クレスポ
ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
クレスポ  プロフィール  ネット  ギャラリー  みんなの声  メール  Q&A  リンク


クレヨン社ショップ オープン!

大変残念ながら2007年夏に箱空は閉店してしまいました。無駄足になってしまうのでくれぐれもクレヨン社のアルバムは買いに行かないようお願いいたします。


クレスポ編集部に届いた情報によると、今月初旬から埼玉県蕨市にクレヨン社のニューアルバムを販売するクレヨン社ショップ1号店がオープンしていたことがわかった。
めでたくクレヨン社ショップ開店となったきっかけは、昨年末、クレヨン社事務局に届いた1通のメールからであるという。

「・・・(前略)僕も浦和育ちで今は川口在住。そして今年の9月から蕨で箱貸し(レンタルBOX)をやっています。そこでもしよかったらなんですがクレヨン社さんのCDを販売させて頂けないでしょうか・・?まだ来客も少ないのでなかなか売れないと思うのですが間違いなく僕が購入します(笑)料金は当然全くいりません。僕の思い出の曲を作った方からお金を貰う訳には行きませんので・・本当にわずかでも協力できればと思います。・・・(後略)」

財政事情の厳しいクレヨン社にとって「無料」という言葉は、クレヨン社の二人とスタッフにとって感激の響きだったらしい。
早速、クレヨン社代表の加藤は販売担当スタッフらと共に蕨のレンタルBOX「箱空」へと足を運んだ。
そこで迎えてくれたのは笑顔の素敵な青年だったという。
「店長である彼の笑顔をひとめ見て直感しました!」彼にならこの大切なクレヨン社のアルバムをまかせられると加藤は思ったのだという。


レンタルBOX箱空は蕨駅西口から徒歩5分という場所にある。
蕨というと都心から離れたイメージがあるが、東京駅から京浜東北線でおよそ30分というアクセスだ。
「近郊にお住まいのクレヨン社ファンの方はぜひお立ち寄りください。ここがクレヨン社ファンの集いの場となってくれたらうれしい」と箱空店長は語る。
箱空店長がクレヨン社のために用意してくれたスペースは店内でも一番目立つ特等席であった。
いつまでこのスペースを貸してくれるのかとの問いに「クレヨン社が続く限り!箱空が続く限り!」という力強い答えが返ってきた。
また「通販というのは慣れてないとなかなか買いづらいという人も多いんですよ」と店長は語る。やはり商品は目で見て、手にとってからではないと、という主義の人もいまだに根強いというのだ。
そんな主義の持ち主の方はもちろん、今のところなかなかライブを開催できないクレヨン社にとって、ファンどうしが集える場所としてもぜひ訪れてみてはいかがだろう。

レンタルBOX箱空へのアクセス、ホームページはこちら。

<戻る