせくした毎日だからこそ、お二人の歌を求めてしまうのだと思います。
蛇足ですが、私もゴキブリが大嫌いです。だから柳沼さんのQAにとても共感を覚えました。私は寒いのも大嫌いで、いっそ沖縄に移住したいくらいでしたが、沖縄のそれは馬鹿みたいに大きいとも聞いて、ここ茨城県で我慢しています。
では、今後のご活躍、楽しみにしています。

なみなみさんも「ジャケ買い」ですね!
けっこう「ジャケ買い」が「クレヨン社との出会い」って方、多いんですよね、イラストの加藤潤子さんのおかげなので感謝しています。
それと一度コンサートにおいで下さったそうですが、覚えていらっしゃるモンゴルをイメージした曲というのは『ユーラシアの風』(6thアルバム『誰にだって朝陽は昇る』収録)ですね。
長いブランクの挙げ句、ネットの片隅に潜伏しているクレヨン社を探し出してくれてありがとう!
ところで…、ゴキブリにバルサンの『氷殺ジェット』って効くかしらねぇ…。
今のマンションに来て6年、まだゴキが出ていませんが、備えあれば憂いなしなので1本買って置いてるんですが…。

(柳沼由紀枝)
Message #7
From: 猫耳マスター

 はじめまして、猫耳と申す18歳大学生です。恐らくファンの中ではかなり幼いのではないかと。まだティーンエイジですしww
名前は作曲家の猫叉マスターさんから来ているので猫耳好きではないです。
クレヨン社さんがファーストアルバムを発売なさった一ヶ月後に僕は生まれました(笑)
しかーしアルバム3枚、シングル3枚持ってますよぅ。小学校高学年あたりではまりはじめたので、案外ファン歴は長いですが、すでに売ってないこともあり、CDを探すのは困難を極めました(;O;)生まれるのが遅すぎた・・。
これでも結構頑張ったんです(笑)
最初は親の持っていたオレンジの地球儀からスタートし、青空観覧車の星など見えぬ街でを聞き収集を決意。
今に至ります。
いろいろ自己紹介しましたが、今回言いたかったのは、たとえ細々としていても、いい曲は世代を超えて愛されるということです。
これからも頑張って下さい。
ちなみに僕の気にいったアーティストは成功してるひとが多い(多分) ので、福の神になれるよう応援してますww
では、7thアルバム期待して待ってます。

おおお〜遂に2世の世代が登場だよ〜ん(感涙)!
親御さんが持ってらした『オレンジの地球儀』をキッカケに小学校高学年でクレヨン社を理解するとはっっっ!
エライ!スゴイ!賢い!
いや〜嬉しいな〜♪
こうして応援してもらえるだけで、十分クレヨン社にとっては猫耳マスターさんは福の神ですよ〜!
ありがとう!
『オレンジの地球儀』を買って下さっていた親御さんにも宜しくお伝え下さい!

(柳沼由紀枝)
Message #8
From: わさび
HPAGE : http://osaka.cool.ne.jp/kurokare/

初めまして、加藤さん、柳沼さん!
もうすぐ十代の真ん中らへんに行こうという年です。
メールを送ったのには、特に用があるというわけじゃないのですが、最近、小さい頃によく習ったある曲を思い出して、思い出す限り手当たりしだいにその局を調べていました!
すると見つけたのが、柳沼さんが歌手を担当した「地球のうた」だったので、これまたすぐに曲を視聴したものです。
おかげで、昔聴いたものをまたになって聴けて幸せです。
これからもひそかにクレヨン社を応援してますので、頑張ってください!
(オーバーな長文、失礼しました。それと、ホームページアドレスの方ですが・・・。まだホームページは製作している途中なのですので、アドレスは予定です)

おほ〜っ!「十代の真ん中らへん」というのはこのコーナーにメールをくれた方の中では最年少記録更新か?!
「ひそかにクレヨン社を応援」ではなく「堂々と」「おおっぴらに」 「声を大にして」クレヨン社を応援してね!勇気がいるかもしれないけ ど…。そうして人は大人になってゆくのですよ(?)。

(柳沼由紀枝)
Message #9
From: 暮 卓

 お久しぶりでございます。といっても誰だかわかるわけもないのですが、自分がここに書くのが久しぶりなのでこう挨拶してみました。
宙を予約いたしました。また友人(ファンでもなんでもない一般の人)に送りつけるつもりです。
誰にだって朝日は昇るも周囲の人に配りました。ユーラシアの風が軒並み好評のようです。
クレヨン社を好きになってもう15年以上経ってしまいました。
この間、うんと若い後輩を車で送ったときにカーステで地球のうたをかけていたのですが「あ、なんかいいですね」「誰ですか?クレヨン社?…知らないです」うーん、でも初めて聴いた人にもいいって思われるってことはいい感じ?
「これ、私の学生時代のCDだよ」って言いましたらみんなびっくりしてました。「全然懐メロに聞こえない!」私は懐メロ世代ですか、とがっくり。
またいつかライブをやって下さい。柳沼さんの生美声の感動が忘れられません。富山から参戦させていただきます。
(実は、ライブでのアンケートで書いたコメントをクレヨン社通信に載せていただいたことがあります。)

暮卓さんのHNも印象的ですので忘れていませんよ〜。
周囲の方へのクレヨン社布教活動ありがとうございます!
現在は若い方に聞いていただける機会はほとんどありませんので嬉しいですね〜!
「若者を 車に乗せたら クレヨン社!」
これをぜひ皆さんにもお願いいたしますっっっ!

(柳沼由紀枝)
Message #10
From: M.K(もしくはM.T)

また、以前の様に定期的にライブを行ってください。あの頃は毎回1列目の真ん中辺りでおとなしくも心の中では激しく聞いておりました。
同じCDを毎日毎日、何度も聞いて今に至っております。きっと僕だけではなく皆さん、それなりに年をとったとは思いますが今も尚、クレヨン社のファンの方はあの頃と同じ澄んだ心をもっていらっしゃると思います。また一緒に小さなホールで聞きたいです。新アルバム楽しみです。前回と同じく発売のお知らせハガキ待っています。

クレヨン社ライブでは、確かに皆さん静か〜に行儀よく聴いて下さいましたネ。アガリ症で人前に出るのが苦手な我々クレヨン社も、皆さんのおかげで当時はなんとか無事ライブをやらせていただきました。
ただ、今振り返るとライブをやっている頃は私もついライブで歌い易い楽曲ばかり作曲してしまう傾向がありました。
しかし2004年の活動再開以降はライブの予定がないので、ライブ では歌うのが難しそうな音域の広い曲、ギリギリのキーの曲、息継ぎが出来ない長いフレーズを2ブロックに分け掛け合いのように録音している曲、鎮魂歌のようなデリケートな曲、何度も自分の声を重ねたセルフコーラスの曲など、録音中心の活動に戻ったことにより、難易度で敬遠することなくバリエーション豊かに作曲するようになりました。
まぁ〜…ライブはですねぇ、クレヨン社事務局が自転車操業(!)を脱出するか宝くじでも当たって状況が変われば私も考えるかもしれませんが、今は「可能な限りアルバムを作り続けて、とにかくクレヨン社を存続させること」…まずソレが最優先課題ですね。
ど〜うぞ皆さん!私に宝くじが当たるように祈ってやってください!

(柳沼由紀枝)
Message #11
From: ヘッドギア

地球温暖化が騒がれてる昨今、今こそここで「地球のうた」です。
さあクレヨン社様、出番でございます!w

そうですよね〜。ほんとうは世界的規模で訴えたいテーマなんですがね…。いろんな国の方が歌ってくれればいいのになぁ…って願っているのですが…。私が今から各国の言語を学ぶのはチト難しく…。嗚呼ぁぁぁ〜若いころ外人の彼氏でも作ってタダで訳詞してもらうべき だったっっ!うかつだったっっっ!

(柳沼由紀枝)
Message #12
From: みつき
HPAGE : http://d.hatena.ne.jp/koumesakura/

こんにちは、クレヨン社さま。新アルバム、発売日当日に届きました。ドキドキしながら聴いて、期待をスバっと超えていたその内容に、とても感動してしまいました。
ものすごくパワフルな、本当に『力』を感じるアルバムですね。
久々に、「聴いた〜! 耳が肥えた〜!!」と、お腹いっぱいになりました。
哀しいことに慢性の金欠病なので(笑)、三千円をエイヤッという気持ちで郵便局のお姉さんに渡したのですが、届いたアルバムを最初から最後まで聞いてみたら、買って良かった、買わなかったら絶対損してた、良かった〜!! という気持ちでいっぱいになりました(^^)。
このメールを送るまでに、もう十回くらいは聴いています。
きっとこれからまた何百回と聴くことになると思います。
今までのアルバムと同じように。
私って、本当に幸せ者ですvv
気が早過ぎるかも知れませんが、次のアルバムも超・超・超期待していますね!
今回のように、ちょこっとずつサイトで聞かせていただいたり、プレゼント配信をしていただいたりしながら、じっくり、じっくり練り上げられた素晴らしいアルバムを、何年経ってでもいいですから、また創って下さいね。
今までのアルバムと新アルバムを聞きつつ、サイトを覗きに行きながら、楽しみに待ってます。
それでは、クレヨン社のお二方、そして、スタッフの皆様方、お元気で。
『宙〔sola〕』、本当に良かったです。
こんなアルバムを創ってくださって、本当にありがとうございました!

確かに衣食住以外の趣味に対して三千円を出すというのはなかなか大変ですものね。
大切なお金を払っていただいているのですから、私達も内容の濃いアルバムを…と心がけています。
簡単に書ける曲でアルバムを埋めて短期間でバンバン売っていくというのはチョット私には向いていないみたいで〜…。
ややブランクが空いてもやはり内容の充実したものを制作していきたいと思っています。

(柳沼由紀枝)
Message #13
From: ふぇび
HPAGE : http://d.hatena.ne.jp/fabi/

今まではレコミュで数曲ダウンロードさせていただいておりましたが、心に染み入る歌声と楽曲(特に蜻蛉と魔術師の中途楽曲)に心惹かれ、今回初めてアルバムを購入させていただきました。
聴き始めて数回ですけど、どの曲も期待通りの出来栄えに嬉しい限りです。
今度はもっと聴きこんでからメールを送信させていただきます。

ぶぉぉぉぉ〜! レコミュニからという事は完全な“新規”のお客さまですね〜っ!
うおおぉぉぉ〜有り難い事ですっっっ!
ふぇびさんとご縁ができたのもレコミュニでレコメンドを書いて下さった方たちのおかげですね!皆さんありがとう!
ふぇびさん 、どうぞ「これっきり」になりませんよ〜に、これからもクレヨン社を宜しくお願いしますぅぅぅ〜!

(柳沼由紀枝)
Message #14
From: 蜜魚(ミツヲ)

はじめまして。アルバムを聞いて思わずメールをしたくなりました。
クレヨン社の存在をラジオで知ってから17年。地球のうたが流れたラジオを録音して何度も聞いていた私は、CDをなかなか手に入れることができませんでしたが、最近サイトの存在を知り、しかもアルバムを出すと知ってやっと、アルバムを手にしました。
一曲目から鳥肌が立ちました!全身が震えました。やっと手に入れた音源に、嬉しさが駆け巡りました!
Noctovisionでは知らない間に涙がこぼれ、泣いていました。切なさや無力さ、それを見て見ぬふりをしていた自分。それが胸に刺さりました。
そして、中学時代、ラジ録して歌詞を覚えるほど聞いていた地球のうたでは、涙が止まりませんでした。悲しいわけじゃなく、あらためて歌詞カードを見ながら聞いた歌は脳髄に染み渡って、感動なんて簡単な言葉じゃ言い表せない感情になって、あふれてしまいました。
すごく素敵なアルバムです。拙い感想しか言えないけれど、ありがとうございました。素敵な歌を歌い続けていてくれたおかげで、私はこんな素晴らしい感情の存在を知ることができました。
もっと沢山の人に知ってほしいからこれからも歌い続けてください!

Message #15
From: atomiyu
HPAGE : http://angel.ap.teacup.com/omamehsc/

初めまして。今日、予約していたアルバムが届きました。ありがとうございました。早速拝聴いたしました。素晴らしいです。
ここまで共鳴できて、心にも体にも染み込むようなアルバムは、初めてです。
何度も涙がこみ上げてきました。
思わずメールせずにはいられませんでした。
クレヨン社のお二人の、生命がこもってますね!
なんて言って良いのか…ありがとうございました。
これからも、応援しております。
では、失礼いたします。

追伸…感動のあまり、通販のほうのメールへ送ってしまいましたので、もう一度こちらにメッセージを贈らせていただきました。申し訳ございません。

Message #16
From: そらのあを

こんばんは。
 メールが遅くなってしまったのですが、「宙[sola]」購入させていただきました!
発売前に申し込みましたので、7/12に仕事から帰ると郵便受けに、「お帰り〜」とばかりに包みが覗いていて嬉しくなってしまいました。居住まいを正して聴くこと50分、どれも素晴らしいです!
 中でもお気に入りが「暁の宙」「蜻蛉の透ける翅の向こうに」「Noctovision」「嘆きの雨〜天上の門〜」です。  「暁の宙」荘厳です…!声と詞の響きが神秘的です。
 「蜻蛉の〜」の疾走感とせつなさがグッときます。思い出が降る、他愛のない出来事が痛いほど愛しい、ここが大好きです。
 「Noctovision」聴くたび、「うわぁ…」と声に出てしまいます。海を越えた遠い国では…のこの人は自分のことだ、と思いました。でもどうしたらいいのか…そう思って、聴くたび「うわぁ…」です。
 「嘆きの雨」静かな曲なのにいちばんうたれました。情景がすごく鮮明に浮かんできます。雨にけぶる世界、故郷の青空、優しく呼ぶ声…。聴いていたらもう、泣いてしまいました…。日本でも憲法改正とか騒がれていて、いつどうなるかわからないなと思いますが、何をうしないたくないのか、そのためにはどうしたらいいのかということを、揺るがずに持っていたいと思いました。
 この歌が、加藤潤子さんのイラストか加藤さんの映像にのせて「みんなのうた」で放送されたら良いな…。
 くどくどと長くなってしまってすみません。素晴らしいアルバムを、ほんとうにありがとうございました!!
 ところで、ふと思ったのですが、「宙」をはじめその他のアルバムのジャケットイラストの壁紙なんてありませんでしょうか?会社のパソコンの壁紙にすれば仕事に張りも出るし、通りがかりに目を留めた人にCDを薦める、なんて手もあるかと思った次第です。
 と、またも長くなってしまいすみません!
 暑さも増してきますが、お身体気をつけてください。ありがとうございました!

Message #17
From: 姫楓♪

加藤さん・柳沼さん・スタッフの皆さんお久しぶりです。今日7/12にNEWアルバム『宙』が届きました。
早速、聞きました・・・・超良い!!
柳沼さんのお声を聞く限りお元気そうなので良かったです。
曲は今時で軽かったりするのに歌詞の内容は心に響く何時ものクレヨン社で聞いててやっぱり何か考えさせられるものがありますね。
歌詞カードの解説に『重たいテーマ』みたいな事も書いてあったので「あぁ、確かに最近の世の中はどうかしてるかも?」とか色々思いながら聞いてます。
ココ何年かで思うことですが・・・・
毎日が忙しすぎて当たり前の事が出来なかったり
小さな事で喜べなかったり
誰かにやって貰って当たり前でも自分は何もしないとか・・・・。
上手くは言えないけど個人プレーな人が増えてると思います。
私にとってクレヨン社の今回のアルバムは↑みたいな事も考えさせられちゃったり良い機会です・・・。
そして聞いてる時は立ち止まって新しいのに懐かしさに浸れて良い感じです。
加藤さん・スタッフの皆さん
新しいアルバムをありがとう。
お疲れ様でした。
次回作までゆっくり休んでください。
柳沼さん
体調が悪い中、本当にご苦労様でした。
歌詞から柳沼さんの思いが伝わってきた気がします。
本当に良いアルバムをありがとうございました。

Message #18
From: さぁ

「宙」届きました。早速聴いています。なんだか1曲目からやられた気分になりました。そうくるかっ!!!みたいな。。。(表現がヘタでスイマセン)私にとって、聴いていて気持ちのいい、でもちょっと胸のドコカが痛むアルバムです。
久しぶりに聴いた「少年の時間」……初めて聴いたとき(もう何年前なんでしょう?)、私は子供だったんだ。と思い返しました。
普通の大人になりたくない、と思っていた私ですが、今は普通の人になりたい。と願ってやまない生活をしています。
子供だった自分、普通の大人になれない自分……あの頃とは違う気持ちになる曲だったんだ。と子供だった私は気付いてなかったなぁ。なんて。
なんだかぐちゃぐちゃの感想でスイマセン。
地球のうた の壮大さにやられてるのかもしれません(w

Message #19
From: mizuho
HPAGE = http://mizhhrkw.blog.drecom.jp/

 …いい!!1stアルバムを初めて聞いた時の衝撃を思い出した。
活動休止してる時にも沸き上がっていたであろう音や言の葉が、抑えきれず溢れ出た!っていう勢いや力強さや想いが凝縮されてるてと感じました。「唄わずには生きていくことが出来ない」って、圧倒的な説得力を持っているなぁ…。
クレヨン社が好きな人は絶対納得の珠玉のアルバム! だね(+^_^+)
にじこさん、ありがとうm(_ _)m
<にじこさん>というのは、「宙」を教えてくれた友人のことです
とにかく感動したので、メールさせていただきました

Message #20
From: Aqua

「地球のうた」でファンになったのですが・・・復活してた事を知りませんでした。偶然HPを見つけて宙〔Sola〕を購入しました。
めちゃくちゃ感動しました!!どの曲もすごい完成度で本当にいままでで一番のお気に入りのCDです。これからも応援してます〜
これからもCD購入します!!がんばってください〜

Message #21
From: ゆう

新しいアルバム宙、発売当日に届き、それからエンドレスで部屋にいるときはずっと朝起きてから寝るまで聞き続けています。とってもいい曲ですね。前作よりも、断然こちらのほうが好みです。次の作品は・・・とか思ったりもしますが、当分はこのアルバムを聞き続けでいることと思います。確実に最低3ヶ月は聞き続け決定です。
これからも頑張って作品発表してください。応援しています。

Message #22
From: ume

アルバム「宙」、拝聴致しました・・・改めて、クレヨン社に出会えて幸せだと思いました。特に「暁の宙」、鳥肌が立ちました。
地球のうた、数年前友達がカラオケで、この曲を聴いて泣いてくれたことを思い出しました。
これからじっくり聴きたいと思います。有難うございました。とりあえず、今はゆっくりお休み下さい。

Message #23
From: K.M

クレヨン社 御中、
 昨日、新アルバム「宙」を受領致しました。
 早速昨日の晩拝聴させて頂きました。いい音を、ありがとうございました。
 「暁の宙」でいきなりやられて、Noctovisionで脚をとられ、風がドアを叩く夜で次の地平を見て、少年の時間が還って来てくれたに喜び、地球のうたが転調部分も含めてそんなに変えずにいて下さったことに感謝しました。久しぶりに、音で満腹感を感じました。
 「暁の宙」の凄みは、伝説の「辻が花浪漫」を超えていると思う。新しい到達点だと感じました。イスラエル音楽とも日本の舞踊とも民謡とも違う「それ」は骨髄を直接叩く音で右脳を振動させて音で強制的にイメージを喚起させる力がありました。「荘厳」、「希望」、「黎明」そんな言葉がちゃんちゃらおかしい、その胸に抱いた「正義」をもって悠々と戦いに向かう戦士が顔を上げたその瞬間の光景が1677万色で私には見えました。
 そうですね。クレヨン社のアルバムには泣きながら「戦っている」姿がいつもありますね。
 これが、クレヨン社の力かと思いました。この力を放出したらアーティストに精神的なリバウンドがかなりあるのではないかと心配しています。
 お疲れ様でした。
 いい仕事を見せて頂いて、私の方こそ励まされるようです。
 これからもお身体大切に、どうかしばらく休んで下さい。くれぐれもお身体大切に。

Message #24
From: ばば

宙「sola」ちゃんと受け取りました。
これがクレヨン社だといわんばかりのアルバムでした。ずーと待っていたかいがありました。ありがとう!大切にします。これからもクレヨン社らしく貫いて下さい。いつまでも応援しています。
私のこころの支え!クレヨン社様へ

Message #25
From: M.C

アルバムを買って良かった!!地球のうたを、32才のこの年齢で、再び聞けたことに感極まっています。このアルバムに出逢えて良かった!!
ありがとう。

Message #26
From: TF68000

アルバム 7/12に届いて 今日 7/14 ゆっくりの時間の中で 聞いています 新鮮なんだけど なにか なつかしい曲のかずかずで  この連休中 かけながら ゆっくり まったり したいと おもいます  柳沼さんの声に 加藤さんの 楽曲 いいです もっともっとずっと  歌って いてほしいです

Message #27
From: K.T

クレヨン社 様
「宙」届きました。そして、拝聴致しました。素晴らしいアルバムですね、身体の隅々まで染渡ります。ありがとうございました。

Message #28
From: take

台風一過の沖縄にもやっと今日、「宙」が届きました。CDラックに7枚目のクレヨン社のCDを並べた時は感無量でした。
「ようこそ、a lifelong friend」。ありがとう!

Message #29
From: K.M

 こんばんは〜
 CD到着いたしました〜。ありがとうございました。 もう感動して涙が出てきました;;。すごくいいです。
これからも頑張ってくださいね〜な〜んにもできないですが応援してます。
K.M

皆さん、本当にどうもありがとうございます!
きっと皆さんは「曲の魂」に触れて下さったのだと思います。
それは誰にでも感じられるとは限らない領域で、その時の心理状態によっては何も響かない方もいらっしゃると思います。
私の呼吸・言葉の置き方・声の色などから、私の感情と同調させ本質を感じ取って下さった方がたくさんいらっしゃったという事はとても有り難い限りです。
レコード会社や事務所に所属していた頃の1st〜5thまでの レコーディングは、基本的に歌録りにそんなに時間が取れず、サクッとほんの数回歌っただけで終了でしたが、自主制作になってから、特に7thアルバムは歌録りに時間がかけられるようになり、録った後でも聞き直して気に入らなければ日を改め歌い直せる、という環境になりました。おかげで「勢い」にまかせて歌うのではなく「伝えたい感触を丁寧に表現する」という、私の原点に立ち返ったレコーディングになり、以前より楽しく制作ができました。
これからも体力と気力の続く限り、1曲でも多く、私の想いを残したいと思っています。

(柳沼由紀枝)
Message #30
From: 千賀子

ニューアルバム”宙”聞きました。
いつも、クレヨン社さんの曲を聞くと、ピュアだったころの自分に戻れる気がして、苦しい時にいつも聴いていました。
だけど、今年に入り、離婚・転勤・裏切りなどが重なり体調不良から軽いうつ病に陥り、大好きな音楽を聴くことすら忘れてしまっていました。
でも、またこのHPでアルバムを注文してとどいたCDを聴いて、涙があふれ出てきました。私は、たった半年でこんなにも汚れてしまった。それなのに、クレヨン社さんの歌で少しずつ浄化されていく感じがしました。
本当にありがとうございます。クレヨン社さんの歌は私の心の友です。
人生に対して後ろ向きだった私でしたが、いま、もう少しがんばってみようかなって思えるようになりました。本当に本当にありがとうございました。

千賀子さん、いろいろ苦しい時期を過ごされたようですね。
大人になっていくと、人生には思いもよらない出来事がたくさん起きることを知りますよね。
私も少女期の自分からは想像もできない道を歩んできました。
それは美しい事ばかりではありませんでした。
いろいろな出来事で、心を傷つけたり汚したり摩耗したりしてきました。
確かにもう子供の頃のようなシンプルで明るい心ではなくなったけれど、でも今は今で複雑な色に変化して深みや幅が出たように思います。
そして「いろいろあったけどこんな人生もなかなか面白いな…」って思えるようになりました。
無駄なように見えることも、出来れば避けたいあまり有り難くない出来事も、最終的には納得できたり合点がいったりして、「ああ、全ての出来事は必然なんだ。」と感じています。
出会いも別れも、裏切りも、やがて時が経てば意外な答えが出たりします。
千賀子さん、激動の時期は自分が思っている以上に心身ともに疲れていますので、今はどうぞ心を休めて下さいね。

(柳沼由紀枝)
Message #31
From: なむおと
HPAGE : http://homepage3.nifty.com/nam-oto/

アルバム聴きました。
素敵な出来でした。
実は昨年の11月からうつ病で会社を休職してまして年内発売だったら恐らく買えなかっただろうと思います。
ようやく来月から復帰できるまでになりました。
リハビリセンターのようなところで5月から復帰の準備をしてましてようやく元の元気な状態に近づいたので主治医の先生からもOKが出た次第です。
発売予定が延長になって複雑な気分のファンの方も多かったでしょうが自分としてはこの時期の発売になったことでなんかご褒美をもらった気分になりました。
ありがとうございます。

うつ病が良くなられたそうで良かったですね。
私は病院にはいきませんでしたが、1999年秋から2002年頃はどん底まで塞ぎ込んでしまい、音楽などは全く聴けませんでしたヨ。
音楽どころかテレビも映画も何を見ても感動できず、誰とも会いたくなく話もしたくなく、心が石になったみたいでした。
なむおとさんには7thアルバムを聴いていただけたそうなので嬉しいです。
無理せずマイペースでネ。

(柳沼由紀枝)
Message #32
From: しぺらん
HPAGE : http://www.md-n.net/

7thアルバム「宙[sola]」届いてからずっと聴いてます。
熱い熱と、鼓動を感じる曲の数々に圧倒されますね。
たっぷり時間を掛けて熟成されたことばと音を感じます。
待ちつづけた甲斐のある内容で、ただただ感動してます。
ただ、ひとつ残念なこと。
「誰にだって朝陽は昇る」でも感じたことで、他の多くのアーティストの方々にも共通して感じていることなんですが。
歌の上手い方ほど、どういうわけか年々歌い方がもっさり、というか、もったりした感じになって行きませんか?
どうしても勢いとかパワーのようなものがそぎ落とされていくように感じられて残念に思います。情感をより込める、だとか、響きが深くなる、とかそういったことでそう感じるのかもしれません。
前作の「痛み - 2004」、今作の「少年の時間」を聴くと特に強く感じます。
しかし、「地球のうた」に関してはそれがプラスに働き、より広大なイメージを受けました。
成熟した旨味も良いのですが、もっと荒削りなシャッキリ感も感じたい。
自分で言うのもなんですが、ファンというものはわがままですね。
もう一度クレヨン社の歌が聴ける、というだけでは満足しきれなくて、昔味わったあの新鮮な衝撃をまたもう一度感じたいと願ってるんですから。
そうそう、「新鮮な衝撃」で思い出したんですが、先日たまたま付けたラジオ。「TOKIOナイトクラブ」で、「愛してるよ!先生」の話題が。
松岡の初ドラマだっとかの話し。
で、番組エンディングの一言で、「クレヨン社」の名前言ってましたね。
主題歌の「「Broken Heart〜涙は虹になれ〜」に絡めて「当時ホリプロの云々〜」と言い始めたところで、カーステの受信状況が悪くなって聞こえなくなったので、何言ってたのかは不明。
なんか突然でビックリしました
って、mixiのコミュニティに書き込んだネタそのままでしたね。
すみません。
そちらでは反応が皆無で寂しかったので、こちらでもご報告。
とりとめもなく、勝手なこと書きましたが、これからも聴き続けますし、通信カラオケの全国ネット採点で全国の猛者とバトルしたりします。残念ながら(「痛み」と「地球のうた」しかカラオケでは歌えませんが)
歌を聴いてパワーを貰って、それをカラオケでたたきつけると、こういった循環ができあがってたり。
うまくできてますね(笑
では、また次のアルバム期待してます。
今度は3年より早いといいなぁ……。
え? それより「宙[sola]」の全国ツアーが先ですか?(期待

あ〜歌がモタっとしてくるのは…加齢ですね〜。
歌にキレがなくなるのは、シルバードライバーのハンドル操作が鈍くなったりお爺ちゃんのトイレが長くなるのと同じです!
本当〜に声が枯れていくし、音域も狭くなるし、まったく困ったものです。
しかしっっ、心配いりません!
「自分で作曲する」という強みは、歌えないメロディーはバッさバッさ切り捨て(!)歌えるように好き勝手に作曲できるということです!
私は老化と戦いつつ、この声の衰えをなんとかカバーするような都合のいい曲を作曲するつもりですっ!
ところで…そのラジオの話!
珍しい話題を偶然聞けましたネっっ!
私もその先の話を知りたかったなー!
ここをご覧になっている皆さん!、
もしこのラジオを聞いた方がいらしたら是非情報をお願いします!

(柳沼由紀枝)
Message #33
From: 重信昌志
HPAGE : http://www.kaonsya.com/

柳沼さん 加藤さん
ニューアルバム「宙」、届きました。
すっかりご無沙汰をしているにもかかわらず、わざわざ送って下さいましたこと、妻共々感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。
さっそく聴かせてもらいましたが、アルバム7枚目というだけでもスゴイのに、柳沼さんの詞とボーカルがパワフルさを残しつつ一段と洗練されていること、そして加藤さんの編曲も大胆さと繊細さがよりグレードアップしていること、心を打たれました。
スピリチュアルでありながらきちんと地に足が着いている、そういったバランスの良さを今まで以上に感じられる、凄く良いアルバムです。
高橋さんの手腕もさすがですね。
クレヨン社のお二人がこうして自分達の世界を構築しつづけていること、ボクもとても励みになります。
これからも良い曲を創り続けてください。
陰ながら応援しています。

うおお〜重ちゃんだぁ〜!懐かしよぉ〜!
いや〜どうもどうも〜!!もしかして…14年くらい会ってないのかな?
私はいろいろありまして…ホントご無沙汰してすみません!近年はどなたともお会いせず全く不義理をしてしまって…申し訳ないです!
ところで、HP拝見しましたが素晴らしい奥様とご結婚されてたんですね!
しかもお子さんもいらっしゃって!
今でも時々レコーディングやツアーでの事を思い出しますよ〜!
本当に重ちゃんは冗談ばっかりの楽しい人で、それに食べ物はいつも楽しそうに美味しそうに食べて、きっといい旦那さんになるだろうなと思ってました〜。幸せそうで何よりです!
そうそう、よく重ちゃんはクレヨン社の替え歌を作ってくれて、どれもこれも大爆笑でしたね!
私がライブやレコーディングで思い出し笑いをしそうになっちゃって、ホント大変でした!
きっと重ちゃんの事だから、今でも明るく楽しく暮らしているでしょうネ!
これからも奥様やお子さんとの笑いが溢れる家庭で、ますますご夫婦ともにご活躍されますよう、かげながら祈ってマス!

(柳沼由紀枝)
オレも柳沼ほどじゃないけどずいぶんとご無沙汰です。久しぶりにFAZのメンバーで集まりたいね。いや!集まろう!近いうち集合かけるんでよろしく!

(加藤秀樹)
Message #34
From: いんてぐら

こんばんは、初めまして久々にアルバム聞いて曲によっています。
さてさて、お願いなのですが以前のアルバムをリバイバルしてもらえないでしょうか?中古を買うのもあまり気乗りしませんし、活動にもお役に立てません。そこでリマスターしたアルバム又はベスト盤として直販してもらえれば即座に購入するのですが。。。。。。
7thアルバム出ましたら6thアルバムと同時に購入します。
宜しくお願い致します。

すみません。今のところ難しいんです。詳しくはQ&Aの14をお読みください。
同時購入は賢い手段です。代引、郵便振替共に手数料が半額です。

(加藤秀樹)
Message #35
From: ユーラシア

 こんにちは。
「痛み」からのファンのユーラシアと申します。
今回、HPの表紙で加藤潤子さんが作家の沢木耕太郎さんの本の表紙を描かれたことが載っていてびっくりしました。
私は沢木さんのかなりのファンです。
音楽で一番好きなのはクレヨン社、そのCDでジャケット絵を描かれている加藤潤子さんの作品も大好きです。
そして作家で私が一番好きなのは沢木耕太郎さん。
その加藤潤子さんが沢木さんの本の表紙絵を描かれる…それも沢木さん本人からの依頼で…実はこの本はまだ購入してはいませんが書店で見ました。
(あれ?この絵のタッチは…)っと思いましたが、沢木さんと加藤潤子さんとの接点、までには思いいたらずに(まさか)、で済ませてしまってました。ほんと、お二人の間には、何か目に見えない深いところの”縁”があったのでは、っと感じます。
そのきっかけとなったかもしれない沢木さんに届いた絵葉書は私が出したものではありませんが、本当にクレヨン社のファンの方かもしれませんね。
”縁”というものについてとても考えさせられたお話しでした。
では、加藤潤子さんのこれからも多方面でのご活躍を祈ってます。
失礼いたします。

オレも「縁」は大切にする方です。
このメールを姉の加藤潤子に転送しておきます。
ユーラシアさんにもいい御縁がありますように。

(加藤秀樹)
Message #36
From: はまちゃんく

ああ・・・山口広報部長がどんどん壊れて行く・・・

山口広報部長は近々御勇退なさるそうです。
現在後進の人事を検討中です。

(加藤秀樹)
Message #37
From: Bob

久しぶりに書き込みました。
「宙」早速聞かせて頂きました。前作とまでとは少し趣が変わった感じがしました。シンプルでタイトな感じが強まったというかそれまでの加藤様の多彩な音色によるオ−ケストレ−ションによるアレンジがよりシンプルになり柳沼節がストレ−トに伝わってくる感じがしました。聞き込む内にその内容の多彩さは今までででの作品のなかでも一番ではないかと思います。
加藤様が美大志望だったとは知りませんでした。私も美術系なのでアグリッパ、モリエ−ル、ヘルメス、シコシコ木炭デッサンしてました。昼飯はいつもデッサン用の食パンでした。
MTRは最近KORG D1200mk2をヤフオクで競り落としやっておりますがイメ−ジは色々浮かぶのですがそれを楽曲にまとめ上げる作業ナカナカ難しいです。
これからもいっそうのご活躍期待しております。

「宙」ご好評いただけたようで何よりです。「宙」は聞き込むほどに味が出るアルバムとなっております。末永くご堪能ください。
で?なになに?そうです。美大志望でした。安易な志望動機ですが。オレはブルータスが得意でした。
で?なになに?KORG D1200mk2ですか!オレが音楽の仕事始めたころこのスペックのレコーダーは数百万円を超えてました。しかも冷蔵庫並みにでかい。それにしてもいい時代になりました。音楽作り楽しんでください。

(加藤秀樹)