みんなの声
ホーム   クレヨン社   アルバム   加藤秀樹   柳沼由紀枝
  クレスポ   プロフィール   ネット  ギャラリー   みんなの声   メール   Q&A   リンク
 
みんなの声 第14回

Message #1
From: モンキーチョップ

はじめまして、中学生の頃によく聴いていて、たくさんの勇気と希望をクレヨン社さんの歌からいただきました。
私は27歳になりますが、今年のはじめから脳の中心に腫瘍ができ、手術ができない場所で仕事を辞めざるをえなくなりました。
日常生活も光の強い所へ行くと倒れて意識不明になります。
ここ最近、自暴自棄になりこのまま生きていても周りの人に迷惑をかけるばかりだと自殺まで考えました。
そんな時、部屋を整理していて『いつも心に太陽を』のアルバムが出てきて久々に聴いて大泣きしました。
ノスタルジックな昔の自分と病気になって触れることができた家族や友達や恋人のあたたかさを思い出し、こんなところで死ぬなんて私がバカだったと改めて感じさせられました。
いつの時代にも心に響く歌は誰にでも必要です。
過去にクレヨン社さんの音楽に出会えたことを感謝します。
これから私は以前の自分に負けないように生きていきます。
クレヨン社さんも頑張ってください!!

副店長の縁側日記
まごころ堂(小倉ハンター) おちゃのこ店
(↑クレヨン社HPへの書き込みには、モンキーチョップさんのHPアドレスが記入されていませんでしたが、偶然に、うちのwebmasterがブログを見つけてくれました!ついでですので…お店のアドレスも載せさせていただきました。祈・商売繁盛!!)

モンキーチョップさん、お辛い状況にもかかわらずクレヨン社にメッセージをありがとうございます!
27歳との若さを思えばどれほどのショックかと…察するにあまりあります。

思えば、私に乳癌の疑いが出たのは36歳の時でしたが、最初、すご〜く動揺しました。
本当に「体が震える」という体験でした。
その後数年は自分の将来に悲観的になり、癌の恐怖に耐えられず、“早く楽に死ぬ”という事ばかり考えるようになりましたので、モンキーチョップさんが自殺を考えた心境もよ〜く解ります。

私なんて自分で作ったクレヨン社の曲を聞く気力も無かったっていうか…、いやクレヨン社に限らず、ほとんど全ての音楽に心を動かされなくなっていました。
ちょうどその時期は他にも嫌な事が続いた為に、数年間も引きこもり家族に大迷惑をかけてしまいましたよ。
それに引き換え、ブログを1ページから19ページまで読ませていただきましたがモンキーチョップさんはすごくシッカリされていますね。
立派です!
私はお恥ずかしい事に、ずいぶん時間がかかりましたヨ。
今でこそやっといろんな事に気づきましたけど。

そもそも病気じゃなくても突然の事故や災害で人生が終わってしまう場合だってあるわけですから、病気の事ばかりに心をとらわれてクヨクヨするのもあまり意味がないですよね。
それに一番深く感じたことは、
「なんて多くの方々に良くしていただいた人生なんだろう」
という事です。
私生活が幸せだったのは勿論ですが、OL時代の職場の人々、音楽業界で出会いお世話になった方々、そして動休止中にも関わらず応援し続けてくれたファンの皆様。
いい出会いやご縁がたくさんありました!
ファンレターやライブアンケートに寄せられたメッセージを読むにつけ…私の人生って…幸せだよな〜って。
“悲しみの分量”と“喜びの分量”を秤にかければ“喜びの分量”の方がやっぱり重いです。
かなり波瀾万丈でしたが、ホント面白い人生を送らせていただきました!
多くの愛情をもらった人生だと感謝の気持ちを再認識してからは、“早く楽に死にたい”という鬱モードを脱し「人生なるようにしかならんわい!」と開き直れましたよ。
クヨクヨしてたらもったいない!
今せっかく生きてるんだから、出来るだけこの世界を見ておきたいな…って!
実は…当初から“多発性乳癌の疑い有り?”という事を言われてまして、昨年摘出した癌とは別の腫瘤が見つかっていて今もその検査中なんですが、
「アタシの人生ってば、とことんドラマティックだわっっ!」
と、自分の運命に妙な感嘆(?)すらおぼえてしまいます…!
どうやらすっかり病気に慣れてしまったようで〜!
一時期のあのヒドイ落ち込みを思うと、ホント不思議なくらいです。

今はまだモンキーチョップさんは気持ちが揺れる時期かもしれませんね。
「鬱かな?」とか「辛いな…」っていう気持ちになっても独りで悩まないでくださいな。
大きな病気を持つと、心に負担がかかるのはむしろ自然で素直な感情ですから、自分を責めないことです。
私は悶々と長〜いトンネルをさまよってしまい回復するのに時間がかかりましたが、「専門の方に相談してもよかったかも…」って今は思えます。

モンキーチョップさんは既にご自分の病気をいろいろ調べられている事と思いますので、その病気を何も知らない私がコメントはできませんが、脳外科は福島孝徳先生のような高度な技術の先生もいらっしゃるようですし、またモンキーチョップさんの7月13日のブログ、
ちょっとメロウなお話
によると「良性腫瘍で日常生活に注意すればコントロールも可能」という事でもありますから、体をいたわって、最善の選択をされますようように祈っております。

モンキーチョップさん、お互いにいろいろありますが「いつも心に太陽を!」で、病気と上手につき合っていきましょうね!


(柳沼由紀枝)

Message #2
From: Bob

誰にだって朝日は昇る、今日届きました依然柳沼節健在でホットしました「痛み」のニュ−バ−ジョンいまも廃れない名曲だと思いました。

Bobさんお買い上げありがとう!
クレヨン社との出会いが「痛み」という方が多く、皆さんの思い入れが強い曲なので録音し直すのはちょっと心配でした。
1stのレコーディングの時は私の声がまだ細かったんですが、ライブを重ねていくうちに歌い方が変わっていきましたので、これまでライブに参加できなかった方々にもリアルな「痛み」を聴いていただきたく思い再録してみました。
しかしやはり「痛み」のアレンジはストリングスですね!
下手に崩せないほど完璧なことがわかりました。


(柳沼由紀枝)
Message #3
From: はら

はじめまして。今年36歳になるおじさんです。 クレヨン社さんのサイトがあることを今日初めて知りました。 サイトの中を行ったり来たりして見てるうちに、モーレツにクレヨン社さんのCDを聞きたくなって居てもたってもいられなくなり、古いCDを小一時間ほど漁って、やっと底のほうに「オレンジの地球儀」見つけて再生し、今丁度聞き終えたところです(さらに、今二周目が始まりました)。
7〜8年ぶり位に聞いたのですが、CDを買った頃(15年位前かな)のことが、それはもうブヮーっと思い出されて、思い出に酔っ払っているような状態です。
オールナイトニッポン(かな?)で初めて「痛み」を聞いて身動きできなくなったこと、早速歌手名を書き留めるためにメモ帳をラジオの横において、翌日から今か今かとかかるのを待っていたこと、「オレンジの地球儀」を買って初めて聞いた時のこと、「痛み」のイメージが強かったので最初は「あれ?」と思ったこと、でもその後他の曲も好きになって1日中かけ続けていたこと、などなど本当に何もかも懐かしい。当時自分は大学浪人だったと思いますが、寄る辺のない不安感といった心持ちが、あの頃の匂いや湿度と共に蘇りました。
今日改めて聞いても、「痛み」のラストの数々の問いかけにはいろいろ感じるところがあります。自分にとっては、当時から「ひたむきでいたい自分をだましてないか」の印象が強烈でした。今から思うと、CDを聞いていなかった頃でも心のどこかでこのフレーズを繰り返していたように思います。自分がひたむきでありたいと思うことから離れかける度に、この言葉で自分を引き戻していたように感じます。
クレヨン社さんの話は最近(もとから?)あまり聞きません
でしたが、このサイトを見る限り、お二人とも気張らずマイペースな活動をされているようですね。去年CDも出されたとのことなので、早速探してみたいと思います。今後もこのペースでがんばってください。自分も息長く応援したいと思います。また、(自分にとって初めて)同好の士の存在を確認できたこの貴重なこのサイトは今後チェックしたいと思います。
近況ページを斜め読みしたところ、最近柳沼さんにはいろいろと辛いことがあったようですね。一ファンの無責任な言い分ですが、十分休息されてからの更なる活躍を期待しています。お二人とも頑張ってください。
勢いに任せて長文になってしまいました。15年分のファンレターと思ってご容赦ください。

はらさん、15年分のファンレター(?)ありがとう!
クレヨン社の「痛み」と出会った頃の少年時代のはらさんの姿が目に浮かぶようでした。
今はこの公式HPでの通販で細々と(!)CDを売るだけですが、なんとか1曲でも多く楽曲をカタチに残したいと願って活動を続けてます。
どうぞこれからも応援して下さいね!


(柳沼由紀枝)
Message #4
From: U.M

はじめまして。
ほとんどネットを利用していない私ですが、何気なくクレヨン社の名前を入れてみたら、あった・・。もう、本当に驚きました。
(春以降更新されていないようなので、現在進行形なのかどうかわかりませんが、もしかしたら読まれるかもという思いで書いています)
高校生の頃、魂をゆさぶられる思いで「痛み」をうたっていました。
今は4児の母になっています。
アルバムはジオラマまで持っている。
ジオラマも、たまたま店で出会って
「あ〜、まだこつこつやってくれている」と即購入。
それから休止時代などがあったとか、そんなことも知らなかったけれど6枚目が出ているということですのですぐ買いたいと思います。
これからも移り変わる時代の中でけして変わらない、変わっちゃいけないメッセージを発していくアーティストであり続けてほしいな〜と勝手ながら思っています。
あのころのように純粋に熱中するということはないかもしれないけれどでもきっと心の真ん中でいつもクレヨン社の曲は響き続けると思うのです。
そしてあの頃の私に恥じない生き方をしたいと思っています。
どうぞ、お体に気を付けて頑張って下さい。

U.Mさん、殆どネットを利用していないそうですが、よくぞクレヨン社を探し出してくれました!
お子さんが4人もいらっしゃったらすごく忙しいでしょうに…本当にありがとう!
子供たちが思春期になったらクレヨン社の音楽を聴かせてあげて下さいネ。
そうそう、「春以降更新されていないようなので…」とありましたが、更新履歴はTOPページをご覧下さいませ〜♪
週1のペースで何か更新しておりま〜す!
(ただし「みんなの声」は 2〜3ヶ月まとめてアップしてます。)


(柳沼由紀枝)
Message #5
From: 長靴をはいたカニ

クレヨン社のお二人さん、お初です。びっくりしました。活動を再開していたこと知りませんでした。
でもなんかパソコンをいじってて思いついたように検索していたらこのページに着きました。
びっくりして、ついメールを打っています。
私はNHK FMに出演をされたのをきっかけに聞き始めました。
なんか心にしみる音と歌詞が好きです。
個人的には「クリスマスの近い日」「Broken Heart」が好きです。
最近のものは残念ながらまだ入手していないですが、必ず聞きたいと思っています。
加藤さんも柳沼さんも体には気をつけて、これからもいい音楽を聞かせてください。
心のこもった歌を聞かせてくれることを改めて楽しみにしています。

長靴をはいたカニさん、初カキコありがとう!
今、この時に、クレヨン社を検索してくれた事が嬉しいです!
またこれからも応援してやって下さい!!


(柳沼由紀枝)
Message #6
From: MOON(ぴんくのむ〜ん)
HPAGE = http://www1.bbs.livedoor.com/3014482/bbs_plain

久しぶりにやってきて、みんなの声を見ていたらびっくり!
自分の過去のメールがすべて載っていた上に、加藤さんからコメントまでいただけるとは!
びっくりしました〜ありがとうございます。
あの頃3ヶ月だった息子はもう8ヶ月、元気に暴れまわり攻撃される日々です(笑)。
でも、自分が書いた事を読み返して「ああ、そうだ、がんばらなきゃなー」とあらためて思ってみたり。
で、『サスケのメンバーと交流があるのか?』との事でしたので、交流掲示板のホームページを御知らせします。
って、管理人私じゃないんですけどね。国民だった奴らが結構集まってます。出来ればお二人も一度来てくださいッ

MOON(ぴんくのむ〜ん)さん、「サスケネエダ王国ドンマイ板」の情報ありがとう!
拝見しました!
「クレヨン社の課外授業」にもハガキを投稿してくれていた懐かしい名前がチラホラ見受けられて、懐かしさがこみ上げてきました!
また管理人セーバーフライトさんはじめ何人かの方がクレヨン社の話題にふれて下さって感激です!
「サスケネエダ王国ドンマイ板」の掲示板を見てからこちらクレヨン社のHPに来て下さったという方が多いのもこれで納得しました。
本当にありがとう!
ラジオ福島「サスケネエダ王国」にはいろいろご縁があって皆さんとも何度かお会いしましたが、積極的で楽しい子が多かった印象でした。
みんながあの時のまま大人になったようで…とっても嬉しかったです!


(柳沼由紀枝)
Message #7
From: Are

こんばんは。さてさて、また提案です。
しんじゅさんのクレヨンファクトリーが、なかなか復活しないので、ファンの交流の場が少ないのではないか?と話があがりまして、とりあえず、掲示板を作成しました。(加藤さんの写真を勝手に使ってしまいました。ごめんなさい)
 しかし、私はサイト持ちではないので、こちらの本家HPのメールのコーナーの一角に掲示板のリンクを貼って頂けないでしょうか?
 webmasterさんとも相談したのですが、クレヨン社、webmasterさんが、管理をしきれないという理由で掲示板を設置してないそうなので、一番下に管理責任は私にあると明記してあり、私へのメールが送れるように作成してあります。
 そして1週間に1回の更新だけでなく、暇な時に気軽に、クレヨン社のお二人が書き込んでくれますと、週末以外のアクセス数アップ、CD売り上げ倍増間違いなしです(笑。

クレヨン社 社員黒板」の設置ありがとう!
公式HPでは掲示板を設置しておりませんので、このようなフォローをしていただけると大変助かります。
以前のしんじゅさんの掲示板の時に何度か書き込んでみましたが、どうやら本人が書き込むと「皆さんが書き込みにくくなってしまう」という傾向があったようですので、以後は 管理人さんにお任せして「ROMのみ」で楽しんでます。
現在のファンが交流できる掲示板は、Areさんの「クレヨン社 社員黒板」と「クレヨン社 大阪支店 会議室」の2つですので、公式HPの「リンク」のところから行けるようになってます。皆さんもおおいに参加して下さいませ。


(柳沼由紀枝)
Message #8
From: きつねのるーと
HPAGE = http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/1e87e19633968cddcd1fb8e56fd5c59e

7月までのみんなの声を、遅まきながら拝見しました。
で、「錫」さまの「クレヨン社ファンへの51の質問」に、答えたものを私のブログに掲載しました。よろしければ、見て、コメントをいただければ嬉しいです。今回のホームページアドレスは、その記事が載っているページのアドレスですから、記事を検索する必要のないものです。是非、ご来場を!!
どんな答えが待っているか。楽しんでくださいな。
ではでは

錫さん発「クレヨン社ファンへの51の質問」の、きつねのるーとさんのお答え見せていただきました!
なるほど〜クレヨン社との出会いはNHK FM「夕べの広場」だったんですか〜。
何度か出演させていただいた記憶がありますが、多分1回目の出演の時かもしれませんね。
きつねのるーとさんと古代竜さんたちはライブの常連さんでしたので、Q.17〜Q.24もいろいろ思い出しながら読ませてもらいましたよ。
それにしても、きつねのるーとさんのブログに皆さんがコメントを寄せて下さっていたのが嬉しいです!
いろいろ宣伝もしてくれてありがとう!
ところで〜…いや、小さなコトなんですが、
Q.5、Q.6、Q.8で
「少年の時間」が「少年の日」
Q.9
「心には銀色のナイフを持て」というところの、「色」がヌケていましたよ〜ん。


(柳沼由紀枝)
Message #9
From: 三宝山の河太郎

 柳沼さま!お返事いただけてメチャ感動しましたっ!
((o(^∇^)o))少年時代にRKCで「青空観覧車」制作秘話(?)を聞いた河太郎の記憶は間違っていなかったんですねっ!(^O^)v
まさか柳沼さまからレスいただけるなんて…思いもよらない展開で…あまりの嬉しさに中学時代、一緒に「クレヨン社」にハマってた友人に自慢メールしちゃいました!(笑)
友人も新しいアルバムがゼヒ欲しいと言ってました!近々数枚購入させていただきますね♪
(笑)片っ端から知り合いに「クレヨン社」の良さをアピールしていきます☆((o(^Д^)o))
ではまたメールしますね♪

あれ?
河太郎 さん、今回は「三宝山の河太郎」さんにHNを変更したんですね。
では今後は「三宝山の河太郎」さんで宜しくお願いします!
そうそう、当時RKCラジオのディレクターN岡氏に初めて三宝山に連れていってもらう数日前に、夢であの急カーブの道路の夢を見たんですよ。
三宝山の山頂から車で下ってくる時の景色の夢でした。
今、検索してみたところ…、ありました!
http://kanko.travel.rakuten.co.jp/kanko/go/resource$id=SHKO020009
そうそう、この急カーブ!
懐かしいな〜!


(柳沼由紀枝)
Message #10
From: なむおと
HPAGE = http://homepage3.nifty.com/nam-oto/

タイトル、変わりましたね。今晩にでもリンクの方修正しときます。
こちらは台風が来てるので遅れてもご容赦くださいまし。
いろいろあって大変でしょうけど今後ともがんばってくださいね。
応援部隊はながーい目で見守ってますから。

なむおとさんお久しぶりです!
リンクのクレヨン社公式HPの名前も変更してくれてありがとう〜!
ぜひこれからも“なが〜い、なが〜い、なが〜い目で”見守ってやってください!


(柳沼由紀枝)
Message #11
From: 蒼川侃

柳沼さん,遅ればせながらお悔やみ申し上げます。心も体も無理はなさらずお大事になさって下さい。
 私は高校の時とある人の紹介でクレヨン社を知りました。そして復活も,数日前その方から教えて頂きました。実は他の方と知り合いになり,お互いにクレヨン社が好きということで驚いたとう事を,ここ数年年賀状のやりとりをしていた私がクレヨン社を知るきっかけとなったその方に久々にお手紙してお知らせしたところ,復活の報告を受けたという訳です。驚きました。
 もうじき2周年と言うところでたいへんおまぬけなのは百も承知で,それでも言わせて頂きます。復活,おめでとうございます!
 早速CDも注文させて頂きます!が,お願いが。実はファーストアルバム,テープで人から頂いたもので,CDを持っていないのです。数年前に改め買い直そうと思ったら品切れでした。中古店も探しているのですが見つかりません。自主制作で再販しては頂けないでしょうか?これからファンになるひとの為にも,過去の名作が聴けないのはあまりに寂しい!どうかご検討下さい。

Message #12
From: Chika

私は、37歳になりますが、大学生のころ、クレヨン社の歌に出会い(たしか、ドラマの主題歌でした)それから、ずっと聞いてます。
現在公立中学校の教師ですが、子供の心にもどらなきゃって思うときには必ずクレヨン社を聴いて、純粋だったころに少しでも近づこうと努力しています。
ほんと、クレヨン社の歌を聞くと不思議と癒されて気持ちが落ち着くのです。ピュアになった気がします・・・
きっと、この美しいメロディと歌声・・・そして、メッセージ性の強い素敵な歌詞のおかげですね。
去年のCDも購入しました。これからの、ご活躍も期待しています。。。
ところで・・・
昔のCDを手に入れたいのですが。もう無理でしょうか・・・
大学のころの下宿から実家にかえってくるとき、CDを入れてた荷物がなくなってしまったので、数枚しか残っていないのです。。。
USED CDのお店に行ったほうがよいでしょうか・・・
すみません。。。こんなメールで
でも、クレヨン社大好きな気持ちは変わりません。カラオケでも必ず歌っています。
ぜひぜひ、これからもがんばってください。

Message #13
From: 姫楓♪

柳沼さん・加藤さん
こんにちわ“ひめか”と申します。。
初めてメールさせて頂きます。
昔・・・ラジオの『Oh!デカナイト』から“いつも心に太陽を”や“星など見えぬ街で”をはじめて聞いて好きななったのを覚えています。
10年以上前の曲なのに今聞いても凄く新鮮に思えるし歌詞を見て、そのとき分からなかった気持ちや“今の自分がこれでいいのかな?とか”自問自答して勇気付けられています。
昔から露出が少なかったとおもうのですが・・・。
もっと多くの人にクレヨン社の存在を知って懐かしい気持ちに浸ったり感動してもらいたいと思いCDを知人に貸したところ
『聞きやすいとか・良い歌だね。』などと言う嬉しい反応が返ってきました。
私も嬉しかったです。
アルバムが普通に売られてた当初は『世界で一番好きだった』
だけは持っていたのですが・・・今になって欲しくなりその他は廃盤という事でネットオークションで譲っていただけました。
私が住んでる県は田舎なので都会のように中古CDショップや掘り出し物が出てきそうなCDショップはありません。
後、『模型風景』これだけがどうしても欲しくてネットオークションを見たり、ネット中古CDショップを見たりしています。
なかなか在庫がなかったり状態があまりよくないものでも当時の倍の値段で売ってたりと入手しづらい状態です。
HP上でも原盤権がホリプロにあるから再販は難しいと書いてありましたが・・・・。
どうにか再販やアルバムのリメークはしていただけませんでしょうか?
本当は当時のままの物が欲しいのですが・・・。
どうかお願いします。

蒼川侃さん、Chikaさん、姫楓♪さん、みんなの声の書き込みありがとう! みなさん旧譜の再販についてなので、まとめて答えさせていただきます。
同じような質問は多く寄せられており心苦しく思っております。事務局に届いたメールに関しては以下のようなフォーマットの返信にて対応させていただいてますので、参考までに添付させていただきます。

クレヨン社の過去のアルバムについてのお問い合わせですが、残念ながら過去のアルバムは活動休止中に、すべてが廃盤となってしまいました。
過去のアルバムの原盤権はホリプロが所有しており、今後の展開により再販の可能性もあるかとは思われますが、現在はネットオークション等でしか入手は困難な状況です。
しかし、○○様のお問い合わせにつきましては、ファンの皆様からも同様のご要望が多く届けられたため、ネットでの楽曲提供を検討しており、現在では、2つの音楽配信会社よりクレヨン社の過去の楽曲をダウンロード可能な状況となっております。
詳しくはクレヨン社公式サイトのネット配信をご覧下さい。
今後ともクレヨン社をどうぞよろしくお願いします。

クレヨン社事務局 販売担当

というわけです。採算の取れる見込みがあればホリプロも再販に踏み切るでしょうが、今後の展開(我々の努力と運)次第です。
また、次のアルバムにも過去の楽曲のセルフカバーを入れる予定で制作を進めております。ご期待ください。


(加藤秀樹)

Message #14
From: かおる

日本でもiTunes Music Storeが始まりましたが、オンライン販売は行わないのですか?

iTunes Music Storeですね。どうなんでしょう。
これに関しては当サイトの技術顧問webmasterが詳しいので伺ってみたいと思います。
どうなんでしょう?クレヨン社にとっては?


(加藤秀樹)
 こんにちは、webmasterです。
 旧譜については、残念ながらCDの再販と一緒で、原盤権を持っているホリプロが許諾(あるいは申請)してくれない限りどうにもなりません……。
 フィードバックのページからリクエストをAppleに送っていれば、反応があるかも知れません。  iTMSにはオンライン申込みという窓口があって、「誰にだって朝陽は昇る」なら申し込めるのではないかと思うのですが、現在は申し込んでおりません。
 「誰にだって朝陽は昇る」については、iTMSではありませんが“recommuni”というSNSで全曲がダウンロード可能になっております。よろしかったらご利用下さい。
(2005年7月のあいさつ増刊をご参照下さい)


(webmaster)
Message #15
From: くま・極光

ご無沙汰しています、覚えておいででしょうか?くま・極光です。
遅ればせながら、復活2周年、おめでとうございます。
新HPの感想など、少し。
まず、随分すっきりシンプルな仕上がりになったな、と思います。
サイトの名前と共に、「クレヨン社らしい」感じになっていると思いますよ!!
リンクがまだ、整備されていないようなところが残念ですが・・・
あと、オフィシャルにもBBSがあればよいな、と思いますがAreさんの掲示板を活用して交流できたら良いのかな?とも思いますし現状で問題ないかもしれません。
閑話休題。
次のアルバムも、素晴らしいものになるよう、祈っていますが、祈らなくても素晴らしいものになると確信はいたしております。
予定より遅れていることを随分気に病んでいらっしゃるようにお見受けいたしましたが、いろんなアクシデントもあり、致し方ないことだと思います。
発売が多少遅れようとも、問題ないとおもいますよ!それより、ご自身の心も体も大事になさって万全の体制で制作してください。
まだ暑かったり、台風がきたりと何かと大変ですが、ご自愛なさって良い音楽を作ってください!

くま・極光さん!温かいメールをありがとう!みんなあなたのように温かく、かつ長い目でクレヨン社を見ていただけると。すごく助かります。
BBSに関しては上のほうで柳沼も書いてますが、こまめにチェックして参考にさせていただいてます。みんなの声では書きにくい苦情や要望も含め、匿名でどんどん書き込んでやってください。真摯に受け止めさせていただきます。


(加藤秀樹)
Message #16
From: クロネコジジの宅急便

こんにちわ。
元、rfcリスナーのクロネコジジの宅急便です。
本日、rfcこどもまつりがありまして…
その場で、伊藤プロデューサーとお話する機会がありました。
新譜「誰にだって朝日は昇る」のリクエスト可否について質問した所、
音源があれば(なおかつリクエストがあれば)
放送出来る可能性があるとの事でした。
という訳ですので、是非rfcにアルバムを送ってみて下さい。
よろしくお願いします。

貴重なご意見ありがとう!
早速ラジオ福島の伊藤さん宛てにアルバム送らせていただきました。
発売当時局長宛には送ったんだけど、たぶん個人使用になってしまった模様です。
こんどは局専用として送ったので、必ずrfcには置いてあります。
というわけで、福島にお住まいの方、リクエストをよろしく。


(加藤秀樹)
Message #17
From: めぐり

すいません、空のメールを送っちゃいました(^^;)。
ちょこちょこのぞいてます。活動、是非、続けて下さい!。

めぐり
めぐりって?ひょっとするとギターの廻君? だとしたらぜひ連絡ください! まずは飲もう!

(加藤秀樹)
Message #18
From: すず(錫)
HPAGE = http://irodorigumo.hp.infoseek.co.jp/index.html

こんにちは、加藤さん・柳沼さん。
活動再開2周年おめでとうございます。
サイトのタイトル・デザイン変更もお疲れ様でした。
いやはや、サイト変更って結構大変なんですよねぇ。
で、ひとつ気になった点がありましたのでメールした次第です。
クレスポ15号の文中、最後のほうに
「大変不謹慎だが大変的を得た鋭い噂・・・」というのがありますが、
「的を得た」→「的を射る」
「的を得た」→「当を得た」
が正しい言い回しだと思われます。
間違いやすい慣用表現なんですけどね。
失礼かとは思いましたが、気になったのでご連絡差し上げました。
先日きつねのるーとさんからメールが届きました。
51の質問に答えてくださったとのことでした。よかったらご覧になってください。私も楽しく読ませていただきました。
きつねのるーとさんのブログでは次のアルバムの首をなが〜〜〜くしてお待ちしています。
ぼちぼち頑張ってくださいませ☆
柳沼さん、あまり頑張り過ぎないようにしてくださいね。
  ろくろ首:すず

錫さんありがとう!
日本語知らなくてお恥ずかしい。
でももっとお恥ずかしいことに錫さんが書いてくれた4つの「まとをえた」のうちどれが正解なのかがわかりません。そんでとりあえず今クレスポ15号にはひらがなにしてます。
正解を教えていただけると助かります。


(加藤秀樹)
×「的を得た」(まとをえた)
○「当を得た」(とうをえた)
○「的を射た」(まとをいた)
……なので「まとをえた」は誤用なんです。


(webmaster)