みんなの声
ホーム   クレヨン社   アルバム   加藤秀樹   柳沼由紀枝
  クレスポ   プロフィール   ネット  ギャラリー   みんなの声   メール   Q&A   リンク
 
みんなの声 第7回

Message #1
From:  Ayumi

はじめまして。
そういえば最近は活動されていないのかなと思い、クレヨン社で検索をかけたところ、こちらのサイトにたどり着きました。
あまりに嬉しくて、ちょっぴり涙が出そうになりました。
辛いことがあったとき、哀しいことがあった時、何度もクレヨン社の曲で元気づけられました。昔、広島でライブをされたとき、初めてクレヨン社の生演奏を聴き、言葉には出来ないほど感動したのも同時に思い出してしまいました。
その時、ライブ会場で売っていたアルバムについてきたサインは、今でも大事に飾ってあります(サインにつられてアルバムを持っていたにもかかわらず、もう1枚購入してしまったのも、懐かしい思い出です)
ニューアルバムが出ないのかなと密かに待ち続けて数年。今回、こちらのサイトで新しいアルバム製作中ということを知り、大変喜んでおります。
その日を指折り数えつつ、こちらのサイトにも、通わせていただきますね。
これからの、クレヨン社のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

クレヨン社を検索してくれてありがとう!
Ayumiさんが来て下さった広島ライブといえば…'89年ですね。
そうですか〜、サインにつられて既に持っているアルバムをもう1枚買ってしまいましたか〜!
NECアベニュー時代は、アルバム売りたさにその手をよく使った(使わされた)ものです!
しかし今となっては全て廃盤!
「レアだよ!珍品だよ!幻の逸品だよ!」です!
最近はオークションでも一時期のような高値ではなくなりましたが、あと50年(!)もすればまた値が上がるかもしれませんっ!
孫子の代まで「お宝」として受け継いでくださいっ!

(柳沼由紀枝)
Message #2
From:  りんご

はじめまして。クレヨン社、復活なんですね〜うれしいですっ!!
私が初めてクレヨン社を知ったのは、CDレンタル屋さんです。もう、14年も前ですが・・・。
何かいい曲はないかなぁ〜と探していた時に、クレヨン社のCDに出会ったのでした。
アルバムの中の「地球」とか「風」とか「ビー玉」とか・・・気になる言葉がいっぱいで、その時はレンタルだし、ちょっと聴いてみようくらいの軽い気持ちで借りたのですが、「地球のうた」を聞いた時の感動は、今でも忘れられません。
次の日、友達に早速聞かせたほどです(^-^)その頃はまだ学生で、なにせ貧乏だったのでCDが買えず、社会人になったら・・・と楽しみにしていました。
でも、すでにその頃には廃盤になってしまったものもあって、大ショック(>_<)!!まわりに聞いてもクレヨン社を誰一人知らなかったため、母や妹には車に乗せるたびに聞かせて「いい曲だよね〜」と洗脳(?)させ、中古CD売場を見れば、CD探しの日々でした。
でも、その甲斐あって「クレヨン社の展覧会」と「いつも心に太陽を」を新たにGETする事が出来ました♪
「いつも心に太陽を」いいですね〜。この曲を聴いてると、まっすぐな素直な自分になれる気がします。
「オレンジの地球儀」は、通った高校がまさに坂の上で、ホントにあの頃が一瞬で蘇ります。あの頃はよかった〜。
「地球のうた」は、まさに私が出会った曲。すごく深い曲ですね。
今以上に素敵な地球を子供達に残してあげたい。伝えていきたい。
「透明な紙飛行機」は、ある思い入れもあって、何度聴いたかわかりません(T_T)。
あ、「ルーシーの恋人」も、何だか女の子(イイ年してナンですが、女の子っていう気分にしてくれます)でよかった〜と思える、元気な曲なので、大好きです♪
その反面、「辻ヶ花浪漫」もすごく好きです♪
好きな曲をあげるとキリがありませんが、とにかくとにかく、アルバム、楽しみです。頑張ってください!

りんごさん、ご声援ありがとう!
また今度のアルバムも、コテコテのクレヨン社サウンド(…?)がイッパイです!
お楽しみに〜♪

(柳沼由紀枝)
Message #3
From:  ぐーふぉ

はじめまして。突然のメールをお許し下さい。
私は東京都の公立中学校で音楽の教員をしているものです。
実は昨年まで失礼ながら「クレヨン社」さんの活動についてはまったくと言っていいほど知りませんでした。
それがある日、同僚から一枚の楽譜を手渡されました。
「地球のうた」と言う楽譜で、混声4部合唱で演奏ができるようにアレンジが施されてありました。
メッセージ性のある歌詞の内容、哀調のあるメロディから教材に使えると判断し2年生の授業で使ったところ、とても生徒達の心に素直に溶け込んだのでしょうか、学年の愛唱曲といえるほど喜んで歌ってくれました。
毎年3月に行われる校内合唱コンクールで当該学年の課題曲として使わせていただきました。
しかしオリジナルについては何も分からず戸惑っていたところ、クレヨンファクトリーのHPを見つけ、管理人様から色々ご教授いただいたのみならず、無理にお願いをしてアルバム「地球のうた」をCD-Rに取っていただきました(ネットで結構探したのですが、オリジナルがどうしても手に入らなかったので。どうぞお許し下さい)。
合唱のアレンジについては、中学生の合唱の作編曲などをよく手がけておられる「名和田俊二」さんと言う方がされたようです。
ただ「クレヨン社」様にはお話が行っているかどうかは分かりません。
事後報告のようになってしまって申し訳ないのですが「クレヨン社」さまの公式ホームページができたことを知り、ご連絡させていただいた次第です。
昨年度の合唱版「地球のうた」がとても好評でしたので、本年度の合唱コンクールでも第2学年の課題曲として演奏させていただく予定でおります。
もちろんオリジナルの曲調からは少々違うニュアンスが出てきてしまうことも否めませんが、このような素晴らしい歌を中学生にも歌ってほしいと言う気持ちから選ばせていただいております。
その旨ご了解いただければ大変嬉しく思います。いかがでしょうか?
今後ますますよいご活動ができますよう応援しております。

ぐーふぉ様、ご返答が遅れて申し訳ありませんでした。
諸事情+私の病気などのため、2月以降『みんなの声』の更新が止まっておりましたので、既にきっと合唱コンクールの件は何らかの方向性で話は進んでいらっしゃることでしょう。
『地球のうた』が、今年の課題曲に決定されたかどうかは分りませんが、また今後ともチャンスがあればクレヨン社の楽曲を子供たちに歌っていただけたら嬉しく思います。
それから今度の新しいアルバムに収録されております『ユーラシアの風』という曲も、『地球のうた』系の楽曲ですので合唱にはバッチリだと思います♪
私たちも、子供たちに聞いてもらい歌ってもらえるのは大きな喜びです!

(柳沼由紀枝)
Message #4
From:  ゆか

たまたまここへたどり着きました。
クレヨン社ってあの「地球の歌」のクレヨン社ですよね?
昔、ラジオで聞いてすごく好きだなぁ・・・と思いながらそのままだったのでどういうお名前の方が歌っているのかも知りませんでした(汗)
復活ということですが、実はお休み中であることも知りませんでした(大汗)
新しいアルバムが出るとか。
昔はお金がなくてアルバムとか買えませんでしたが、今度は是非買いたいです!頑張って出してくださいね。
また、HPを覗きに来ます。

そうです!「地球のうた」のクレヨン社です。
このHPタイトル『クレヨン社ってまだいたの?』からは信じられないかもしれませんが、本人による公式HPでっす!
こうして出会ったのもナニかの御縁!
アルバム買ってやって下さい!
これからもヨロシク〜♪

(柳沼由紀枝)
Message #5
From:  ミーモ

まさか復活したなんて・・・・、というのがHPを見た時に感じました。
こんにちは。メールでははじめましてです。S.Kと申します。
AMラジオから流れた「痛み」がきっかけで、その後札幌で最初のライヴに行き、その数年後渋谷でのライヴに一度行ったのが最後でした。
(ライヴの時にアンケートを書いてますので、出てくると思います)
仕事の関係で福島に工場(保原町、小高町)があるので、わりと福島出身者が多いせいか、「ねすけねぇ」とか「浜通り」とか判ります(笑)
ちなみに「柳沼」姓の方もいます。
北海道弁の「米をうるかす」が福島でも使われている事を知った時は嬉しかった・・・。
さてさて50の質問の中で、ワープロが壊れてフロッピーが読めない、とかかれてましたが、パソコンでも読める方法があります。
アンテナハウスというソフト屋さんが出している、コンバーターソフトが使えるのではと思います。詳しくは
http://www.antenna.co.jp/RTC/RTC2004/2004top.htm
こちらをアクセスして後確認いただければとおもいます。
(決してメーカーの回し者ではありません)
過去にワープロソフトのファイルをパソコンで読めないか、と相談されたことがあって、調べた事があってそれで思い出した次第です。
ではでは今宵はこれにて失礼します。

はい、S.Kさん、私の住所録に96年4月20日のライブに来られたという記録がありましたよ〜!
ところで「米をうるかす」って標準語じゃなかったんですかーーーっっっ?
知りませんでしたっ!
っつーコトは私の言葉って標準語じゃなかったんですかーーーっっっ?
知りませんでしたっ!(うそ)
ちなみに「柳沼」っていう名字は郡山に多いんです。
(父方の本家は郡山でして…)
それから、リッチ・テキスト・コンバーターの情報もありがとう!
フロッピーの内容がどうしても必要になったら、その時また参考にさせていただきます。

(柳沼由紀枝)
Message #6
From:  まお

 新しいアルバムが出ると掲示板に書いてあって初めて知りました!!
アルバムはすべて好きなので、少しだけ自分のHPで紹介させてもらっています。
ストレートな感情とか懐かしさと優しさが交じり合った歌詞と落ち着く曲は名曲ぞろいでしたよね。
もっともっと多くの人に知って欲しかったと思っています。
アルバムはすべて持っているので、今でも風呂に入りながら聞いています。
もう新作は出ないと思っていたので嬉しい限りです。
作り手も聞き手も10年の年月を経てどう変わったのだろうかと不安もありますが、やはり期待の方が大きいですね。
新作、楽しみにしています。
もしよろしかったら、当HP屋根裏の絵本でも見ていってください。
ではでは。

HP拝見しましたよ。
屋根裏は、まおさんのナイーブな人柄が伝わってきました。
それから『挑戦』の『30万円貯まる貯金箱に挑戦』、面白かったですネ!
あと、ああいう日記ィ〜、わたし好きですョ〜!
また、7月公開予定の『ダイエットに再挑戦』楽しみにしてますからね〜。
(コレ書いてるの7月28日です。いつアップするかは不明っす。)

(柳沼由紀枝)
Message #7
From:  あさつ

「高知を行く」のロケ場所を教えて頂きまして、ありがとうございます。
やはり高知は「国民休暇県」を自称するだけあって、大した観光地がないのでしょうね。
猿田洞以外は行ったことがあるところばかりでした。
ちなみに猿田洞は、当時の柳沼さんよりかなり太いので入れません。
入ったが最後、金輪際出られなくなるでしょう。
それと、ネット接続についてですが、色々と楽しい対策を考えて下さったのに申し訳ないのですが、ウチの嫁さんは締まり屋と言うか、けちんぼーと言うか。
単に接続するとお金がかかるからということなのです。
というわけで、エロサイト云々は関係なく、本物の女に手を出さないかぎり放し飼い状態です。
それはそれで凄いですね。
そのヨメさんですが、懸賞応募が好きで、よくハガキを書いています。
少ない投資でちょこちょこ当たっていますから、割と収支は良いようです。
それに引き替え私の宝くじは、毎回ジャンボは100枚買っているのですが、かけた以上の金額が戻ってきたことがありません。
柳沼さんとはテリトリーが違っているので、敵ではなく同志ですね。お互い頑張りましょう(笑)!

あ、毎度どーも!あさつさん、すっかり常連さんですね!
みんなの声 第5回」では、あさつさんの奥様がネット接続をお許しにならない理由を、
『エロサイトを見るのを警戒しているっ!』
などと勝手に想像してすみませんでした〜!
そうっすか、「しっかり者」の奥様だったんですね!
エライですっ!
チャラチャラと生きている女性が多い時代に、よくぞそういう立派な奥さんをゲットしました!
しかも「懸賞応募」で当てるというのは「才能」ですっ!
私などは、い・ち・ど・もっ、当たったことがありませんっっっ!
ゆきえの部屋 『懸賞』参照)
しかし懲りない私は、6月も(乳ガン告知を受けた後だっちゅーのに)、
『メルシャン ボン ルージュ おいしい酸化防止剤無添加ワイン 第2弾こだわる美味しさプレゼント』
に15口応募しました。
15口全部、「希望商品・スモークサーモン」に絞っての応募ですっ!
「うふふ…15口応募すれば、当たらねばおかしい…。
 悪い事(ガン告知)の後には、絶対幸運が来るはっずだわっ!
 お〜っホッホッホッホッ〜!」
等と、当選を信じて疑わぬ私でした。
720ml入りワイン588円(税込み)、1本に1枚応募券が付いています。
1口の応募は「要マーク2枚」ですので、588円×2本=1,176円です。
15口の応募なら1,176円×15口=17,640円です。
更に切手50円×15枚=750円を足して18,390円!
嗚呼、それなのにっ!それなのにっっ!それなのにーーーーっっっ!
またもや私はハ・ズ・レ・て・しまったのですぅーーーーっっっ!
しかも、さっきお中元カタログで同レベルの商品をみたら、どう見ても5,000円程度の商品だった事にも気付いてしまいましたぁぁぁ〜!
はうぅぅぅ〜…。
ううぅ…ストレスになると免疫力が落ちるそうなので、考えるのをやめます…。
と、とにかく、あさつさんの奥さんは、懸賞を当てる「特殊な能力のある女性だ」ということが言いたかったのです!
私の周囲には「予知夢を見る女」や「地震直前に地鳴りが聞こえる女」なんかはいるのですが、「懸賞を当てる女」だけはいませんっ!
そういう女性は大変〜貴重な方ですっっ!
奥様、大事になさって下さいね♪

(柳沼由紀枝)
Message #8
From:  鈴木

はじめまして、気まぐれで検索してこのページを発見しました、
ビデオレンタルで借りてきた「エンジェル コップ」のエンディングで、初めて「痛み」を聞き感動しておもわず泣いてしまいました。
それからすぐにCDを買いに行ったんですけどなかなか見つからなくて、ショップに行くたびに探していました。
それまでエンディングだけを何回も見て完璧に覚えました。
やっと見つけてすぐ購入し『痛み』だけを何回も聞いて覚えました。
他の人のメールを見てライブをしていたようなのでぜひ生で「痛み」を聞いてみたくなりました。
できれば静岡西部か名古屋でライブをして下さい。

今度のアルバムに収録した『痛み・2004』の歌は、ライブで歌った時のような感じで録れてますよ!
お楽しみに!

(柳沼由紀枝)
Message #9
From:  茶吉

始めましてです。
自分も「痛み」でクレヨン社の存在を知ったのですが本格的に興味を持ったのは「伊集院光氏のANN」とか「鏡五郎の息子(鴻上尚史のANN)」という、ちょっと曲がった所から(?)でした。
その後、東京夜景で一気に心を付かれてベストを買ってしばらくしてから活動休止を聞いていたのでショックだったんです。
で、自分の日記にクレヨン社のことをかいていたら「とおりすがり」の方がHPの掲示板に
   活動再開してるんです
との書きこみが!
とてもうれしいです。活動再開も教えてくれた方にも感謝してます。
上手く書けないんですが、詞にも曲にも柔らかい所と強い所があって自分の心の中にジーンとくる「さっすがぁ」な曲、また期待してます!
あ、リンクって貼ってよろしいでしょうか?貼っちゃってますんで都合悪ければご連絡頂ければと思います。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/5952/

「とおりすがり」さんとして、『クレヨン社復活の報』を広めて下さっている方に、私も感謝いたします!
茶吉さんのHP『茶亭』に書き込んで下さった「とおりすがり」さん、
ありがとうございました!
それから『茶日記』も拝見しましたよ〜!
リンクの件はモチロン大歓迎です!ありがとう〜!

(柳沼由紀枝)
Message #10
From:  zat

はじめまして。
 CDを消失してはや幾年。「痛み」のみカセットであったものをMP3で保存して聞く事6年....................
昨日、友人宅で、なにげにCDラックを見ていたら、「クレヨン社の展覧会」を発見!
そういや、通常音質の「痛み」聞きたいなぁ、とダビングしてもらい、まさに今聞きながら、「そういや、近況ってば?」と検索してみたら.............吃驚!(@ ̄∇ ̄@)/
祝!復活! まさに、復活ありがとうございます\(∇⌒\)☆ア☆リ☆ガ☆ト☆ウ☆(/⌒∇)/
 早速、サンプルをお願いしたところです。
のんびりでいいんです、お二人の満足できるアルバムを、待っております。

zatさん、検索してくれてアリガト!
「クレヨン社の展覧会」をお持ちになっていた、そのご友人にも、是非っ是非っ、このHPの事、ニューアルバムの事、お伝えして下さいね〜!
よろしく〜♪

(柳沼由紀枝)
Message #11
From:  宮本 穣(HN)

はじめてお便りします。
何の前触れもなく「誰もが祈りを忘れたけど…」のフレーズが頭を回りだしたので
<そういえばクレヨン社ってどうなったんだろう?>
と思って検索してみたら、ここに着きました。
 瞬間、にやりとして、読んでいくうちに涙が出てきました。
活動再開、どうもありがとうございます。
 僕はただ待っていただけでしたが、陰でいろんな努力をされてきた方々には、ほんとに頭が下がります。
 近々、僕にとってのクレヨン社について、長文をお送りすると思います。
その節はよろしくお願いします。

Message #12
From:  トッカリ君

はじめまして
今日、ふと思い立ちクレヨン社を検索してみました。
すると、ありました。びっくりです活動してたんですね。
昔、レコード店(まだそう呼んでました)で偶然見つけて以来、発売の度に購入していました。
全部で7枚 そうか、すべて持っていたんだなとちょっとウレシクナリマシタ。
なにやら新しいアルバムが出そうなようで。
楽しみに待ってますよ。

Message #13
From:  W.Y

初めまして。遅ればせながら、復活おめでとうございます!!
いつか必ず帰ってくると、本当にずっと信じて待っていた甲斐がありました。
10年以上前、図書館でCDを借りて以来ファンです。
最近、ファンサイトはあるかな?と検索サイトでクレヨン社を探したところ、ご本人様方のサイトがあって、ビックリしました。
そして、OYさんのホームページで夜間飛行のサンプルを取り寄せ、久しぶりの新しいCDを聴いています。
柳沼さんの温かい声も、加藤さんの爽やかなサウンドも変わらず懐かしくて、とてもうれしかったです。
新しいアルバムが出来上がるのを楽しみに待っています。頑張ってくださいね。

Message #14
From:  ささりんどう

 拝啓
 平成元年に、はじめて貴社(笑)の曲を聴き、その頃は毎日のように聞いておりました。
 20代後半から、何やら身の回りの変化が大きく、ずっと口ずさんではいたのですが、音楽を聴くということから遠ざかっていました。
 昨日、何とはなしに無性に貴社の局が聞きたくなり、CDを取り出し、最近はすっかり妻に占有されていたCDラジカセ(平成元年購入のアタリもの)でしみじみ拝聴しておりました。
 今日、ふと、「そうだ、インターネットがあるじゃないか」と思い、貴社の社名で検索すると・・・このページ!
 うれしかったです。
 あの頃は自分の非である部分も含めて、辛いことが多く、その中で貴社の曲を聴いておりました。
 今は、色々はあるのですが、おおむねはおだやかな日々です。益々のご活躍を切に願っております。

Message #15
From:  H.N 妃間 仁

 その名前も曲も、長い事忘れていました。
 検索結果の隅に引っかかる様に表示されていたその文字列を見て、知らないうちに自分の中に埋めてしまっていた「あの時」を鮮烈に思い出し、たまらなくなって書き込んでいます。免罪符のように。
 思い出し掘り出しててまったからには、もう一度、「あの頃の自分」と向き合っても「今」を生き抜く勇気が湧いたと自分を信じ、試したくなりました。
 「あの頃」も「今」も私の背中を押し続けて頂いて、本当にありがとうございました。
 アルバムを楽しみにしています。

Message #16
From:  gakep

久しぶりに押し入れから昔のCDを引っぱりだしました。
浪人生のころによく聞いたCDです。
『あの人達は今どうしているのかな?』
そんな気持ちでネットで検索したのがここでした。
egg-manやパワーステーションにいったのはもう15年も前の話になると考えると、年をとったなと寂しくなります。
 其れはさておき、復活おめでとうございます。
月日は経ちましたが、またお二人の曲を聞けるのを楽しみにしています。

宮本 穣さん、トッカリ君、W.Yさん、ささりんどうさん、妃間 仁さん、gakepさん、
クレヨン社を思い出してくれてありがとう!
もうまもなくニューアルバムをお届けできます!お待ち下さいませネ!

(柳沼由紀枝)
Message #17
From:  K.K

こんにちは。もしかしたら2度目かもしれません。
「みんなの声」第5回のK.W (或はK.H)さんが自分のような気がする・・・。
(ちなみにK.Kです)
ところでクレヨン社との出会いは、ずーっと昔(自分が高校生くらいの時)オールナイトニッポンかなにか、ラジオ番組でライブの「痛み」を聴いたとき。同じ番組でフェアチャイルドは「おねがいピタゴラス」をやっていた気がします。
記憶があやふやですけど、そのせいで「クレヨン社とフェアチャイルドはデビューが同じ頃」ってイメージなんですけど、あっているでしょうか?
あと、個人的に自分のサイトで毎日聴いたCDの感想とか書きつづっています。願わくばクレヨン社ニューアルバムの感想を今年中くらいには書けたらと思っている次第で御座います。

そうです。『みんなの声 第5回』にも登場してますので2回目で〜す。

名前のイニシャルはKさんでしたか〜、失礼しました!
さて、「オールナイトニッポンぶっ通しライブ」では確かにフェアチャイルドさんと一緒でした。
記憶があやふやですが、一回目に出演させていただいた夏の放送の時だったのではないかしらん?
詳しくは分かりませんけど…たぶんフェアチャイルドさんと同じ頃のデビューだったのだと思います。
さて、K.KさんのHP「気分次第で弓日記」の「日々是好日」も見せていただきました。
ニューアルバム発売の暁には、ぜひK.Kさんの日記にもコメントを書いて下さいね!
よろしくお願いします!

(柳沼由紀枝)
Message #18
From:  きつねのるーと(その1)

 いろいろと言いたい事はあるのですが、
まずは、復活決定おめでとうございます。
私は、古代竜さまのところのぴんくのくれよんのライターをしていた、きつねのるーとです。さて、小熊さまや、古代竜さまからの報告もあったかとは思いますが、去年の冬コミについてレポートを書き込ませていただきます。
ご存知の通り、今回の冬コミでは小熊さまのご尽力によりサンプルCDの配布が行われたのですが、私がそのことに気が付いたのは二日目の午後、古代竜さまのサークルに挨拶に立ち寄ったときのことでした。
それで、小熊さまに挨拶とサンプルを戴きにいきました。そこで、小熊さまから予想を超えた反応があると返事を戴き、私は調子に乗っていろいろとおしゃべりを楽しませていただきました。
それにしても、クレヨン社のファンがコミケに参加していたのは知っていましたが、これほど多くの方が参加していてしかもHPを作っていたとは思いもしませんでした。
そこで、私からCDの売り方について提案がいくつかあります。
まずその1です。
 クレヨン社で次の冬コミのサークル参加をしてはいかがでしょうか。
(次は夏なのですがサークル参加の受付は終了しますので)
申し込めば必ず参加できるわけではないのですが、受かれば私どもと直接手渡しでCDをやり取りできるのは大きなメリットかと思います。
同人誌即売会に音楽CDは・・・って不安は無用です。コミケでは今、同人音楽がちょっとしたブームになっていて、ゲームやアニメの曲のアレンジCDや、オリジナルの曲をCD化しているサークルも多数あります。
中には、オリジナルヴォーカルソングをやる所もありますから、場違いと言う事は全くありません。
 その2は、その延長上にあるのですが、その手の同人音楽を委託、もしくは買い取って代理販売するショップがあります。主に、秋葉原を中心に展開されているので秋葉系ショップともおたくショップとも言われている所を使ってはいかがでしょうか。
ぶちゃけ、店名をはっきり言うとメッセ・サンオーとかメロンブックスとかとらのあなとかです。
こちらは、お店で通販に対応していますし、ネット上でも商売をしているところですから、地方在住でも手に入れやすいのがメリットになります。
通販をクレヨン社だけで対応するのはかなりの手間になるかと思いますし、そんな手間にお二人が追われたら、レコーディングが進まないのではと思ったので、書いてみた次第です。
まぁ、インディーズCD専門のところや、HMVのような所の使用を考えていたとは思いますが・・・・

Message #19
From:  きつねのるーと(その2)

さて、以前書き込んでみた秋葉系の同人ショップに商品を置いてもらうことのデメリットに気が付いたので緊急に書き込みます。
あのてのショップは、女性には行きにくいと言う欠点があるのを忘れていました。取り扱う商品の九割が男性向け同人誌(アダルトオンリー)なので、下手をすると男性でもあんな恥ずかしいとこに行けるかー!な、わけでして・・・
ただ、それを乗り越えて買いに行くのがクレヨン社ファンのファンたる所以だと思うのですが、柳沼さまがOKを出してくれるかどうか、かなり微妙ですね・・・

きつねのるーと君、何度もメールフォームに書き込んでくれてありがとう!
『みんなの声』の更新が遅れていたので、すっかりお待たせしてしまいましたね。
しんじゅさんの掲示板や「クレヨン社・大阪支店」の会議室にも書き込んでくれてありがとう。全部読んでいましたよ。
それから、サークルYuMiToは夏コミに受かったそうで良かったですね。
以前YuMiToの古代竜さんがしんじゅさんの掲示板で「アルバムが間に合えば会場で転売する」と書き込んでくれていましたが、やはり予想どおり(!)間に合いませんで、申し訳ないです。
さて、販促の『提案1』ですが、コミケの大群衆は私の体調ではちとハードな気がしますし、加藤もそろそろ「ご老体」ですから、やはりクレヨン社本人が参加するより、若い方たちに「転売」してもらう方がありがたいですねぇ。
また、『提案2』の秋葉原のお店の件は、「アダルト同人誌(…!!)」という事だそうですので、よ〜く、よ〜く、よ〜く周囲とも相談し、慎重ぉ〜に吟味したい(?)と思いま〜す。
きつねのるーと君も夏コミの準備で忙しい頃でしょう。メーンバーの皆さんによろしくお伝え下さい。

(柳沼由紀枝)
Message #20
From:  SAY

こんにちわ、初めましてSAYと申します。
クレヨン社様との最初の出会いは今を去ること十○年前(遠いですねぇ)
塾帰りの友達に「ラジオで録ったんだけど、音が悪くて歌詞があんまり聞き取れないの。聞き取って〜」と渡された曲が「地球のうた」でした。
その時はあまりの録音状況の悪さに、歌詞の半分以上が雑音にかき消されておりテープからの聴き取りを断念。
しかし、私の心には聞き取れた歌声と音が刻み込まれ(すり込み??)忘れられず、なにやらとんでもない無茶をしてCDをゲットしました。
(当時はネットが普及してなかったので、調べ方は本当に無茶しました)それ以来田舎の片隅からひっそりファンをしております。
学校の行き帰り(片道10キロを自転車で20〜30分)のお供に、雨の日も風の日も晴れの日も雪の日も嵐の日も一緒でした。
大学に入り出会った友達にピアノで「地球のうた」を教えて貰い、一生懸命覚えて練習した日々も今では懐かしいです。
(その時に初めてピアノのドがどこにあるのか判ったという事や、楽譜の読み方を知った事は巨大なヒミツです・笑)
最近(本当に今年に入って)復活されたことを知り、とても嬉しく思っております。
そしてクレヨン社布教活動と言うことで、小熊様からリーフレットを預かり、高知で行われたイベントにて(でも出店してたのは友達)配布手伝わせて頂きました。
その時にクレヨン社をご存じの方にお逢いしまして、お話させて頂いたりしてとても楽しかったです。
これからのご発展ご活躍をお祈りいたしております。

高知でのイベントでは、配布を手伝って下さったそうでどうもありがとうございます!
クレヨン社にとっても、高知は思い出深い土地です。
SAYさんに最初に「地球をうた」を渡してくれたお友達に会う機会があれば、ぜひ復活の報を知らせてやって下さいませ。

(柳沼由紀枝)
Message #21
From:  おやじ44

インターネットラジオ聞きました。
ナイスな発想で、大変感動しました。
お二人の語りも始めて聞いて、福島(牧歌的)の風を感じさせられましたよ。
しんじゅさんの努力にも拍手ですね。
しんじゅさんは、私の田舎と同じ仙台の人なのでしょうか?
CDが出るまでは、小学校の遠足で何日もまえからクラスで話し合いを重ね待ちどうしかったあの頃みたいな、ワクワク感が楽しい時間でもありますよね。
インターネットラジオでCD発売まで気長に待っていますから、納得のいくアルバムを作って下さい。

インターネットラジオも、現在は権利問題と私の病気により中断してしまい、しんじゅ様にも皆様にも大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
また再開させていただくつもりですので、いましばらくお待ち下さいね。
それから『みんなの声 第5回』のしんじゅさんの書き込みに、「クレヨン社との出会いはFM仙台」とありますように、おやじ44さんの出身地と同じ仙台の方です。

(柳沼由紀枝)
Message #22
From:  くじら (加藤秀之)

 2ヶ月のゴブサタです。
ラジオオンディマンド開設、おめでとうございます!
しかも短期間で第2回まで発表…、君達もやればできるじゃないか(スイマセン)。
それが著作権で、、、(>_<)
難しいんですね。
でもこれもまたクレヨン社らしくって、いいんじゃないですか。
われわれファンは待ちますんで。
…既に10年待ってますんで(^^ゞ。
さて私はいよいよ5月末で退職を決めました。
まだ会社に入ってないんで、どうなるか不明ですが。
次の会社のオファーは来ているんですが、本当に次もサラリーマンにするのか、でもまだまだ遣り残したこともあるし、一層短期限定のサラリーマンにするのか。本当にやりたいのは、以前も話した「航海図のない船」のに出てくるような小さなレストランをやることなのかな。でも具体的にその準備をどうするのか、まだ何もできずにいます。
さて、以前書き、加藤さんに尋ねられていましたこのHPのマニアックな点。
シンプルなデザイン、意味不明な福助、開き直った内容、確かにクレヨン社らしい。でも一般的ではないですよね。
デザイン的には、個人的には「ギャラリー」のコーナーの白い背景はきれいですよね。ただアイコンの黒の中の黄色いあのフォントは、ちょっと浮いてますよね。
その他のコーナーのデザイン。シンプルで慣れると気持ちいいです。慣れるまでは「安っぽい、安直なHP」という印象はありますよね。フォントを変えたり、季節の写真・絵を入れたりはどうですか?特にフォントを変えるともう少し洗練されるかもしれないですね。タイトルはクレヨンでの自筆(コテコテかな)なんてどうでしょう?その他の文字も丸字ゴシックとか、もう少し温かみが欲しいです、個人的に。
相変わらず勝手なことばかりスイマセン。
今日は休みが取れたんで、デパ地下の弁当でも買って花見に行きます。そういう時間をもっともっと作るぞ!
それでは、また!

レストランというお仕事も大変でしょうが、くじらさんはいつも強い意志を貫き通してきましたから今後も自分の信じた道を歩いてゆくんでしょうね!
私も陰ながら応援しています!
さて、このHPのデザインがあまりにも不評なので、加藤はいずれ変更するつもりのようで〜す。
はてさて…どうなるやら…!

(柳沼由紀枝)
Message #23
From:  すぬすぬ

どうでもいいことなんですが、思わず笑ってしまったので。
ここのトップページの更新情報のスクロールバーを上げてゆくとお花畑を船で進んでゆく波平モドキがいるんですが、あれはアルバム「地球のうた」のジャケットの女の子の親戚かなにかですか?

あれは『お菊巧芸』さんから使わせていただいているキャラクターです〜!
私と加藤には大ウケだったのですが、クレヨン社ファンの方々には違和感を覚える方が多いようなので、残念ながらHPリニューアルの際には外す予定でおります。
すぬすぬさん、このキャラがお好みでしたら、当HPのリンクより『お菊巧芸』さんを御覧下さい。面白いでっすよ〜!

(柳沼由紀枝)
Message #24
From:  aki

加藤さん、柳沼さん、はじめまして。福島在住のakiと申します。
何気なく検索したらこのサイトを見つけ、クレヨン社復活の報を知りびっくり!!
2chでもスレ立ってるし・・・。アルバム絶対買いますからがんばってください!!!
クレヨン社との出会いは、まだ僕が高校生だったころに、当時好きだった女の子からCDを借りて、という経緯でした。
子供の頃から音楽は好きでしたが、元々「詞」のついた曲よりも、サントラ系の曲が好きだったので、ポップス等にはあまり興味がなかったのですが、「まぁ、あの子が奨めるんだから・・・」という気持ちで聴いてみたら・・・ハマりました。思いっきり。(^^;)
やっぱり「痛み」の冒頭、「シャキン! それっ!!」ですね。もうあれだけでツカミはOK。
そして最後のまくしたてるような自分への問い掛けでダメ押し。
まるギャバンのマクー空間(古いな〜^^;)よろしく、クレヨン社ワールドに引きずり込まれました。
その子とは結局、ほんの短い期間だけおつきあいをして、その後しばらく言葉も交わせない日々が続きましたが、最終的には男とか女とかの概念を超えた親友になることができて、お互いに相手を見つけて結婚した今でも、もっとも大切な友人となっています。

高校を出て就職し、最初の給料でそれまでに出ていた3枚のアルバムを一気に買い、その後に出た2枚のアルバムと合わせてクルマに持ち込み、通勤の際に毎日聴いていました。
今では自転車通勤となり、のように聴いていましたが、ふと気がつくとクレヨン社と出会ってからはもう15年も経っているんですね。
「オレンジの地球儀」は、僕にとってまさに「この歌懐かしいね。高校時代よく聴いた」になっています。うちの高校の制服は紺色ではなくグレーでしたが、確かに今思うとまぶしいです。
柳沼さんに、ずっとお聞きしたかったことがあるのですが、「東京夜景」と「星など見えぬ街で」「さよならボーイフレンド」って繋がってるような気がするのですが、そのように意識なさって作ったのでしょうか?
女性のほうはクリスマスのときにはもう心にケジメつけてるんだけど、男性の方はいざ別れの季節が来ても全然気持ちの整理がつかなくて彼女と喧嘩してしまう。でもお別れの日はちゃんと彼女を駅まで見送りに行って・・・。
もしくは秋に彼女から「故郷に帰る」と打ち明けられ(星など見えぬ街で)、クリスマスを一緒に東京タワーで過ごし(東京夜景)、翌春、ついに別れの時を迎える(さよならボーイフレンド)とか・・・。
「星など見えぬ街で」の挿し絵にトンボが描かれているから後者かな・・・。
それと、柳沼さんのご出身校ですが、磐女と平商という2つの説が流れておりますが、どちらでしょう???
なんだかクレヨン社のお二人がいまでも活動しているのを知って嬉しくなって、浮き足立ったメールになってしまいましたが、ちょうど今自分のサイトのサーバー移転をしているところでして、ちょっとコンテンツの整理をしていたところ、昔、Mindscapeという日記を掲載していたころの記事がありましたので、以下転記します。クレヨン社の曲に勇気づけられる、一ファンの駄文と思って、読んでやってください。
では、機会がありましたらまたメールいたします。アルバムのほう、期待しています!! よろしくお願いします!!

(以下、かつて掲載していた平成12年8月28日の「心の情景」より)
 昨日の夜の出来事・・・。
突然、電話のベルが鳴る。
受話器を持ち上げると、見知らぬ若い女性の声が「10月に結婚式を挙げるので、ビデオを撮ってほしい」と言う。
どうやら、私がかつて撮影した高校時代の友人の結婚式のビデオを見て、それを気に入ってくれたということらしい。
その女性は、私が撮影した友人の、クラスメイトの妹さんだった。
ということは、その女性のお姉さんも、私と同じ高校だったということになる。
私は、久しぶりに卒業アルバムを開いた。
 10年も前に卒業した高校の、しかも学科も違う異性の顔を憶えているわけもなかったが、そこに写っている彼女の笑顔になぜか惹かれた。
いや、正確には彼女の笑顔を通して、10年前の自分たちの高校時代そのものに、強く惹かれたと言うべきだろうか。
 えも言われぬ思いに囚われて、ページをめくる。懐かしい高校時代。
新設校とは思えぬ古い校舎、建築途中の体育館、懐かしい先生や友人の顔・顔・顔・・・。
グレーのブレザーに、男子はエンジのネクタイを絞め、女子は同色のリボンを結ぶ。その姿は、とても眩しい輝きを放っている。
現在も同じ制服ではあるが、彼女らのスカートの丈の長さに、10年という時の隔たりを感じる。
誰が、どんな仕事に就き、どんな人生を送っていくのか、まだ誰にもわからなかった時代・・・。
全く先が見えていないにも関わらず、彼らの笑顔は希望と自信に満ち溢れている。
 思い出したように、古いCDをかける。
こんなときに聴く曲は、クレヨン社の「オレンジの地球儀」だ。
何度聴いても、いつ聴いても新鮮で、そして懐かしい。
 「あの頃 未来は虹の彼方だった 何にでもなれそうな事を考えてた」
 アルバムに目を戻す。
ふと、10年前の自分と対面した。真摯にこちらを見つめている。部活動での集合写真だ。
その眼差しが胸に刺さる。そのまま肋骨を通り抜けて、心臓を抉り取られるかのような感覚。思わず目を逸らしたくなるのは何故か。
それでいて、その写真から目を離すことができない。この少年は、私に何を言おうとしているのか・・・。
その答えは、自分の中にある。
10年前の自分に堂々と向き合えない、情けない自分がここにいる。
「僕は、君が思うような大人になれているかい?」
と、自信を持って問い掛けることができないのだ。
 「私さえも 多分変わってしまったのでしょう」
 ヘビに睨まれたカエルのように、体も思考も止まっていた数分間を抜けて、取り乱す前にアルバムを閉じる。
部屋を満たす「オレンジの地球儀」の優しいメロディとは裏腹に、頭の中には「痛み」の歌詞が怒涛のようにこだまする。
 「いつか大人の表情に慣れて 瞳の色はこんなにも変わったよ」
 「僕の中で大事なものが さびた線路になろうとする事に気付く」
 「傷つく事におびえてないか? ひたむきでいたい自分をだましてないか?」
 「いたずらに時を憎んでないか? 招かれるままに明日へ流されてないか?」
 「汗も流さず甘えてないか? 生ぬるい部屋飼い慣らされちゃいないか?」
 「見ないふりして逃げていないか? 物分かりのいいふりをしてあきらめてないか!?」
 大人になるというのは、強さと同時に弱さも手に入れてしまうのか。
体が熱くなり、全身の毛が逆立つ。自分に殺されたような何とも言い表せない理不尽な虚無感を感じつつ、アルバムを片づけて寝室へ向かう。
妻と娘は、もう眠っていた。
二人の寝顔を覗き込み、妻のお腹に手を当てる。中で二人目の子供が動くのを感じ、次第に責任と自信が姿を現す。
やがてそれは希望へと変わり、頭の中を占領していた絶望を遠くへ追い遣る。
様々な思いでごちゃ混ぜになりながら、私はだんだんと意識を失っていった・・・。
 ・・・気が付いたら朝になっていた。
また新しい一週間の始まりだ。幾つもの夜と朝を繰り返して、人は大人になっていく。
自分に対しての問いかけができるうちは、線路の錆びを磨いて輝きを取り戻すことだってできるだろう。
そうだ、その通りだ。いつも自分を見つめ続ければいい。
等身大の自分で、そのときの精いっぱいを生きればいい。
立派な大人になれなくても、自分が自分として、家族と健康に生きることが出来れば、それが幸せだ。
頭の中に流れるクレヨン社の歌詞は、いつしか「ノラ」に変わっていた。
 「あせったって 逃げ出したって 明日はやってくる!」
 朝食と支度を済ませ、妻が作ってくれた弁当を持って玄関を出る。
階段を降りて自転車をまたぐと、頭上から「行ってらっしゃい」と声が聞こえる。
見上げると、パジャマ姿の娘がベランダで手を振っている。
朝の日差しは眩しく、まだしぶとく居残る夏を感じさせる。
私は娘に手を振り、いつもと同じようにペダルを漕ぎ始めた。
 「行ってきます!」(^^)/

はい、akiさんご推測のとおり、「星など見えぬ街で」「東京夜景」「さよならボーイフレンド」の順ですね。
更に今度のアルバムには、この続きとなる曲が入っていますよ!
それから、私の出身校は『福島県立磐城女子高等学校』です。
『オレンジの地球儀』の歌詞は、
〜急な坂を駆け上がれば
 あふれるような桜並木〜
でしたが、平成13年には共学になって、校名には「桜が丘」が入り、
『福島県立磐城桜が丘高等学校』と変わったそうですね。
クラス会にも参加しなかったので詳しいことはわかりませんが、さっきHPをみたら今年平成16年は創立100周年だということで驚きました。
さて、akiさんの「心の情景」とても感銘を受けました。
文章が長いのですが、皆様にも読んでいただきたいので、原文のまま載せました。
どうもありがとう!

(柳沼由紀枝)
Message #25
From:  M.S

突然失礼します
覚えていらっしゃいますか?スクラップタウンラバーズのKey、M.Sです。
サイトを見つけて興奮しながらこれを書いています。
あれから何年経ったでしょうか?
今は大阪でLIVE HOUSEをやってます。もちろんバンドもやってますよ!
当時、加藤さんに我々の曲の「ラ〜ヴ♪」のところが歌舞伎みたいでいいなぁって言われ、心の中でこの人凄い面白い解釈!すごいなぁ!!って思っていたのを思い出しました。
とにかくクレヨン社が存在してることが凄くうれしくてメールさせていただきました。

ご無沙汰してます〜!
諸事情+私の病気などの理由で掲載が遅くなってすみませんでした〜。
加藤からはメールを出させていただいたと思いますので、ここでは私、柳沼が書かせていただきます!
M.Sさん、もちろん覚えていますとも!
『東京新波88』でご一緒しましたね。
今はライブハウスをやってらっしゃるんですか〜!ステキですね〜!
HPも拝見しましたヨ!
写真では、やはり昔の面影がありますね!懐かしいです!
もしスクラップタウンラバーズ時代の他のメンバーの方にお会いする機会があったら、是非ヨロシクお伝え下さいませ!

(柳沼由紀枝)
Message #26
From:  錫(suzu)

 加藤さん、柳沼さん こんにちは。

販促アイデアはあまり思いついていないのですが、こんなのどうかしら?をひとつ。
☆ファンによる「クレヨン社応援HP」増設祭り(?)
 ホームページ作成可能な環境にいるファンが応援サイトを作る!というおふたりの頑張りとは違った場所での活動なのですが、ファンサイトが多ければその分人目に着きやすいかなと思った次第。
 というわけで、1/1スタートで応援ページを作ってみました。(笑)
あまりに急ごしらえだったため、内容の薄さは否めませんが小熊善之さんがリンクしてくださいました^^
 そこでひとつ質問・お願いの類なのですが、CDジャケットをHPに載せたいのですが如何なものでしょうか?王様レコードは許可をしていないということが王様レコードHPで確認できたのですが、NECアベニューは連絡先がわかりませんでした。
 こんなことをご本人に言うな!という気も致しますが・・・・・・お返事面倒でしたら「ダメ」の一言で結構です^^;
 ちなみに一番載せたいのはお二人のお顔です。^^
「販促じゃないじゃん!」といわれればそれまでですが・・・・・・また何か考えておきます。今度はもっと有効な方法を^^
 個人的なことではございますが、このたび結婚することになりました。披露宴ではBGMのメインをクレヨン社にしたいと思っています。結婚後は関東に移り住みますので、もう飛行機を利用しなくてもライブに駆けつけられます!うふふ^^
錫(suzu)ことK.Aでしたm(_ _)m

錫さん、結婚おめでとう!
HP『彩り雲の彼方に』を拝見すると、もう関東に引っ越しをされたようですね。
錫さんの主婦ぶりが伺える『ごはん日記』も楽しく見せていただいてます♪
クレヨン社コーナーも、ニュースがある度にマメに更新してくれてありがとう!
(クレヨン社の略歴も完成させてくれてましたね。)
さて、クレヨン社の写真の件ですね。
うふふ…実は私、すっかりリバウンドしてしまいほぼ4枚目のアルバムの頃に戻っていまして…!
まあ、私が減量するまで(いつだよっ!)『クレヨン社年表』の写真でも使っていてくださいな。

(柳沼由紀枝)
錫さんメールありがとう!
ここから加藤が補足させていただきます。
ファンによる「クレヨン社応援HP」増設祭り、ぐっどあいであです。遠慮はいりません。ガンガンいってください。こちらのサイトの情報もどんどん利用してくださいませ、でもイラストなどクレヨン社本人以外の著作物は転載できませんのでご了承ください。またクレヨン社年表の写真など画像を使用される場合はこちらまでご一報ください。

なお、インターネットラジオを始めるにあったって、ホリプロと権利問題で話し合いをしましたが、後日、ファンサイトでのジャケットの使用について、ホリプロの法務部より以下のようなメール(抜粋)が届きましたので、そのまま添付いたします。参考にしてください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ファンの方のサイトでのクレヨン社ジャケット使用について、
前回細かいお話はしていなかったと思いますので、
これも誤解があってはいけませんので確認させていただきます。
放送局でも出版社でももちろん一般の方でも、
レコードジャケットを何らかの方法で使用したい場合、
ジャケットの権利をもっているところ(レコードメーカーのことが多いがそうでないところもある)
および、アーティストの事務所に許諾を得る必要があります。
レコードメーカーの場合、使用料金を徴収しているところもあります。
また許諾が得られない場合もあります。
弊社としては当時のクレヨン社の所属会社、という立場で
ご協力させていただけるという意味合いですので、
実際にファンの方がそのサイトで使用される場合には、
レコードメーカーおよび弊社に、必ず事前に、ご連絡していただき、
許諾を得ていただかなくてはなりません。
メーカーの連絡先ですが、
NECアベニューから発売されたレコードジャケットの現在の権利の所在については
確認が必要ですのでお時間をいただき後ほど連絡いたします。
5枚目のアルバム「模型風景」のメーカーであるキングレコードの連絡先は、
法務部 03-3945-2356 になります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちなみにNECアベニューの連絡先はまだ届いてません。
殿様レコードは許可しないって話ですか・・・う〜む・・・。

(加藤秀樹)
Message #27
From:  nora

はじめまして。
くれよんふぁくとりーさんが繋がりにくいようなので、こちらから提案してみます。
さて、今回インターネット配信についての公式見解が出たようですが、ジャスラクへの対策は別にして、配信そのもののコスト削減への情報を提示してみます。
つまり、ジャスラクの「商用配信」の条件は緩和できません、あしからず。
http://www.peercast.org/jp/peercastというストリーミングサーバ/クライアントソフトがフリー(無料)で公開されています。
もう一つはIcecastです。
http://www.icecast.org/
それぞれ運用には特長がありますが、クレヨン社さん自身でサーバを用意し(古いPCにwin2000等一台あれば程度です)常時接続環境(ADSL程度で十分)さえあれば、バカ高いコストをかけずとも常時ネットラジオを配信する事が可能です。
詳しい話は省きますが、興味がありましたらレス下さるか、ネットラジオ配信方法のドキュメントがあるのでご覧下さい。
http://spill.jp/
著作権処理をすればですが、無料の配信サーバも存在します。
http://www.ladio.net/
配信コストそのものはいくらでも抑えられます。問題はジャスラクの規約のみだと思われます。
以上、参考になればと思っております。
廃盤アワーを待ちながら……。
--
のらDJはインターネットラジオDJを応援してます。
http://wanderingdj.blogtribe.org/ http://d.hatena.ne.jp/wanderingdj/

ネットラジオに関する情報ありがとうございます。
話が二転三転して現在のインターネット音楽配信に落ち着いたのはご案内の通りです。また近々くれよんふぁくとりーにてトークのみのインターネットラジオも再開する予定でおります。
さらに、クレヨン社もそろそろ新譜が出るわけなので、なんとかネット環境を整え、権利問題を解決し、このサイトで新曲を試聴できるようにと考えておるわけですが、僕(加藤)はネットに関してちんぷんかんぷんなので、残念ながら、のらさんの話についていけません。
ここはひとつ、困ったときのお助け役、クレヨン社webmasterに登場していただきます。
初登場!クレヨン社webmasterです!どうぞ!

(加藤秀樹)
 こちらでは初めまして。クレヨン社webmasterです。
 noraさんの仰るとおり、技術的にはなんとかする方法はあったのですが、何しろ「自己使用」が認めらずJASRACの料金規定が適用されることになってしまいまして……。
 コスト=JASRACに払うお金、ということになってしまいました。
 一曲くらいならなんとかなるかもしれませんが、クレヨン社のお財布事情ではとても気軽にできるものではありません。
 幸い、旧譜の一部に関してはmusic.co.jpでの有料配信が開始され、しかもずいぶん長い間週間ランキングに入り続けることができまして、クレヨン社関係者の意気は上がっております。
 「誰にだって朝陽は昇る」に関しましては、JASRACとの交渉を始めたばかりですが、首尾よく配信が認められました暁には、お知恵を拝借することもあるかもしれません。その折にはまたよろしくお願い致します。

(クレヨン社webmaster)