みんなの声
ホーム   クレヨン社   アルバム   加藤秀樹   柳沼由紀枝
  クレスポ   プロフィール   ネット  ギャラリー   みんなの声   メール   Q&A   リンク
 
みんなの声 第3回

Message #1
From:  薬屋

クレヨン社復活!!!!!!!!! うれしいー!!!! 
中学生の頃にラジオで「痛み」を聞き、なんじゃこの歌は!
と衝撃を受けたのですが、その時はアーティスト名も、タイトルも聞き逃しており、
探す手段がありませんでした。 
高校に入ってから何気に手にとったCDが、「地球のうた」でした。
それを聞きこの声は!と思い、改めて「痛み」を探したのですが、当時は見つかりませんでした。
それからしばらくして「クレヨン社の展覧会」をCDショップで見つけ、迷いもなく購入! 
高校では生徒会に入っていたので、生徒会室で聞くこともしばしばありました。
そのときの後輩が、クレヨン社を気に入り、ハンディカラオケ(最近みないなぁ)で歌ったりしておりました。 
クレヨン社 復活 の文字をネットで見つけた時上に書いた事が一瞬に思い出されました。
私の思い出とともにあるアーティストの復活はうれしい限りです。
これからも期待しています。
早く新曲が聞いてみたいです ハヤク!ハヤク! 
とりあえずFM滋賀にリクエストを出してみたいと思います。

薬屋さん、ありがとう!
こんなに喜んでいただいて嬉しいです。
この励ましが「納期遅れの加藤」をやる気にさせてくれるのです!
高校時代の生徒会室のエピソードも目に浮かぶようですね。
私も「オレンジの地球儀」の学生時代を思い出しました!

(柳沼由紀枝)
Message #2
From:  TAC

復活おめでとうございます。「痛み」を初めて聴いてから、もう15年くらいになるのでしょうか…?
シングルは買ってませんでしたが、アルバムは買わせて頂きました(たぶんすべて)。
新アルバムは、当然買います!
CD買うくらいしか出来ませんが、応援させて頂きます。
もちろん友人知人にはお勧めしています(入手困難なのが痛い…)。
頑張ってください!!

TACさんありがとう!
今のクレヨン社にとっては「CDを買って下さる」事が一番の応援です!
お中元・お歳暮、入学祝い、就職祝い、出産祝い、新築祝い(?)など御贈答品として、またはその他、各種プレゼント・会社や町内会のイベントの景品まで(???)幅広くご用立て下さい!
よろしくお願いします!

(柳沼由紀枝)



Message #3
From:  youyama

こんにちは。
クレヨン社の最新アルバムが出るとファンページで見て飛びつきました。
ぜひ、買いたいです。地球のうたのようにスケールのでかい歌を期待してます。
ネット販売のみということですが、発売日などが決まったらぜひメールなどで教えてほしいです。
定期的なメルマガなどあるとさらにうれしいです。
では、お仕事がんばってください。期待してます。

youyamaさんありがとう!
クレヨン社と約2名のボランティアだけでやっていますのでメルマガまでは手がまわりませんが、発売が近くなれば一斉メールで告知をする予定です。
youyamaさんも、時々このHPを覗いて下さいませ〜!
それから、新アルバムで「地球のうた」系の作品というと「ユーラシアの風」という曲が近いかもしれませんね。
お楽しみに!

(柳沼由紀枝)

Message #4
From: * 花林糖*

今さらながら、初訪問させていただきました!m(_ _)m
10代の終わり頃に聞き、現在20代終わりになり、(キャ!恥ずかし…)ふとまたCDを引っ張り出して聴くようになりました。
あの頃少ない小遣いから、がんばって買っておいて良かった…(涙)と懐かしいです。
最近、民放各局で「言葉のチカラ」キャンペーンをしてますが、私もメッセージを応募してみたいと思い、『クレヨン社』さんのCDの中から、自分の特に好きな言葉を思い出す作業をしています。
これがニューアルバムへのきっかけになる事を祈ってます!
とても勇気の出る、いつまでも色褪せない『クレヨン社』さんの曲が大好きです。

* 花林糖*さんありがとう!
しんじゅさんの「くれよんふぁくとりー」の掲示板でも「コトバのチカラ」キャンペーンが話題になっていましたね。
数多い歌の中からクレヨン社の詞を心に留めておいてもらえた事が嬉しいです。
これからもどうぞ宜しく!

(柳沼由紀枝)

Message #5
From:  K.H  

復活大変おめでとうございます!!
大学生の頃、ジャケットでCDを選ぶのがマイブームで、そんな折ふと目についたのが、「いつも心に太陽を」でした。
聞いてみればそれまでにない鮮烈な音楽で大変衝撃を受け、それからあちらこちらのCD屋を探し回り、その頃出ていた4枚のCDをかき集めたものです。
それから就職して、しばらく離れてしまっていたのですが、数年前からインターネットをするようになって、ふと検索してみると、さらに3枚もCDが出てる!!ということを知りました。
それから地道にオークションに張り続け、何とか定価で入手しましたが、(長い道のりでした…)またまた最近、ふと検索してみたら、何だか怪しげなネーミングのHPが1件増えていて、行ってみたら何と公式HP!!
ふっ、復活なのォォォ〜!!と本当に驚くやら嬉しいやら。
しがない主婦ですので大々的な応援はできませんが、影ながら応援してます。
とりあえず、アルバムを入手したので、重複しているシングルを手放そうとオークションに出品しているのですが、そこにここのHPのアドレスを載せておきました。あまり見てくれないかもしれませんが…。
何はともあれ、すごく応援してます!!頑張ってください!アルバム楽しみにしてます!

K.Hさんありがとう!
最初に集めてくれた4枚のCDは1st〜4thでしょうから、オークションで集めた3枚は5thとベストアルバム2枚という事ですね。
いや〜ベストアルバムまで律儀に揃えていただいてすみません〜!
当時「なんで続けて2枚もベストアルバムを出すのかっっっ?」と揉めましたが、レコード会社を辞めるにあたっての条件として「クレヨン社TheBest ll」を出したようです。
さすがに「謎の2枚連続(!)ベストアルバム」は売れず、お店の在庫となり、コレがアダになって5枚目の時、お店側からの発注が減ったという話を聞きました。
しかしオークションでは、なぜかそのベストアルバムが高値なんですよね〜!皮肉なものです。
ところで、時々オークションは覗いていましたが、K.Hさんが出品したシングルには気付きませんでしたねぇ。
アルバムばかりチェックしていたもんで…。
売れたのかな?

(柳沼由紀枝)
Message #6
From:  くま・極光

クレヨン社のお二人様、初めてメールさせていただきます。
ネット上ではくま・極光と名乗っております。
以後お見知りおきを。

さて、クレヨン社活動復帰ということで同じような音楽嗜好を持つ友人からこのサイトの存在を教えてもらいました。
99年に活動再開といううわさを聞いて以来、実に4年。今度は信じてもよろしいのですね?!!
これはとてもうれしい事件です、私にとりまして。

私には兄弟が上と下に一人づつおりまして、上とも下とも微妙に音楽や読書傾向など、結構、重なりを持っているのですが下(妹)とは、クレヨン社好きつながりです。
好きな曲の傾向は微妙に異なりますし、好きになったきっかけは別経路でもそこはやはり、兄妹というところでしょうか。

ちなみに私は「地球のうた」が一番好きな曲です。
壮大なスケール感が、思わず聴くたびに涙が出そうになるほど好きです。
あ、妹は「夕映えのグラウント」が好みのようです。
青春系が好きみたいです。

昔の音源は、探し回って中古屋などで買い集めたのですがなかなか、品薄で、手に入ってないものもあります。
過去の作品がどのような形でも、再び聴ける環境になると非常にうれしいのですね。

それには新作のヒットが不可欠というこで、千里の道も一歩から。
とりあえず、地味ながら、私の営んでおりますHPの方からリンクさせて頂きました。
新たにクレヨン社のコーナーも作ろうかな、と考えておりますが、まだ手をつけていないという現状です。

SF作家梶尾真治応援と音楽関係の趣味が中心のサイト
「南西極光堂」というサイトです。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Vocal/7437
こんな感じでやっています。

これから寒くなってきます。お風邪など召されませぬようご自愛頂いて、すばらしい新作を作ってくださいね。
期待しております。

さて、なんだか取り留めのない文章になってしましました。
乱文にて失礼いたします。

くま・極光 拝

HP、見せていただきましたよ〜!
「クレヨン社紹介」の中の、古道具屋でのエピソードも興味深く読ませていただきました。
(古道具屋の「何枚かで1000円」というCDで偶然「オレンジの地球儀」を買って、そしたら中学生の頃聴いた「エンゼルコップ」のエンディング「痛み」が入っていて…ってお話。)
また、妹さんにもよろしくお伝えして下さいね。

(柳沼由紀枝)

Message #7
From:  けんちゃん

待ってました!わーい!クレヨン社、万歳!おめでとうございます!
涙が出てきてとまりまへん…でも、とても嬉しいです!
大寒波の中、友人3人と、貧乏日帰り旅行〜クレヨン社ライブツアー〜と題して、下道を車で飛ばし、渋谷までいった日が懐かしい!
覚えていただいてたら嬉しいな!酒ゼリー…
ほんとに、ほんとに、ほんとに復活なんですよね?
もう、絶対行方不明にならないでくださいよ!
僕はライブ以降、ずっとクレヨン社のCD集めに必死でした!ようやくアルバム全部揃い、なんと青空観覧車までゲット出来たしだいであります!
早く新しいアルバムをききたくてうずうずしてます!
アルバムを楽しみに日々がんばろうと思っています!
待ってますからね!これから寒くなるので、くれぐれもお体大切にしてくださいね!

はいっ!酒ゼリーといえば、'99年1月9日に京都から車で来てくれたT.Kさんでしょう!
(アンケートを後日、友人の方がまとめて郵送して下さいましたね。)
お友達3人で車の中でクレヨン社メドレーを合唱して、パトカーに警告されたというエピソードの…!
その時の歌を録音して郵送してくれたカセットは、手紙類と共に保管してあるはずです。
'99年1月9日は大寒波の中のライブでしたね。
私と加藤は、当時の事務所オンドを辞める決意をして、活動休止状態になる事は分かっていましたので、来て下さった皆様に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
しかもT.Kさんはじめ、多くの方からたくさんの差し入れをいただいて…。
まるで「食い逃げ(!)」したような後ろめたさがありましたが、差し入れは、チャッカリ完食いたしました!
こんな罪深い私を許して下さい…(?)
活動休止以来「食い逃げ」の十字架を背負ってまいりましたが、アルバムが完成すれば「晴れて無罪放免ね」って気分です!

(柳沼由紀枝)
Message #8
From:  かずき (その1)

『とおりすがり』のかたが、僕のHPに 『クレヨン社、最近活動再開しました。』
とカキコをし、URLまでつけていただいたので、こちらに来ることができましたっ!
おおおーっ!
『クレヨン社』が戻ってくるとなれば、元気百倍!
昨日までの風邪が吹っ飛びましたよっ!
渋谷エッグマンでのライブ、懐かしいなぁ〜
またあの、やさしく鋭い歌と曲を期待しています。

Message #9
From:  かずき (その2)

こんばんわ、かずきです。
。。。といってもわからないですよね。m(__)m
『実家が新座』の、群馬のTです。。。(;^_^A アセアセ

昨日は『クレヨン社復活』の知らせに舞い上がってしまって、変なメールを送ってしまいました。。。ごめんなさい。

渋谷Egg-manでのライブがとても懐かしいです。
ライブの当日の仕事は指定休を当てて、群馬から変なお土産を持って。。。
『二人に会えるんだ。。。二人の音楽が間近で体験できるんだ。。。』と、ワクワクしながら車を走らせました。
ファンで埋められたライブ会場で、恐れ多くも毎回『お土産〜』と前に出て行ったこと、ちょっとはずかしいような。。。うれしいような。。。
また早く着き過ぎたときに偶然、機材搬入に出くわし荷物番をしたのも、今となってはとても大切な思い出となっていました。
いろいろな、とても大切な『青春の思い出』です。
今日久しぶりに、会社からの帰りの、車の中で『少年の時間』を聴いてみました。。。
。。。胸の奥から、わからない何かが込み上げてきて、訳もわからず涙が出て止まりませんでした。
やはり、僕のなかで一番奥深いところにある歌が『クレヨン社』なのだな。。。と。
そして、その『クレヨン社』を今でも求めているのだな。。。と。
かずきのHPに『とおりすがり』と称して『クレヨン社再始動』の知らせをくれた方に、厚く感謝しています。
そして何より『クレヨン社・再始動!!』されたお二人、本当にありがとうございます。
『クレヨン社』は僕の大切な『宝』です。

よ〜く覚えています!
ライブでは日本酒、ワイン、こんにゃく製品各種、うどん等、毎回お土産を持って来て下さいましたね!
前橋から電車で来ていたのだと思っていましたので、重いお土産ばかりで大変だろうな…と恐縮していましたが、車で来ていたんですね。
その節はいろいろいただきましてありがとう。
さて、ホームページ『かずきのへや』も見せていただいておりましたヨ!
「おもうこと…」の2003年の中で『お気に入り♪1』としてクレヨン社について書いてくれてありがとう。
それから今も手話を続けているんですね!
以前ライブ会場で、歌詞を手話にしていたかずきさんを思い出します。
(曲はユーラシアの風だっかかな…?間違ってたらごめんネ。)
ところで…、運転しながらクレヨン社を聞いて涙を流すのだけは止めて下さい!危ないです!
実は他の方からも「カーラジオから流れてきた東京夜景を聞いて、涙で前が見えなくなりました。」
というお便りをいただいて、背筋が凍りました…。
かなり危険な運転です。
もし事故を起こしても「原因究明のできない謎の事故」として処理されるでしょう…。
どうしても思わず泣けてしまう時は、まず、車を路肩に一時停止させて下さい。
そして、周囲の人通りがない事をキッチリ確認してから、思い〜っっっきり号泣して下さい!
さもないと、善良な通行人の余計な親切で、
「大丈夫ですかっ?発作ですか???すぐ救急車呼びますから待っててくださいねっ!」
など大騒ぎになるに違いありませんっっっ!
…やがて完全に泣き終わり、我に返ってチョッピリ気恥ずかしさを感じたら、も〜う大丈夫です!
安全に注意しながら、何食わぬ顔で車を発進させて下さいね!
「交通安全」はクレヨン社の願いです!(謎)

(柳沼由紀枝)

Message #10
From:  伊勢壮士

十年…長かったような短かったような。
田舎住まいでは時々行われていたライブにもいけず、ファンページとかでその感想が載せられてるとある意味寂しかったなぁ。

今も目に付くところにおいてある模型風景の発売前に送られてきたカラーのDM。
これも十年前なのかと感慨深いものがあります。

当時イロイロなことが重なって入れなかったクレヨン社ファンクラブ。

模型風景のCDを車で聞いてて傷だらけにしてしまった悲しい日。
CDリペアマシーンのおかげでなんとか復活しましたが、
見つけたら新品に買いなおしたかったな。

模型風景の前のレコード会社での最後のCDシングル。
発売日に当時住んでいた大阪のCDショップ巡っても手に入らなかった。
(当時、というか今でもですが,予約したCDがCDショップの不手際で連続して手に入らなかったことがあったのでそれいらい予約というものをしていないんですよ)

さて、本格的復活のためにはCDが売れないといけませんね。
がんばって宣伝させてもらいます。
正直、最近CDほとんど買ってないのです。
それだけ「聞きたい!」って思わせられてCD屋に直行させてくれる曲が,世の中に無いんですよね。
CD全体の売り上げも落ち込むわけです。
(まぁこれは携帯に中高生のお金が吸い取られているせいが大きいでしょうが)

自分のHPでも宣伝しないと…と思いつつHPの更新が数年止まってる。

まずログインパスワードとIDを探さないと更新も出来ないですね。
うは。

それではNEWアルバム。本当に楽しみに待ってます。

HN:伊勢壮士(いせ そうし) URL:http://www.amigo2.ne.jp/~isees/

そうですね〜確かに私も「聴きたい!」と思ってCDを買う事がだいぶ少なくなりました。 
音楽業界もCDの売り上げが落ち込んで大変そうですね。
伊勢さんのおっしゃるとおり、中高生が携帯や音楽以外の娯楽などにお金を遣って、あまりCDを買わなくなりましたし。
あと、借りてコピーしてしまうのも大きいでしょう。
(それは「正規のお金を払ってまで欲しいCDが無い、大切に思える音楽が無い」とも言えますが。)
理由はいろいろありますけど、やはり近年の音楽業界の動きをみれば当然の結果かも…。
せっかく
「あら、この人…いいね!」
と思うアーティストが現れても、いつのまにか消えてしまって残念に思うことがあります。
もう少しちゃんとやってあげればもっと売れそうなのに…と思うと、他人ごとながら腹が立ったりっして…!
クレヨン社の場合は、結果はさておいて、10年も面倒をみてくれた太っ腹な事務所に所属できましたので、マイナーななりに(!)比較的幸せな境遇だったと思います。
別の事務所の友人の話なんかを聞くと、
「その事務所ヤバくない〜?」
というカンジの、酷い待遇のところもありました。
レコード会社なんかは特に、売り上げが下がるほど余力がなくなり「数字だけが勝負」になって、一番CDを買う若い世代を狙う方針へと走りました。
しかも飽き易い世代がターゲットなので、次々と新しいアーティストを出さなければならず、結果、各アーティストにかけられる予算も減り、デビューさせてもらっても中途半端で消えてしまうアーティストも多かったと思います。
低コストで手っ取り早く売れて(=アーティストを育てる経費をかけない)、
次々と目新しいアーティストで日銭を稼いで(=商品の入れ替わりが激しいコンビニ的・使い捨ての音楽)
その結果、大人が購買意欲を持てる音楽が少なくなったのでしょう。
また周囲の出版関係も、メジャーなモノを扱う安心感に甘んじ、独自の視点で発信する姿勢が以前より少なくなったのかな…と。
「模型風景」のキャンペーンの頃('94年)マネージャーが、
「紙(雑誌)関係、キツイですね。ライターが新しい人たちに変わったんですけど、みんな売れているモノばかり扱って、なかなかクレヨン社を取り上げようとしないんですよ…」
とボヤいていました。
メジャーなアーティストの記事がないと販売部数が増えないという事情でしょうが、
こちらも同じく「日銭稼いで没個性」ですね。
そういえば音楽の雑誌も買わなくなったな〜。
今はこうして自分で発信できる時代になりましたので、今後は自分で制作販売する「元プロ」のミュージシャンが増えるかもしれませんね。
ところで、HP更新のあかつきにはクレヨン社も宣伝してやって下さいネ。
それと、できましたらお友達のしぺらんさんにも宜しくお伝えくださいませ〜!

(柳沼由紀枝)
Message #11
From:  TATSU00054J

ついに活動再開されるんですね。一時はどうしたものかと思ってました。
あの懐かしく、新鮮な歌声が聴けると思うと待ち遠しいっす!
ちなみに、クレヨン社は「痛み」を初めて聞いたときからファンになりました。
これからもたくさんいい曲を作ってください。応援してます!

本当に「一時はどうしたものか」ですよね〜!
私たちももっと早く出て来るつもりでしたが、いろいろありまして何度か計画が頓挫して、こんなに時間が経ってしまいました。
このHPを始める時も、
加藤「まずはHPを立ち上げようと思うんだけど…」
柳沼「もうみんなクレヨン社の事なんて忘れてるかも…」
加藤「…」
柳沼「時代も変わったし、今さらクレヨン社?ってカンジかもよ…」
加藤「…」
柳沼「とりあえず控えめに…『まさか(!)の公式ホームページ・いまさら(!)クレヨン社』にする?」
加藤「…チョット…長いねぇ…」
柳沼「じゃ、あっさりと『クレヨン社ってまだいたの?』くらいにしとく?」
加藤「おっ、いいね〜!イカすネーミングだよ〜!今日も冴えてるね〜!」
と、今考えれば「そんなバカな…」っていう会話で、ホームページタイトルを決めました…。
…こんな私たちですが、これからも温かく見守って下さい。

(柳沼由紀枝)
Message #12
From:  catbird

以前興奮のあまり恥かしいメールを送ってしまったcatbirdと申します。
あの時は夜も更けてちょっとハイになっていたものでいろいろうわずったことも書きましたが、大体はホントの事です。
一度HPが立ち上がってしまうと、内容が多少更新されても
「なんだよ、まだアルバム出ないのかよ」
なんていう不埒な了見を起こしてしまいがちでいけませんね。
それはそれ、これはこれで泰然とできないところが小人たる所以ですが。
何という用事もアイデアも有りませんが兎に角、応援している人間は沢山いるという事をお伝えしたくて再度メール致しました。
冷え込みの厳しいこの頃ですが、お体に気をつけて頑張ってください。
すいません、頑張ってって使い方によっちゃ無責任な言葉ですが、やっぱり、頑張ってくださいとしか言えませんね、こういう時は。

このHPを立ち上げた時から見てくれた皆さんには長く感じるかもしれませんね〜。
一方、つい最近HPに気付いてくれた方も見受けられますので、HPが広がるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。
ある程度広がってから販売をしたいので、早めにHPをスタートさせました。
何しろクレヨン社の二人+ボランティア2名で、制作から事務、HPまでの全てをやりますので、時間的にはかなり余裕を持たなければなりませんから。
制作も、簡単に「レコーディングしたら終わる」というのではなく、トラックダウンやマスタリングという作業もあり、その他CDという製品にする為の工程もあります。
加藤が「音が完成する」と言うと、皆さんは「CDという製品が完成した」と思うでしょうが、それは「マスタリングが終わった」という事を指します。
(この加藤の言葉と、皆さんのイメージのズレが私の新たな心配のタネです〜。)
私たちも初めての経験ですし至らない所も多いと思いますが、クレヨン社に関わったのが運のツキ(?)悪い男(女)に引っかかったと思って(?)、最後までお付き合い下さい!

(柳沼由紀枝)
Message #13
From:  Y.M

活動再開、おめでとうございます。ご活躍をお祈り致します。
学者(大学の先生)を目指して食えない研究に明け暮れていた頃、クレヨン社の曲を聴いては「えいっ」と自分に気合いを入れていたものです。
私は何とか食えるようになりましたが、現在家族の者があのころの私と同じように、学者を目指しつつも食い詰めて鬱々としております。
先の見えない状況にイライラしそうになるたびに、クレヨン社のアルバムをかけては、本人がいちばんつらいのだから温かく見守らねばと気を取り直し取り直ししながら過ごしております。
長く聴ける大切な曲を、どうもありがとうございます。

Y.Mさん有難うございます。
研究に費やされた努力と情熱が報われ、ご活躍されていらっしゃるご様子、大変嬉しく思います。
また現在ご家族の方もY.Mさんと同じ志を立て、日々精進されていらっしゃるとのこと、学術の道の先輩であるY.Mさんならではこそ、その苦悩や葛藤を理解して差し上げられるでしょう。
温かい眼差しで、精神面を支えてあげて下さい。
やがて地中の種は発芽し、天を目指して伸びるでしょう。

(柳沼由紀枝)
Message #14
From:  くじら(その1)

覚えてらっしゃいますか?
何度かライブに行ったり、柳沼さんの手紙(メールじゃないよ)を交換させていただいたKです。
やぁ、まだ生きてたんですね!
ホントにうれしいです。

その後私は、青年海外協力隊でパプアニューギニア(PNG)という国に行ってました。
村落開発普及員という立場で、ド田舎の山奥で2年間、生活改善をやってました。
って言うのは建前で、実際には何をしてたのかよくわかりません。

強いて言えば、
海外には外国があるのを知って、イロイロな価値観に出会えて、自分の人生を見つめられて、最高の仲間が何人かできました。

昨年春に帰国、すぐに「やっぱり自分はアジアが似合う?!」と3ヶ月くらい東南アジアを中心に徘徊してました。
昨年秋には今の会社に入り、今は都内でしがないサラリーマンです。

現在の生活はとても忙しく殺風景な毎日で、しょっちゅう自分を見失っています。
最近ようやく、自分らしさを取り戻そう、って言う気になってきました。
連絡が遅くなりスイマセンでした。

お二人はいかがお過ごしですか?
ライブはやってないんですか?
でもアルバム製作の文字を見て、涙が出るほどうれしいです。
クレヨン社の作品に出会えることと、それ以上にお二人がまだ頑張ってるのがうれしい。

自分もそろそろ、自分の為に頑張っていこうと思います。
やりたいこともまだはっきりはしてませんが、徐々に見えてきました。
まだそれに向かうことはできないけど(経済的理由、など)、もうすぐ自分の道を歩きます。

自分に何かできれば言って下さい。
と言っても大したことはできませんが。
ライブもアルバムも待ってます。
お二人が納得のいくものをぜひ!

脈絡がなくてスイマセン。
あまりの嬉しさに、勢いだけでここまで書いちゃいました。
このHP、今後こまめにチェックしますね!

それでは、また

おかえり〜!
以前の手紙で青年海外協力隊へ行く事を目標にしていましたが、シッカリ実現していたんですね!さすがです!
いろいろ悩み多き青年でしたが、結果的に全ての判断は正しかったのですね。
一時期入院した事もあったので心配していましたが、すっかり元気になって全てに於いて自信を取り戻している様子、安心しました。
世界が開け、精神的にも逞しくなりましたね。
私も嬉しいです!
今後も何かプランがあるようですが、じっくり計画を練って、信じた道を歩んで下さい。
これからのくじらさんが、ますます楽しみです。

(柳沼由紀枝)
Message #15
From:  くじら (その2)

つい先日、初めてこのHPを見つけて驚き、
時間ないのに大慌てでメールしちゃいました。
クレヨン社活動当時、よくライブに連れて行ってた友人にもこのHPを紹介しましたよ!

さてさてアルバム販売方法の提案です。
①このHPのファンが各種音楽系掲示板に書き込みしまくる
 →現状、一番効果的かつ安価な宣伝はやはり「人づて」です
②ネットラジオをやる
 →クレヨン社を知らない人から見れば、ネット販売だけでは
  「また無名の大した力のない歌手が出てきた」としか思われない。
  継続は力な訳で、毎週更新のネットラジオをやる。
  システムはユーミンのネットラジオを参考に。
③オークションで完成したCDを販売する。
 →販売実数より話題つくりになる

ごめんなさい、とりあえずこれくらいしか浮かびません。
クレヨン社を知って早14年、いつも言いたいことばっか言って
遠くから眺めてることしかできなくってスイマセン。

さあ!ここから先は(といってもあまりないけど)私加藤が担当させていただきます。
みなさんからのメールは、基本的に柳沼がお答えさせていただいておりますが、販促系は一応加藤の担当となってるので、この種の話題にはオレの出番となります。
まあ、これに限らず、DTMや録音関係に興味のある方の質問や、僕の得意なB級グルメ系、酒系、釣り(荒川限定)系、昼寝系など、どしどしお寄せください。
また、柳沼の返事じゃ物足りん!と思われる方は「返事は加藤限定」とお書き添えいただければ、人生相談も受けて立ちます。

さて、くじらさん販売促進のアイディアありがとう。

①このHPのファンが各種音楽系掲示板に書き込みしまくる

ええです!お願いします!どんどんやってください!!
こればっかりは自分たちで書き込むわけにいかないので、みなさんに頼るしかないのです。
すでに「とおりすがりさん」や「クレヨン社作品普及委員」を名乗って書き込みしてくれている方ほんとにありがとう。
みなさんからの情報によると2ちゃんねるにもすでにスレッドが立ち上がってたようで…確認してみたら、なんと懐メロ(!)におり、今も進行中のようです。新譜が出た暁には、ぜひ邦楽板へ昇格させてやってください。

②ネットラジオをやる

名前は聞いたことあるけど、まだ実際聞いたことありません。とりあえず聞いて勉強してみます。

③オークションで完成したCDを販売する。

すみません。オークションって一度もやったことがないもので、どのような効果があるのかが、イマイチわかりません。もう少し詳しく教えていただきたいのですが…。

(加藤秀樹)

Message #16
From:  紅の熊

10月14日UPの加藤さんの熱烈な訴え、確かに受け止めました。
一人でも多くの方々に、このHPに足を運んでもらうことが必要ですよね。
ほんと、そうです。
この前から、私も独自に「署名」にこのHPのアドレスを掲載して使っていました。
私の場合は、自分の名前とメルアドの下に「応援しますクレヨン社」と書いて、アドレスを貼り付けました。
ですが、「みんなの声第2回」の柳沼さんの記述をみて、「クレヨン社作品普及会員」と変更しました。
寂しいのは、いまのところ、友人の誰一人として「見たよ、あれ」とメールをくれないことです。
まだまだ、アピールが足りないようです。
もっと友人にメールを送らんと(?)。

「良いものを広げよう」ということと、「作品普及」という点でみると、「いわさきちひろ」が思い浮かびますね。
我が家は毎年、「ちひろカレンダー」を使っています。
あれは「絵」「イラスト」ですから、露出が簡単。
でも音楽は奏でないと露出できない、という弊害と、同時にクレヨン社の場合、誰かも書いてましたけど加藤さんのお姉さんのアルバムジャケットに魅せられてアルバムを買った人も多かった。
ちょっと大変ですが、「加藤潤子・クレヨン社アルバム原画展」とか計画して、会場でBGMに流しまくるとか、そういうことは効果的ですよね。
やるのが手間隙かかるから、対効果費用がどうなんか?といわれると微妙ですが。「旭川でやれ!」といわれれば、一日3000円で借りられる目抜き通りのアトリウムでやれないことは無いです。
(個人的に取り組んでいるハンセン病の支援活動で経験済み)。でもまあ、全国的にやるには難しいですね。

とにかく、音楽を聴いてもらうということでは、アルバム及びサンプル版ができれば、「配布する」「ラジオにリクエスト」とかがんばりますので。
アルバムテーマに沿って、その専門分野の方々に売り込むというのも手、ですよね。
「地球のうた」のときは「アースデイ」に出演したじゃないですか。
そういう方向で、「一部地域」「一部領域」で支持率格段上昇中になれば(やっぱ総選挙?)、そこを突破口にして広げやすいですね。
あとはテーマ次第だったりして…。

クレヨン社作品普及会員の紅の熊さん。日ごろからのご協力、クレヨン社一同、心より感謝申し上げております。

「加藤潤子・クレヨン社アルバム原画展」

こりゃなかなかいいアイディアですね。
もし各地で全国展開できたら姉貴ともども我々も大喜びですが、その前に経済力をつけなきゃ、そのためにはCDをたくさん売って、売るためには「加藤潤子・クレヨン社アルバム原画展」やって、そのためには経済力つけて…あれ?

「アルバムテーマに沿って、その専門分野の方々に売り込むというのも手」

なるほど…
僕らも気づいてるようで、気づいてなかったような…
「地球のうた」→「アースデイ」ならば、
「夜間飛行」→「JAL ANA」あたりか!
ダメもとでがんばってみます。

(加藤秀樹)

Message #17
From:  ふおん・よっしー

はじめまして。
クレヨン社の活動再開おめでとうございます。

さて、活動再開に当たりまして、リクエストしたいことがあります。
まずは「クレヨン社復活したよ!」とか、
「クレヨン社ってこんなアーティストだよ!」
というアピールの意味を込めまして、過去に発表した曲を2〜3曲選び、
復刻版(?)ミニアルバムをリリースしてはいかがでしょうか?
私個人としては「痛み」「地球のうた」「辻ヶ花ロマンス」に
新曲をひとつて組み合わせる感じがいいかなと思います。
選曲はアンケートしても良いかもしれません。
よろしくご検討のほど、お願い申し上げます。m(_ _)m

ふおん・よっしーさんありがとう。
「痛み」「地球のうた」「辻ヶ花浪漫」とは選曲がイケてます。
新曲数曲のサンプルは考えてたけど、旧譜に新曲をプラスした復刻版は思いつきませんでした。
旧譜はサンプルの場合、原盤権はどうなのかを確認する必要がありますが、復刻版に関しては十分検討してみます。

(加藤秀樹)