クレスポ
ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
クレスポ  プロフィール  ネット  ギャラリー  みんなの声  メール  Q&A  リンク
 
「雄叫びスト」絶叫!
 
いよいよクレヨン社のアルバム制作も完成間近となり、レコーディングも大詰めを迎えた今月13日、「雄叫びスト」水野豊による「雄叫び」収録が加藤秀樹スタヂオにて行われた。今回彼が収録した「雄叫び」は「HEARTS」そして「○み・2004」
「雄叫びスト」水野豊とは?
水野豊はクレヨン社加藤秀樹との学生時代からの友人であるという。
音楽好きの二人は吉野家の牛丼で親睦を深め合い、「風の時代」のように互いのアパートで胸の熱い思いぶつけて朝まで語りあい、「○み」のようにわかりあえないもどかしさに殴りあい、「HEARTS]のように僕らは何処へ行き着くのだろうと青春に不安を抱きながらも、いつしか「夕映えのグラウンド」のように時が流れ、遠く離れていった二人だった。
そんな水野豊の「雄叫び」収録はファーストアルバムでの「○み」以来、実に15年ぶりの「雄叫び」であったが、その「雄叫び」パワーは少しも色褪せることなかったという。
それは「夕映えのグラウンド」のように「友よ聞こえるか?」と、あの青春の熱い叫びをずっと胸で燃やし続けていたからに他ならない。
今回のレコーディングで水野豊は「青春を叫ばせたら日本一」の異名をますます確実なものとさせた。

<戻る