ギャラリー
ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
 クレスポ  プロフィール  ネット  ギャラリー  みんなの声  メール  Q&A  リンク
 
 動画の公開を始めました↓               トップページに掲載してる「今月の1枚」を収蔵中です↓



だいぶ前に、youtubeだけでこっそり公開してたんだけど、改めてこちらにアップします。2008年制作、加藤秀樹第一回監督作品「ハヤシライス」予告編です。この作品はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008短編部門ノミネート、したまちコメディ大賞2009外伝にて上映されています。テーマ曲は6thアルバム「誰にだって朝陽は昇る」から同名のタイトル曲です。歌ってるのは、出演しているかな子役の、なかやかな、です。



2009年に制作した自主制作映画「オムライス」ですが、遅ればせながら予告編なるものを作りました。この作品は「2010年加藤秀樹監督作品完成披露試写会」に上映し、shunnくん本人が生で歌ってくれました。管楽器系が入ってないんでオーケストラと呼ぶには微妙かもしんないけど、いるんだけど休んでるだけです。打楽器の方はときどきがんばってます。




1994年発売、クレヨン社5thアルバム「模型風景(ジオラマ)」より「模型風景( ジオラマ)の街」を、2010年、魂のシンガーソングライター安部務がカバーしました 。



shunnによるクレヨン社のカバー「東京夜景」です。
2009年イブの前日、shunnくん事務所の依頼で「君にありがとう」という曲のP V撮影をしましたが、shunnくんの好意でクレヨン社ファンに向けて「東京夜景」を 撮影させてもらいました。





魂のシンガーソングライター安部務による「さよならボーイフレンド」です。彼のクレヨ ン社のカバーは「君の翼(特殊引火物Vo)」に続き2曲めとなります。ご覧のような弾 き語りスタイルが彼本来のスタイルです。映像は加藤秀樹監督の映画「キュポラ」より抜 粋した第23シーンです。
「さよならボーイフレンド」 歌・演奏/安部務 作詞・作曲/柳沼由紀枝
「キュポラ・snene23」 監督/加藤秀樹 ストリートミュージシャン役/安部務 慎蔵役/和田慎太郎 耕介役/小笠原圭吾 美加役/山浦比沙子 女性ディレクター役/野口千鶴




Shunnのピアノ作品「ノスタルジア」です。Shunnはピアノ弾き語りのスタイルを得意とする若手男性アーティストですが、クラシックを基調とする卓越したピアノ技術と繊細な表現力を備えており、多数のソロピアノ曲を作曲しています。「ノスタルジア」の映像はライブ用BGVとしてShunnの事務所から依頼されて制作しましたが、このたびweb配信用に編集し直しました。




「少年の時間」は1989年に発表したクレヨン社の代表曲。2007年アルバム「宙」にてセルフカバー。
2009年自主映画「キュポラ」劇中にて俳優 和田慎太郎がカバー、作詞 作曲 柳沼由紀枝/ギター イワン岩倉/編曲 監督 加藤秀樹/かつて「キューポ ラのある街」の舞台となった埼玉県川口市が、この作品の舞台です。





期せずして柳沼も同じ病気で治療中ですが、くれぐれもこの作品の女性は柳沼ではありませんので念のため。作品の女性と柳沼は親しい友人同士で、彼女の治療中、柳沼は同じ乳がん患者の先輩として彼女を親身に支えてくれました。作品に登場する医療用カツラや、帽子は柳沼が彼女にプレゼントしたものです。でも、なんという運命のいたずらか、今度は柳沼がそれを使うことになってしまいました。
760秒シネマコンペティションにて北斎賞(グランプリ)受賞




「ほんとを言えず悲しいときもあります、でも、ほんとを言うともっと悲しいときもあります。」2007年初めて作った映像作品です。当時はビデオカメラがなかったので、スチールを繋いで動画にしてみました。
東京ネットムービーフェスティバル2008 優秀賞、佐々木史朗賞、スクリーニングスクリーニグオーディエンス賞、三賞同時受賞/第11回小津安二郎蓼科高原映画祭短編部門入選/第760秒シネマコンペティション観客賞受賞




クレヨン社7thアルバム「宙」より、「地球のうた」「noctvision」を使用した動画です。美しい地球と、そこに住むかけがえのない僕ら、そして「何か」を表現しました。
クリエイティブアワード・2008 特別賞受賞


ギャラリー 131〜140

ギャラリー 121〜130

ギャラリー 111〜120

ギャラリー 101〜110

ギャラリー 91〜100

ギャラリー 81〜90


ギャラリー 71〜80

ギャラリー 61〜70

ギャラリー 51〜60

ギャラリー 41〜50

ギャラリー 31〜40

ギャラリー 21〜30

ギャラリー 11〜20

ギャラリー 01〜10