みんなの声
ホーム   クレヨン社   アルバム   加藤秀樹   柳沼由紀枝
  クレスポ   プロフィール   ネット  ギャラリー   みんなの声   メール   Q&A   リンク
 
みんなの声 第4回

Message #1
From:  たかさん

私は今高校三年生です。地球のうたを聞いて、
すげーいいきょくじゃんと思い、苦労した末にやっと手に入れることが出来ました。
この歌を友達に聴かせたところ、「最高じゃん」と、言ってくれました。
ぜひ新曲のアルバム制作づくりをがんばってください。期待してます。

Message #2
From:  シゲル

初めまして こんにちは。私は現在高校3年生のシゲルという者です。
遅ればせながらHP開設おめでとうございます!
私がクレヨン社に初めて出会ったのは中学2年生の時です。
当時友人がカセットに「辻ヶ花浪漫」の曲を入れて私に貸してくれたのがきっかけでした。
(なぜか辻ヶ花浪漫だけでした;悲)
今までに聴いたことの無い繊細な音楽にものすごく感動しました。
しかしCDがなかなか手に入らず、泣く泣く諦めてしまったのが悔やまれます。
今こうやってクレヨン社のお二人へメールを打っているのが夢見たいです。
昔のアルバムが入手困難なのは残念ですが、NEWアルバムとても楽しみにしていま
す!
それでは乱文失礼致しました。
これからも頑張って下さい、応援し続けます!!

お〜っ!現役高校生が二人も〜っ!
たかさんやシゲル君のような若者がいるうちは、この国にも希望がありますっっっ!(涙)
メールを下さる大部分の方たちはファン歴が長く、年齢も20代〜30代の方が多いのですが、たいてい皆さんも中高生〜大学生時代にクレヨン社に出会っているようです。
たかさんもシゲル君も、これから大人になりやがて社会人になっていきますが、どうぞ、長〜いおつきあいをお願いいたしますネ!

(柳沼由紀枝)
Message #3
From:  紅の熊

昨日、11月18日(火)午後6時36分、無事に長男が誕生いたしました。
お二人には「みんなの声」でもお書きくださり、ありがとうございました。
2768グラムで、母子共に健康です。
大切に大切に、育ててゆきたいと思います。
やっぱり、乳児期の情操教育はクレヨン社のCDを聞かせるってことで、
世代をまたがるファン層の確立をめざしちゃおっと。
もう一世代続けば世紀を超えた(ああ、なんてダイナミック)ファン作りも可能かと…。

お・め・で・と・う〜!
ホ〜ント良かったね〜!!
坊やの健やかなご成長をお祈りいたします!
是非っ、立派なクレヨン社ファン(!)に育てて下さい!
私たちクレヨン社も、世代を越えて愛される歌を作っていけるよう、日々精進します!

(柳沼由紀枝)
Message #4
From:  み〜にょん

クレヨン社!
なにもかも懐かしいです。
「痛み」を何度も何度もリピートで聞いていた記憶があります…
卒業以来会ってない友人とバッタリ、と言った気分です。
アルバム、絶対購入します!

 み〜にょんさん、ありがとう!
私も皆さんを、共通の意識・感性を持った「友人たち」だと思って、このHPでの再会を喜んでいます!
また、この「クレヨン社ってまだいたの?」に限らず、
「くれよんふぁくとりー」をはじめとするファンの皆さんによる各HPの方もおおいに賑わって、クレヨン社ファン同士での交流をして欲しいと願います!

(柳沼由紀枝)
Message #5
From:  十奥野細道(とおくのほそみち)

クレヨン社の皆さま、こんにちは。
最近、寝る前に毎夜「地球のうた」を聴いております!
クレヨン社、復活したんすね!
心から応援します。

それはナイスですっ!
「寝る前にクレヨン社の音楽を聴くとグッスリ眠れるんだってさ〜!」
という、噂があるのですっ!
私などは、クレヨン社のアルバムを布団の中で聴くと、
アルバムの途中で必ず(!)寝ます!
2ndアルバム「地球のうた」の場合、
「砂の迷路」で、一瞬ビクッとして起きますが、
そのうちやはり寝てしまい、
CDが終わった事を確認できたことなど一回もありませんっっっ!
とっ、とにかく、
クレヨン社の音楽は「安眠対策」にはバッチリなのです!
更に、不眠に悩む方には「もってこい」の睡眠法もあります!
「ゆきえの部屋・不眠対策」に詳し〜く書いてありますので、
ぜひ参考にしていただきたいっ!
「寝る前に、クレヨン社!!」
コレを日本全国に広めるのがわたしくしの密かな野望ですーっ!

(柳沼由紀枝)
Message #6
From:  K.T

こんにちは。
カラオケに入ってる「地球のうた」を歌ったのをきっかけに久し振りに「クレヨン社」で検索してみたら、な、なんと公式のHPが出来ている!
しかも、活動再開やニューアルバム製作のニュースまで!!
今までもたまに検索はしていたのですが、いくつかのファンサイトが見つかるだけで、
そこでも現在の状況について知ることはできなかったので、
もうクレヨン社はこの世には存在していないのだろうかと淋しく思っていたところでした。

クレヨン社を知ったのは、ファーストアルバムが出た直後くらいで
ライブもTakeoff7の初ライブから、東京でのライブはある時期までは欠かさず行っていました。
そうそう、シークレットライブにも行って「夕映えのグラウンド」用の歓声の一部になったり、
クイズに当たって加藤さんのカメラをゲットしたりもしました。

ある時期から仕事が忙しくなったりして、
DMを頂いてもライブにも行けなくなったりしてるうちに、
新しいアルバムの話もライブの話も入らなくなって、今にいたるという感じです。
それでも時々アルバムを聞き返したり、人に勧めたりということは細々とやってきました。

あの頃、僕はいつも友人たちと数人でライブに行ってたので、
柳沼さんに「ぽんぽこさんチーム」とか言われていたような気がします。

あの頃は神奈川方面に住んでいたのですが、今は浅草に住んでいます。
これからも元気で頑張ってください。ニューアルバム楽しみにしています。
出た暁にはかつての友人たちも含め地味にプロモーションさせていただく所存です。

それでは、またライブ会場で元気なお二人のお姿にお目にかかれるのを楽しみにしてます。

おおっ、ぽんぽこさんだ〜!お久しぶりです!
一緒にライブに来て下さっていた友人の皆さんが、K.Tさんを「ぽんぽこさん」と
呼んでいたので、私もK.Tさんご一行様を「ぽんぽこさんチーム」と呼んでいましたね。
ぽんぽこさんは、初ライブから'91年か'92年くらいまでの、ほとんどのライブに来て下さっていたのではないでしょうか?
ライブの常連さんでした!
そうですか〜、引っ越しをされていたんですか。
きっとDMも返送されてしまっていたんでしょうね。
でもこうしてクレヨン社を検索して下さっていた事が嬉しいです!
ぜひまた昔のお仲間にも宣伝して下さいネ!お願いします〜!

(柳沼由紀枝)
Message #7
From: サブロウ

はじめまして。
今日、ネットの中で偶然にサイトを見つけてメールします。
中学生の頃に、兄が聞いていたきっかけでクレヨン社に出会いました。
僕は27になりましたが、小遣いでアルバムを少しづつ買っていた頃を思い出します。
「地球のうた」や「痛み」や、タイトルは思い出せないけど
「いまは遠くの街で暮らして 毎日混んだ電車にゆられ…なんとか元気にやっているわ」、
「走れ 風にのれ 舞い上がれ 胸をひろげ」
と言う歌詞は僕の宝物です。
解散したものだと勝手に思っていましたが、またアルバムが出ると知ってとても嬉しいです。
販促については何も思い浮かばないけれど、絶対買います。
どうかアルバムを出して下さい。

サブロウさんありがとう!
その曲は「ベストフレンズ」と「翼」ですね。 
またお兄さんにも「クレヨン社復活!」のお知らせをしていただけると嬉しいです。
これからもよろしく!

(柳沼由紀枝)
Message #8
From:  ぼうず

 活動再開、おめでとうございます、いや、ありがとうございます、でしょうか。
 88年に何気なく目にした「クレヨン社はいい」という誰が書いたとも知れない一文
が、クレヨン社を知ったきっかけでした。
少ないバイト代をやりくりして(飲み代を削ってともいう)アルバムを買いました。
けれども、一部のCDはついに手に入れることができず、また、ライブにも行かずじまいで、
そのことをとても残念に思っていました。
 あれから15年経ちますが、いまだに聞き続けています。
CDでよかったと本当に思います(笑。
 新しいアルバムを、熱烈に、そして心穏やかに待っております。
またお二人のサウンドに出会う喜びを想像しながら…

「熱烈に、そして心穏やかに」って表現、ありがたいですねぇ〜!
ぜひそうしてください!
例え「予定が少々遅れている事にうすうす気付いた」りなんかしても、
「心穏やかに」とにかく「心穏やかに」更に「心穏やかに」、
もひとつ、ついでに「気長に忘れず(!)」お待ち下さいネ。
ぼうずさんの「寛大なお言葉」が、
なぜか(…!)、急に(…!!)、特に(…!!!)
身にしみる、今日この頃ですっっっ!!!
ハイっ!加藤の尻をビシバシ叩きます!

(柳沼由紀枝)
Message #9
From:  cocolo

復活おめでとうございます。

はじめまして。クレヨン社大好きなcocoloといいます。
最近活動再会を知り、驚きと狂喜に浮かれてる毎日です。
新しいクレヨン社のサウンドを期待するとともに、アルバムには入ってなかった曲も
聴けるらしいので、とても楽しみにしてます。
頑張ってください!!!

ありがとうございます!
もうしばらくお待ちください!もう…しばら〜く…。もう…しばら〜く…。
お〜い!カトちゃ〜ん!頼むよ〜!

(柳沼由紀枝)
Message #10
From:  ルカ (yakumo.k) rfcの某リスナー ( 現HN . ミサト )

祝! 活動再開ッ!!
お久し振りです。…と言っても解らないかと思いますが。私はラジオ福島で放送され
ていた、某番組のリスナーです。
クレヨン社のお二人がゲストで良く出演されたりしていた、妙なタイトルのアレです。(笑!)
あの頃がとても懐かしいです。まだ、学生でした…。

今は、某病院で看護師をしています。
そして昨年、とあるリスナーと結婚しました。一児の母ですよぉ〜。
月日が経つのは早いものですね…。

クレヨン社のCDを三枚持っていたのですが、数年前に友人に貸したら未だに返って
きません! 
夏頃にクレヨン社の活動再開の話を聞き、CD奪還作戦&中古CDげっちゅぅのダブル作戦を展開中です。

星など見えぬ街で、ノラ、さよならボーイフレンド、模型風景の街、ベストフレン
ズ…他、番組で歌ってくれた曲はみぃ〜んな大好きです!
CD発売を楽しみに待っています。
では、また、メールしますね。

おやっ!これはラジオ福島「サスケネエダ王国」のリスナーですね!
「看護師」で「とあるリスナーと結婚」というと…、思い当たるのは、
ラジオドラマ「53億分の子供たち」に参加した方で、それから97.11.15のライブで花束をくれた方かな…?
(間違っていたらゴメンね。)
お母さんなったとは〜っ!おめでとう〜!
お子さんの健やかなご成長をお祈りいたします!

(柳沼由紀枝)
Message #11
From:  暮 卓

今日、母と外出した時にカーステでBestUをかけていたのですが、
母はCDが終わるまでこの声が「渡辺美里」だと信じ込んでいました。

へえ〜「渡辺美里さん」と思われたのは初めてですね!
よく言われるのは、
「鼻炎の大貫妙子さん」とか「音程の悪い大貫妙子さん」です…。
(大貫様、ごめんなさい!私が言ってるのではなく、第三者がそう言うのです!)
今回のレコーディングで久々に歌ったら、以前にも増してかなり「危うい音程」でした。
このままでは、音程の保証(…!)ができません!
「柳沼・社会復帰・第一弾」となりますこのアルバム、
本番の歌入れまでに「要・リハビリ」です…。

(柳沼由紀枝)
Message #12
From:  anokichi

初めまして、大阪で映像製作を中心に活動しているものです。
みんなのうた缶のページで何気に手の中の魔法を調べたらHPにリンクしていてここ
にたどり着きました。
学生時代からのファンだったので活動再開とても嬉しいです。
是非大阪でライブをしてください。
私が活動拠点にしている大阪の小さな料理店では時々ライブもしていますし、様々な
音楽家も訪れます。
今度の日曜日には天満音楽祭も開催され、大阪の音楽家が集います。
是非是非、大阪へ来てライブをして下さい。
新しいアルバムが楽しみです。
不躾なメールですみません、またお便りします。

大阪っていいですよねぇ〜!
大阪のお客さんはストレートに反応して下さいますし、
また出演者を盛り上げようとする『温かさ』がよく伝わってきました。
皆さんに支えられ、ノセられて、楽しくライブをさせていただきましたよ〜。
実は…私たちクレヨン社は、二人とも「超アガリ性」で人前に出るのが苦手な人間で、
ホリプロと契約する時、
「ライブとテレビは絶対、絶対、絶対、嫌です。レコードだけ出せればいいんです!」
(おいおい…!)
というお願いをしたところ、最初のマネージャーD氏が、
「契約書に書いていないことは無理強いしない。
『ライブをする』って契約書に書いてないんだから、心配いらない。」
と言うコトでした。
ところがーっ!
デビューしたらそんな「口約束」はアッサリ破られ、私たちは重大な事に気付いたのです!
「そっ、そうか、『口約束』なんて効力が無いって事だったのかっ!
 『ライブ・テレビ出演なし』って一文を、契約書に明記しなけりゃならなかったのかっ!」…と。
しかし、そんな私たちでしたが、
実際ライブをやってみれば、しっかり音楽を聴いて下さる優良なお客さまばかりでしたので、安心してライブができました。
当時のイベンター(ライブをしきる会社)も、レコード会社の営業の方たちも、事務所の人たちも、クレヨン社のライブに来て下さる皆様の、「マナーの良さ」「アンケートの回収率の高さ」には感心していました。
中でも大阪は、人情味のある温かい雰囲気でしたので、ライブに限らずキャンペーンでも、いつ行っても楽しかったです!
西の人たちはエネルギッシュでガッツのある方が多いという印象ですが、まさにanokichi さんの周辺には、クリエイティブでパワフルな方たちが集まっているようですね。
anokichi さんのご活躍、私も楽しみにしています!

(柳沼由紀枝)
Message #13
From:  あさつ

高知県人です。高知放送で昔レギュラー番組を持たれていたということで、深いショックを受けております。
つまり、なんで俺はこの番組を見てねぇんだよってことです。
まぁ、初めて知ったのが「展覧会」ですし、
実際に聞いたのは数年後というていたらくなので、物理的に無理なんですが、それにしても悔しすぎる。
せっかくの地元放送局なのに。再放送の予定なんかないですよねぇ。
せめて、どこに行ったか教えてください。
私もそこに行って、おふたりを忍ぶことにします。

おおっ!懐かしいな〜高知!
「クレヨン社高知を行く」は、テレビではなくRKCラジオだったんですよ。
(内容は、高知の名所を訪れてのレポートでした。)
高知放送のN岡氏というディレクターに、とってもお世話になりました。
よく空港まで車で迎えに来て下さって、いろいろ連れて行っていただきました。
高知城、はりまや橋、
桂浜公園&坂本竜馬の銅像&土佐闘犬、
高知県立竜馬記念館、野市町の竜馬歴史館(蝋人形館)、
西島園芸団地、和紙の紙漉き体験、四万十川の屋形船、中村市のトンボ公園…、
各地で色々ごちそうになったり、親切にしていただいたり、
観光気分を満喫できるオイシイ仕事でした!
ところがっ!ある時、
「泥だらけになってもいい、大丈夫な服」で、「滑りにくい靴」で「着替え持参」という謎の指示!
いや〜な、いや〜な、いや〜な、予感がしました…。
そして当日、車で「龍河洞」まで行くとN岡氏が、
「ここは一般観光の鍾乳洞です。しかし、ここへは入りません。
 昔々、日下茂平(くさかもへい)という忍者が修行した、猿田洞へ入っていただきますんで…!」
と言われ、そのまま車は龍河洞を素通りして、怪しげで小さな洞窟へと連れて行かれ
ました。
入り口で管理しているおじさんに冗談で、
「まさか生きて帰れないってコトはないですよね〜!」と行ったら
「昔はありましたが…」という不吉な答え…!
入ってみると、そこは…、
真っ暗で、足場も悪くて、狭〜い、ジメジメした、無気味〜な洞窟でした!
あまりの危なさに、レコード会社のT田さんなどは途中でカメラを落とす始末!
身軽な忍者ならまだしも、私は当時体重62キロだったのですよっ!
しかも、自慢じゃありませんが〜、
小学5年生の時の成績表で「体育1」を頂戴した「運動神経ゼロ」の女なんですっ!
垂直に登る難所では、スタッフ全員で、押せや引っ張れの大騒ぎで、62キロの私を持ち上げたものです!
約1時間ほどかかったでしょうか、出口で、先に脱出したN岡氏に引っぱり出され地上へ這い出た時には、全身泥まみれ!
回りを見わたせば、そこは山の斜面横の、畑近くでした…。
少し先には人通りもあります。
突然レコード会社のT田さんが一言…。
「なんか我々…ヤバく見えないですかね…?」
ハッと気付けば、男4人と、泥まみれの私…。
どうみても「何かあった」ようにしか見えませんっ!
我々は大急いで車に戻りました…。
ふぅ…本当に楽しい(ウソ)思い出ですよ…。

ちょっと今、楽しい(ウソ)猿田洞を検索してみましたら、
http://www.tosajin.com/00unchiku/mohei-1.html
猿田洞入洞のルール
●入洞前に日高村産業郷土資料館(0889-24-5231)か日高村教育委員会
(0889-24-5115)に届け出をする。
●二名以上で入洞すること。
●洞内は真っ暗。強力な懐中電灯を 持参すること。
 動きやすくて、泥だらけになっても大丈夫な服を着用。

ですって〜!
ワタシ的には決っしてお勧めできませんが、
あさつさんさんが、ど〜しても、ど〜しても、
「クレヨン社を偲んで猿田洞へ入りたいっ!」という場合は、
上記の注意を守って入洞して下さいね。
高知の思い出はまだまだ語り足りませんが、長くなりますので今回はこの辺で。

(柳沼由紀枝)
Message #14
From:  乾電池

復活おめでとうございます。
私が最初にクレヨン社の音楽と出会ったのは小学生の頃だったか、手塚治虫先生が亡くなった年の事です。
アニメ『僕は孫悟空』のエンディングに地球のうたが流れていました。
その時いい歌だなあと思い、テレビからテープに録音して何度も聴きました。
でもなにせ小学生だったのでその時はそれきりになってしまいました。
しかし高校生になり、図書館で偶然、アルバム『地球のうた』と再会しました。
とっても嬉しかったです。
優しくてあったかい曲たちは私の大学受験の励みになりました。
大学生になって、一人でリュックしょって鈍行に乗って渋谷エッグマンにライブをみに行ったのもいい思い出です。
いつのまにか私も一児の母になって、クレヨン社の曲は小さい頃を思い出す曲がいっぱいなんだけど、
これからは私の子がひかりのくにに飛んで地球の全てと話ができるんだ〜いいな〜などと思っています。
新しいアルバムも出るとのこと、とても楽しみにしています。どうぞ頑張ってください。

小学生だった乾電池さんが、今はお母さん…感慨深いモノがあります…!
またお子さんにもクレヨン社の音楽を伝えて下さいね。
「手塚治虫物語 ぼくは孫悟空」の詳細は、
http://ja.tezuka.co.jp/anime/sakuhin/sp/sp012.html
です。
やっと私も先日、池袋のビッグカメラでDVDを買いましたよ。
でもエンディングの「地球のうた」の音質がすご〜く悪くて、ビックリでしたが…!

(柳沼由紀枝)
Message #15
From:  タキ

はじめまして 復活おめでとうございます。
非常にうれしいです。 私のHPの掲示板にこのHPのことが書き込まれて このうれしい事実を知りました。
(ひょっとしてご本人のカキコミ?)

今は時々しか聴かなくなりましたが、今から10年前くらいは聴き込みに聴きこんでました。
実は10年前自分の結婚式の入場で「地球のうた」
ケーキ入刀の瞬間「手の中の魔法」  
そして退場には「いつも心に太陽を」を使わせてもらいました。 つまり妻もファンです。

やはり以前 とあるHPにてクレヨン社解散というのを見て残念に思っていましたが、
来年ニューアルバムリリースということで今から楽しみであります。

どうかまたすばらしい楽曲を聴かせてください。
これからは子供にも聴かせて家族で応援していきます。

タキさんのHPに書き込んでくれたのは、他の方ですね〜。
「クレヨン社」で検索して、クレヨン社復活をまだ知らない方たちへ教えて下さっている方々が、何人かいらっしゃいますので…。
すばらしい草の根運動!泣かしてくれます〜!
その書き込んで下さった親切な方にも、またここへ来て下さったタキさんにも、心より感謝いたします!
つい先ほど、上記の乾電池さんのコメントを書くために、「手塚治虫氏 ほくは孫悟空」をGoogleで検索したところ、80番目にタキさんのHPを偶然見つけました。
「クレヨン社は社名ではありません。」のコーナー、
http://www.ne.jp/asahi/kaijyuu/tou/kureyon.htm
ですよね?
ありがとうございます!
ところで、余談ですが私も、
http://www.ne.jp/asahi/kaijyuu/tou/jyuugailink.htm
にあるように、「少年ドラマシリーズ」が好きでした〜!
また、結婚式でクレヨン社の曲を使って下さったとのこと、ありがとうございます!
ご家族さま揃っての応援、是非ともよろしくお願いいたします!心強いお言葉です!
奥様にも宜しくお伝え下さいネ。

(柳沼由紀枝)
Message #16
From:  崖際

20代を共に過ごしたクレヨン社が活動を再開する。
なんとも喜ばしいことではないでしょうか。
私事ですが、ここ2年余り私も病を患って自分本来の仕事・活動ができませんでした。
2年の闘病生活を経て最近、私も自分の仕事・活動に戻りつつあります。
こうしてクレヨン社が活動を再開されたこと、自分のことのようにうれしく思います。
停滞の時期を経て、私も30代の半ばにさしかりました。
クレヨン社の皆さまも素敵な30代、40代を頑張ってゆきましょう。

2年の闘病生活とは大変でしたね。
精神的にもツライ時期だったとお察しします。
私も'99年の10月に身体に変調が有り、'02の4月まで、専門の病院で定期的に検査をしておりました。
(こんな私でも精神的にかなりコタエたようで、初めて「ウツ?」っていう状態に陥りましたよ〜。)
いろいろ検査をしたにも拘わらず、結局、病巣が発見できなかったんですな、コレが…。
謎です。
良性とも悪性とも判断できない「グレー」という診断のまま「経過観察」ですョ。
その後は、おかげさまで異変がなく、昨年の4月に、「今後は定期検診でも良いでしょう。」と言われまして、ようやく気持ちも落ち着きました。
人生には「予期しない事」や「受け入れ難い事」が起きるものだと痛感しております。
まさに「山有り、谷有り」、
辛い時期の後には、また良い事もあるだろうと信じて…!
崖際さんも、最近お仕事に復帰しつつあるとの事、良かったです〜!
お互い頑張りましよう!(無理は禁物ですけどね。)

(柳沼由紀枝)
Message #17
From:  Are

 ただ今病院から帰ってまいりました。
 入院中、販促方法をずっと考えてたのですが、クレヨン社は歌のパワーが一番。
有線へサンプルを配りまくって、みんなによるリクエスト攻撃が一番なのではないでしょうか。
 最近は有線の口コミパワーはかなりの力になります。
モンパチの「恋の唄」や「涙そうそう」など口コミによるヒットがかなりあります。
特にモンパチの場合はインディーズレーベルからのヒットです。
クレヨン社の歌には言霊のチカラがあります。街角で流れた歌は必ず人々へ反応があると思います。
とりあえずファンのチカラで1曲のヒットに力をあわせる必要があると思います。
 あとはインディーズに特に力をいれている山野楽器、ディスクステーションなどへの営業ですね。買えなきゃしょうがないですから。
まあクレヨン社がディスクステーションが購買層にあたるとは思いませんが。
 深夜番組などでも最近はインディーズの番組があったりするので、PVもあればいいんでしょうけど。
まあクレヨン社は曲を聞いてくれれば判ると思います。
 結局無難な考えしか浮かびませんが、クレヨン社側からファンに向けて特定の曲のリクエストをお願いするのは、ファンの結束も固まるのではないでしょうか?
まずは1曲です。その一曲もファン投票で決めたらどうでしょう?
戦略的リクエストですよ。
 と偉そうに書いてますが私の足が治らなきゃどうしようもないのです。
お風呂にも入れないし。まずは自分の生活を安定させることが大事ですな。わはは。
 長々となってしまいましたが、しんじゅさんの方の掲示板も最近落ち着きはじめたようなので、
入院中に書きたかったことをづらづらと書いてしまいました。
アルバム製作、頑張って下さい。

Areさんも昨年はいろいろ大変でしたね!
メールをいただいてからずいぶん経ちましたので、足の方も良くなった頃かな?
入院中も販促アイデアをいろいろ考えてくれてありがとう!
また「販促部長・加藤」が参考にさせていただくと思います。
上記の崖際さんのトコにも書きましたが、
辛い時期の後には、また良い事もあるだろうと信じて…!
今年こそは良い年にしましょう!

(柳沼由紀枝)
Message #18
From:  ラジャ

うわっ、完全に出遅れました自分…。
3ヶ月も気付かなかったなんてファンを名乗る資格があるんでしょーか?
なにわともあれ復活の運びおめでとうございます!!
お2人のノリも全然変わってなくって嬉しいです。
ホントにね、クレヨン社だけは自分の中で毎年ブームが来るんですよ。
無性に聴きたくなって一ヶ月くらいクレヨン社ばっかり聴いて、
そしてまた来年のために封印するんです(笑)
だって手元にある5枚のアルバムだけを一生ループで聴きつづけると思ってたから。
ウン年ごしのニューアルバム期待してます!

そう、伊集院さんのラジオ「Oh!デカナイト」で
「オリジナルジングルコンテスト」というコーナーがあったの覚えてますか?
自分が送ったテープが入選しまして、審査員の加藤さんに「歌がうまい」って褒めら
れたんですよ。
楽器屋さんで出会った女子高生の才能を「育てたい」と思った時ように今度は自分を
育ててみませんか?
というかクレヨン社に入れてくださいっ。

さて、ここからは私加藤が担当させていただきます。
んで、なになに…
クレヨン社に入れてくれだと!…
3ヶ月も出遅れた割には大きいこと言うな…
ラジャ君(男でいいんだよな…)のクレヨン社入社の件は、柳沼がロト6大当たりして、めでたく(株)クレヨン社が設立した暁に募集するので、履歴書でも書いて待っててください。
んで、「歌がうまい」ってオレが褒めたって?じゃあうまいんだよ、間違いない!
しかも「オリジナルジングルコンテスト」で入賞したって?
するとキミは歌って作れるミュージシャンってわけだな!
おうおう!オレたちのライバルじゃねえか!どっからでもかかって来やがれ!(ウソ)
…でも、ラジャ君(男でいいんだよな…)はジングル作るぐらいだから、DTMもやってるの?
だったらこれからは音楽の話題をここに書き込んで、オレの出番を増やしてやってください。
これからもよろしく。

(加藤秀樹)
Message #19
From:  H/N 野坂美並

二度目のメールです。
急に寒くなってきた今日この頃、お二人にはいかがお過ごしでしょうか。

ええと、販売促進案ではないのですが、一つ思いついたことがありまして、メールいたしました。
クレヨン社の曲を、携帯電話の着メロとして携帯サイト配布できないものでしょうか???
自力で作ったこともあるのですが、そこはいかんせん素人。ヘボいものしかできず、
クレヨン社布教委員(委員一名…)としては残念無念でして。
しかしそれには、サイト管理者の加藤さんに携帯電話で閲覧可能なクレヨン社サイト
(iモード・egウェブ・ボーダーウェブ各対応)を作っていただいた上で、
クレヨン社の名曲を着メロとして作成して頂かないといけないわけですが…(苦笑)
こんなのは、布教活動に入りませんかね? 
でも「ユーラシアの風」とか「地球の歌」は着メロとしてなかなかいい感じだし、
「クリスマスの近い日」のオルゴールバージョンなんてのも、雰囲気あるんじゃない
でしょうか?(私だけ?)
もう他の人が提案していらしたら、すみません。

野坂美並さんありがとう!
これって、普通にオルゴールかなんかの音でアレンジして音源作れば済むことなのかな?
音源じゃなくてデータやら何やらと難しくなってくると僕はお手上げなんだけど…
その前にiモード・egウェブ…とかいうのも偉く難しそうで…
どなたかこの辺のところ詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。
この野坂美並さんの着メロ販促案は十分検討させていただきます。
でも、今着メロ作ってると「早くアルバム作れ!」と非難を浴びそうなので、発売後にとりかかることといたします。

(加藤秀樹)
(筆者後書き…詳しい人から指摘を受けましたが「iモード・egウェブ」ではなく「iモード・ezウェブ」が正解だそうです。)
Message #20
From:  S.T

クレヨン社が復活しつつあるというニュース、このサイトに迷い込んで初めて知りました。
とってもうれしいです。
自分のホームページでも宣伝したいのですが、バナーがないですね。
やはり、今後の広告宣伝活動にはインターネットは欠かせません。
ここはひとつ、クレヨン社ならではのバナーを作っていただき、それをあちこちのサイトに張りまくって宣伝しましょう!
ご検討下さい。

S・Tさんありがとう!
僕はバナーとは何者か知らなかったのですが、
どうやら旗印であることを知り、福助印のバナーを作ってみたのですが、
どうも福助キャラは不評だという噂をちらほら耳にするようになり、
とりあえず封印しております。
もう少し皆さんに親しまれるバナーが出来上がったら公開しますんで、
もうしばらくお待ちください。

(加藤秀樹)