クレスポ
ホーム  クレヨン社  アルバム  加藤秀樹  柳沼由紀枝  
クレスポ  プロフィール  ネット  ギャラリー  みんなの声  メール  Q&A  リンク
 
「夜間飛行」増刷決定!

ここまでやるか!ファンの鑑!!
 昨夜クレスポ編集部に一通のメールが届いた。送り主はクレスポ第三号でも紹介したO・Y氏からであった。彼はクレヨン社年末ジャンボプレゼントに、二等賞「夜間飛行」サンプルCDプレゼント増設のきっかけを作った張本人である。

 O・Yからのメールにはこう書かれてあった。
「クレスポ第三号を読んだファンより、私も冬コミにて配布したい、との連絡が相次ぎ、急遽サンプルCDを増刷いたします…」その数は50枚に及ぶという。
 さらにO・Y氏は本人のHPで、冬コミファンに、こう呼びかけている「持ち込み部数は限定ですが、もしもなくなるようなことがあっても、必ず増刷してお届けしますので、慌てずに、落ち着いてご連絡下さい…」

 しかしながら、この彼の余裕の発言は何処から来るのであろうか?
 その理由がO・Y氏のメールに添付された写真によって明らかとなった。
←これがO・Y氏の誇るCD-R焼き専用マシンらしいが、繋がっているCD-Rドライブ3台に同時書き込み可能で、さらにオプションでもう1台追加可能というのだ。
 なんでこんな代物を個人所有しているのか不思議であるが、どうやらこのマシンが、彼の勇気ある行動に駆り立てたらしい。

 さらに、O・Y氏はクレヨン社販促用チラシも自らデザイン印刷を手がけ、そこに歌詞カード付サンプルCDを添付し袋詰にするという、レコード会社顔負けの見事なサンプルCDが出来上がっていることも、メールに添付された写真によって明らかとなった。


 現在O・Y氏のホームページには、28日、29日、30日と、このサンプルCDの配布予定場所が書かれてある。ビッグサイトの場所だろうか?素人にはわけがわからないが、冬コミファンなら一目瞭然なのだろうか?
 興味のある方は今すぐO・Y氏のホームページをクリックすべし!

柳沼困惑!

 このように「夜間飛行」サンプルCDが配布される過程については、加藤が勝手に押し進めてきたが、それを知った柳沼は「歌を録り直してくれぇ〜!!」と床を転げまわり泣き叫んだという。
 しかし加藤は「それじゃサンプルの意味がない!」などと訳のわからないことを言い、頑として譲らなかったという。
 しかし単にめんどくさかったからなのではないか?という見方も専門家の間では囁かれている。
 確かに制作の初期段階での仮歌のため、音程が微妙である。さらに、収録後リズムを変えたため、ノリも微妙である。はっきり言って微妙にヘタである。
 これについて加藤は「クレヨン社の素顔を知ってもらう絶好の機会」などと、さらに訳のわからないことを言って煙に巻こうとしているという。


<戻る